201808

記念空間を考える──長崎、広島、ベルリンから


記念空間を考える──長崎、広島、ベルリンから

1945年8月、原子爆弾が投下された広島と長崎には、その後、記念のための空間がつくられました。丹下健三による強力な軸線が設けられた広島平和記念公園。北村西望の巨大な《平和祈念像》など多数の彫刻を擁する長崎の平和公園。震災や戦災など、人類が経験した出来事を想起・記念するために、しばしば建築や彫刻の存在が求められます。いま私たちはこうした記念の空間、建築と彫刻、碑をどのように考え、議論するべきでしょうか。
本特集はその契機となることを企図しています。『彫刻 1』を上梓した彫刻家の小田原のどか氏と、建築史家の戸田穣氏の対談では、訳語における「彫刻」や「建築」の起源や、政体や時局による公共空間での役割の変遷を通して「記念性」をテーマに議論します。また、キュレーターの深沢秀一氏と建築家の大室佑介氏の論考では、記念碑論争が起こったドイツ・ベルリンの記念空間のコンペ案や、完成前後の社会的な議論から論点を示します。[写真=大室佑介]

彫刻と建築の問題──記念性をめぐって

小田原のどか(彫刻家、彫刻研究)+戸田穣(建築史)

ドイツの記念碑と共同想起の現在
──《ホロコースト記念碑》とコンペ案から

深沢秀一(キュレーター/リサーチャー)

記念碑を内包する記念碑
──《ノイエ・ヴァッヘ》の空間と意味の変遷

大室佑介(建築家)

特集一覧

PICK UP

自由な建築──しかし、何から?
石上純也の無重力建築

エリー・デューリング(哲学者)

戦後空間の萌芽としての民衆論・伝統論(戦後空間シンポジウム01 民衆・伝統・運動体)

鳥羽耕史、ケン・タダシ・オオシマ、日埜直彦、青井哲人(シンポジウム企画・進行)+

都市を変える? 都市でつくる?──403architecture [dajiba]『建築で思考し、都市でつくる/Feedback』×モクチン企画『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』

403architecture [dajiba](彌田徹、辻琢磨、橋本健史)+モクチン企画(連勇太朗、川瀬英嗣)+藤村龍至(建築家)

「ジャパンネス」展(ポンピドゥ・センター・メス) ──建築の展覧会はいかに成立するか

今村創平(建築家、千葉工業大学教授)

「『道』を育てる」が意味すること
──アーティストならではの新たな都市論

保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

1000年後のBuildinghoodに参加する
──中谷礼仁『動く大地、住まいのかたち』評

島田陽(建築家)

内戦で失われた建築資料を掘り起こす
──展覧会「新クメール建築と日本」

岩元真明(九州大学助教)

全球近代建築史に向けて

岡村健太郎+クスニェソフ・ドミトリー

千年村プロジェクト中間報告座談会

中谷礼仁+石川初+福島加津也+元永二朗+佐々木葉+土居浩

佐々木睦朗 構造デザインの射程
──せんだいメディアテークからの20年

伊東豊雄(建築家)+小野田泰明(建築計画者)+小西泰孝(構造家)+佐々木睦朗(構造家)
モデレーター=難波和彦(建築家)

SERIAL

建築情報学会準備会議

第2回:BIM1000本ノック──BIMに対する解像度を上げるために

アーキテクトニックな建築論を目指して 学ぶこととつくること──八戸市新美術館から考える公共のあり方 “ケンチク”・イン・ヨーロッパ──日本人建築家作品を訪ねる100日紀行 建築理論研究会 現代建築家コンセプト・シリーズ No.18 <!--03-->Think about New TOKYOインテリアツアー 外部サイトに移動します 連載一覧
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

地域社会圏」と「現代総有」─個人・社会・空間をつなぐ新しい考え方─(千代田区・9/1)

人口減少と少子高齢化、東京への一極集中に代表される都市部と地方の格差拡大、グローバル化が進む中で...

「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-(品川区・8/4-10/8)

ニセフォール・ニエプスによって撮影された歴史上初の写真が作業場の窓から見える納屋と鳩小屋の映像であ...

UNBUILT: Lost or Suspended(品川区・8/4-10/8)

建築の歴史はある意味で「敗者の歴史」である。計画取り止めやコンペ敗北の時点から"過去"になることで...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...

Urban study Vol.1ファシリテーターとワークショップの役割(杉並区・8/25)

高円寺・阿佐ヶ谷で杉並区役所に登録して若手建築家主導でまちづくり団体を作ります。まちづくり+建築...

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島「世界の都市の中の"島"」(大阪府・8/25)

アートエリアB1は、開館10周年を機に新たなプロジェクト「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島...

カルティエ現代美術財団「自由な建築」展・出品プロジェクトを語る 石上純也レクチャー+サイン会(渋谷区・8/25)

2018年3月30日より、世界的にも評価の高い気鋭の建築家・石上純也氏の大規模個展「JUNYA ...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...

日仏建築文化交流展2018 Communication Beyond Words(千代田区・8/4-22)

日本とフランスの友好160周年を記念し、建築を通した文化交流プログラムを開催します。両国から3組ず...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...
建築インフォメーション

BACKNUMBER

201807

建築の民族誌──第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館

建築の民族誌、その行為=経験としてのドローイング

貝島桃代(建築家)+青井哲人(建築史・都市史)

インフォ・グラフィクス? アクター・ネットワーク? ドローイング? 編集──...

自由に見るためのループ

アンドレアス・カルパクチ(建築史学者、スイス連邦工科大学チューリッヒ校)

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館では、貝島桃代、ロラン・シュト...

プロジェクション(なき)マッピングあるいは建てることからの撤退

福尾匠(横浜国立大学博士後期課程)

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展が5月に始まった。この文章はその日本...
201805

コミュニティ・アーカイブ──草の根の記憶装置

アーカイブを憎むな、アーカイブになれ

佐藤知久(京都市立芸術大学准教授)

コミュニティ・アーカイブとは コミュニティ・アーカイブとは、市民自らが、自分の暮...

移動する記録と記憶
──デザイン/アーカイブ/エスノグラフィー

水野大二郎(慶應義塾大学環境情報学部准教授、デザインリサーチャー)+松本篤(NPO法人remo研究員、AHA!世話人)+大橋香奈(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科博士課程)

──近年、「コミュニティ・アーカイブ」と呼ばれる草の根の活動が各地で行なわれて...
201804

装飾と物のオーダー
──ポストデジタル時代の変容

20世紀の遺産から考える装飾

石岡良治(早稲田大学文化構想学部准教授)+砂山太一(京都市立芸術大学美術学部特任講師)

──本号では、現代の「装飾」について考えてみたいと思います。批評家の石岡良治さ...

装飾・テクスチャー・物の現われ
──ポストデジタル時代の可能性

勝矢武之(日建設計)

装飾、建築におけるその概念は、本質的ではない、付加物といった意味合いをどこかし...

建築の修辞学──装飾としてのレトリック

立石遼太郎(松島潤平建築設計事務所)

「語り得ぬものについては、沈黙せねばならない」 ──ルートヴィヒ・ウィトゲンシ...

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る