202003

[最終号]建築・都市、そして言論・批評の未来


[最終号]建築・都市、そして言論・批評の未来

現在、建築・都市、そして人文学のさまざまな分野で社会や歴史、人間を規定してきた規範や価値観が再び問い直され、また同時に、情報環境の刷新にともなって、メディアのあり方、議論の方法も変化しています。

今号では、これまで「10+1 website」で議論を導き、多様に展開していただいた方々による3本の対話をお届けします。建築、都市、街、社会、メディア、アート、思想など、自身が関わり主導する研究や実践の前線について、その前線でこそ展望できる現在の課題や未来のためのビジョンを伺いました。

1994年に創刊された季刊誌『10+1』、および2000年に開設された「10+1 website」は、建築・都市を考えるための学際性を尊ぶ媒体として、著者、話者、読者とともに新たな問題系への取り組みをめざしてきましたが、ここに成果を残し、この3月号をもって更新を終了いたします。

今号で対話をいただいた6名の方々には、「10+1 website」の果たした役割と、これからさまざまな場所で起動するであろう言論・批評メディアの可能性についてもご意見を交わしていただきました。

最終号のこれらの記事が、これからも多様な議論を続ける私たちの礎となることを願います。

20年にわたるご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

独立した美術・批評の場を創出するために

五十嵐太郎(東北大学教授、建築史、建築批評)+鷲田めるろ(キュレーター)

いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを
──経験知、生活知の統合をめざして

南後由和(明治大学情報コミュニケーション学部専任講師、社会学、都市・建築論)+貝島桃代(筑波大学准教授、建築家、アトリエ・ワン)

リサーチとデザイン
──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う

青井哲人(建築史・建築論、明治大学教授)+連勇太朗(建築家、モクチン企画代表理事、@カマタ共同代表)

特集一覧

ANNOUNCEMENT

10+1 website 更新終了の予告

LIXIL出版

PICK UP

建築の新しい位置づけ
刊行記念対談:『仲俊治|2つの循環』

仲俊治(建築家)+能作文徳(建築家)

東北の風景を「建築写真」に呼び込むこと
刊行記念対談:山岸剛『Tohoku Lost, Left, Found』

山岸剛(写真家)×植田実(編集者)

生環境の環を歩きながら
「地球の声」に耳を澄ます

塚本由晴(建築家、アトリエ・ワン主宰)+中谷礼仁(歴史工学家)

刊行記念対談:石川初『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い──歩くこと、見つけること、育てること』

石川初(ランドスケープアーキテクト)+大山顕(フォトグラファー/ライター)

交差する思考──建築・小説・映画・写真
『中山英之|1/1000000000』刊行記念トーク

中山英之(建築家)+柴崎友香(小説家)+長島明夫(編集者)

自由な建築──しかし、何から?
石上純也の無重力建築

エリー・デューリング(哲学者)

戦後空間の萌芽としての民衆論・伝統論(戦後空間シンポジウム01 民衆・伝統・運動体)

鳥羽耕史、ケン・タダシ・オオシマ、日埜直彦、青井哲人(シンポジウム企画・進行)+

都市を変える? 都市でつくる?──403architecture [dajiba]『建築で思考し、都市でつくる/Feedback』×モクチン企画『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』

403architecture [dajiba](彌田徹、辻琢磨、橋本健史)+モクチン企画(連勇太朗、川瀬英嗣)+藤村龍至(建築家)

「ジャパンネス」展(ポンピドゥ・センター・メス) ──建築の展覧会はいかに成立するか

今村創平(建築家、千葉工業大学教授)

「『道』を育てる」が意味すること
──アーティストならではの新たな都市論

保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

SERIAL

アーキテクトニックな建築論を目指して 建築情報学会準備会議

第6回:建築情報学の教科書をつくろう

学ぶこととつくること──八戸市新美術館から考える公共のあり方 “ケンチク”・イン・ヨーロッパ──日本人建築家作品を訪ねる100日紀行 建築理論研究会 現代建築家コンセプト・シリーズ No.18 <!--03-->Think about New 連載一覧
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション

BACK NUMBER

202001

建築の漸進的展開

グラデュアリズム──ネットワークに介入し改変するための方策

谷繁玲央(東京大学大学院)

0 解題「グラデュアリズム」 2018年12月号の『建築雑誌』の誌面上に「建築の...

アーバニズム、建築、デジタルデザインの実践とグラデュアリズム

中島直人(都市計画研究者、東京大学工学部都市工学科准教授)+秋吉浩気(メタアーキテクト、VUILD)+中村健太郎(建築理論家、モクチン企画)+谷繁玲央(東京大学大学院)

政治的、産業的な意思決定の中心から疎外された建築家 谷繁玲央──今日はよろしくお...

『建築を政治的なものに変える5つの方法──設計実践の政治序説』イントロダクションより

アルベナ・ヤネヴァ(建築理論家)

建築と社会統制の古典的な寓話から残されたものは何か? Albena Yaneva...
201910

建築・都市・生環境の存在論的転回

ポストモダンの非常出口、ポストトゥルースの建築
──フレドリック・ジェイムソンからレザ・ネガレスタニへ

仲山ひふみ(批評家)

トラブルの複数の名 批評家のマーク・フィッシャーはその著書『資本主義リアリズム』...

建築の制作論的転回〈前編〉

能作文徳(建築家)+川島範久(建築家)+上妻世海(文筆家、キュレーター)

過剰性=欠如に由来する人類の「制作」能力 編集──本日はよろしくお願いします。建...

建築の制作論的転回〈後編〉

能作文徳(建築家)+川島範久(建築家)+上妻世海(文筆家、キュレーター)

《西大井のあな》を歩く 編集──鼎談の前編では、各々の活動を紹介していただきなが...

生環境構築史の見取り図

松田法子(建築史、都市史)

生環境構築史 2019年2月に「生環境構築史」(中谷礼仁・松田法子・青井哲人)の...

PICK UP > 建築の新しい位置づけ
刊行記念対談:『仲俊治|2つの循環』

仲俊治(建築家)+能作文徳(建築家)

2つの循環──SocialとEcologicalの重なり 『仲俊治|2つの循環』...

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
  • 住宅産業フォーラム
ページTOPヘ戻る