PHOTO ARCHIVES

85 ゴシック建築の誕生

ゴシック建築はパリの北隣、サン=ドニで誕生した。1144年に挙行されたサン=ドニの内陣の献堂式こそが、ゴシック建築の誕生を高らかに宣言した出来事だったと考えられる。
ゴシック建築の誕生には、いったいどのような意味があるのだろうか。西洋の歴史的な建築様式において、ゴシック様式は古典主義様式と並び称される、二大様式の一翼を担うものである。
古代ギリシア・ローマ時代に誕生した古典主義様式は、中世には衰退するものの、ルネサンス時代になると再びヨーロッパの建築潮流の中心的な役割を果たすようになる。ルネサンス建築はその後も姿を変えながら洗練、装飾化、頽廃、さらにはリバイバルなどの道を歩んでいくが、そのいずれも古典主義様式の系譜であることには違いない。
一方のゴシック様式は、1144年のサン=ドニにおいて突然誕生したように思われる。それは建築における「光」と「軽さ」の革命であった。サン=ドニにおいて、石造の建築に視覚のトリックともいうべき「軽さ」という、それまでの建築には存在しなかった空間表現が持ち込まれたことの背景には「アン・デリ」と呼ばれるモノリスの細い円柱の着想があった。
だが今回は「アン・デリ」に注目するではなく、これまでゴシック建築の最も重要な建築要素と考えられてきた「リブ・ヴォールト」に注目して写真を集めてみた。
リブ・ヴォールトが大々的に用いられた最初の実例は、よく知られているようにイングランド北縁のダラム大聖堂においてであった。この実験的な大建築が着工したのは、ゴシック建築の誕生とされる1144年より半世紀も前のことである。この建築は明らかにゴシック建築の技術的な出発点であるが、これは決してゴシック建築とは呼ばれず、ノルマン・ロマネスク様式と呼ばれる。今回ここに集めた写真は、イングランドとフランスのノルマンディー地方で発展したノルマン・ロマネスクのリブ・ヴォールトが、北フランス地方を経由してパリに到達し、サン=ドニでゴシック建築の誕生に至るまでを概観するものである。



[撮影者:加藤耕一(東京大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:86 バウハウス
次の記事:84 北京
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る