201810

都市をいかに記述するか
──ノーテーションの冒険、その現在形


都市をいかに記述するか
──ノーテーションの冒険、その現在形

複雑化する都市や、刻一刻と変化する社会状況を捉えるために、私たちは代補としてのノーテーション(表記体系)やカルトグラフィ(地図作成法)に囲まれています。高度に情報化し、格差と分断がひろがる社会のなかで、いまどのように都市を捉え記述し、考えることができるのでしょうか。「『もの』の規定を精緻化することと、一方においては『こと』をデザインすること」。都市計画家や建築家は、その幅のなかで現代都市の不確定性をいかにして記述するか──。「ノーテーション/カルトグラフィ」の関心は、多様化するメディア環境において再考すべき問題を含んでいます。本特集では、八束はじめ氏によるノーテーションへの関心の軌跡と、第一線で活動する80年代生まれの研究者や実践者4名による論考を掲載し、インターフェイス、グラフィック・デザイン、VR、模型といった思考モデルの考察を通して、時間や空間の考え方、社会との交点を捉え直します。

ノーテーションを振り返って

八束はじめ(建築家、建築批評家)

ノーテーションの憂鬱、インターフェイスの冒険

連勇太朗(建築家、NPO法人モクチン企画代表理事)

形象化された世界──《都市の記述》とその表現

大田暁雄(デザイン研究家、グラフィック・デザイナー)

バーチャル・リアリティの記譜法
──パノラマ、キュビズム、座標系

大野友資(建築家、DOMINO ARCHITECTS代表)

建築模型のメディア試論
──〈未来/過去〉と〈手段/目的〉の媒介性

松井広志(愛知淑徳大学講師、文化社会学・メディア論)

特集一覧

PICK UP

交差する思考──建築・小説・映画・写真
『中山英之|1/1000000000』刊行記念トーク

中山英之(建築家)+柴崎友香(小説家)+長島明夫(編集者)

自由な建築──しかし、何から?
石上純也の無重力建築

エリー・デューリング(哲学者)

戦後空間の萌芽としての民衆論・伝統論(戦後空間シンポジウム01 民衆・伝統・運動体)

鳥羽耕史、ケン・タダシ・オオシマ、日埜直彦、青井哲人(シンポジウム企画・進行)+

都市を変える? 都市でつくる?──403architecture [dajiba]『建築で思考し、都市でつくる/Feedback』×モクチン企画『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』

403architecture [dajiba](彌田徹、辻琢磨、橋本健史)+モクチン企画(連勇太朗、川瀬英嗣)+藤村龍至(建築家)

「ジャパンネス」展(ポンピドゥ・センター・メス) ──建築の展覧会はいかに成立するか

今村創平(建築家、千葉工業大学教授)

「『道』を育てる」が意味すること
──アーティストならではの新たな都市論

保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

1000年後のBuildinghoodに参加する
──中谷礼仁『動く大地、住まいのかたち』評

島田陽(建築家)

内戦で失われた建築資料を掘り起こす
──展覧会「新クメール建築と日本」

岩元真明(九州大学助教)

全球近代建築史に向けて

岡村健太郎+クスニェソフ・ドミトリー

千年村プロジェクト中間報告座談会

中谷礼仁+石川初+福島加津也+元永二朗+佐々木葉+土居浩

SERIAL

建築情報学会準備会議

第3回:感性の計算──世界を計算的に眺める眼差し

アーキテクトニックな建築論を目指して

第3回:建築史学の現代性

学ぶこととつくること──八戸市新美術館から考える公共のあり方 “ケンチク”・イン・ヨーロッパ──日本人建築家作品を訪ねる100日紀行 建築理論研究会 現代建築家コンセプト・シリーズ No.18 <!--03-->Think about New TOKYOインテリアツアー 外部サイトに移動します 連載一覧
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション

BACKNUMBER

201809

サウンド・スタディーズ──個と集団を結ぶインフラストラクチャー

公共性の音──イントロに代えて

松山直希(オーストリア・ウィーン大学Science and Technology Studies学部修士課程)

最近のオフィスや学校、公共施設は、「オープン」で「フレキシブル」なことを「善」...

音を通して考える──あるいは公共性からのオプトアウト

カリン・ベイストゥルフェルト(マーストリヒト大学、Technology & Society Studies学部教授)+松山直希(オーストリア・ウィーン大学Science and Technology Studies学部修士課程)

公共問題としての騒音 松山直希氏 松山直希(以下、松山)──この特集は、音と公共...

都市空間における「肯定的共鳴」

カロリン・バードソール(アムステルダム大学)

Carolyn Birdsall『Nazi Soundscapes: Soun...

ショッピング・モール──ミューザック、誤聴、そしてフィードバックの生産的な不安定さ

ブランドン・ラベル(アーティスト)

Brandon LaBelle『Acoustic Territories: S...
201808

記念空間を考える──長崎、広島、ベルリンから

彫刻と建築の問題──記念性をめぐって

小田原のどか(彫刻家、彫刻研究)+戸田穣(建築史)

──本対談では建築と彫刻の交点から「記念性」を考えます。彫刻家であり彫刻研究者...

ドイツの記念碑と共同想起の現在
──《ホロコースト記念碑》とコンペ案から

深沢秀一(キュレーター/リサーチャー)

2005年に建設された《ホロコースト記念碑》は、巨大なパブリック・アートの公園だ...

記念碑を内包する記念碑
──《ノイエ・ヴァッヘ》の空間と意味の変遷

大室佑介(建築家)

過去の真のイメージはさっと掠め過ぎてゆく。過去は、それが認識可能となる刹那に一...

PICK UP > 交差する思考──建築・小説・映画・写真
『中山英之|1/1000000000』刊行記念トーク

中山英之(建築家)+柴崎友香(小説家)+長島明夫(編集者)

長島明夫──みなさんこんばんは。編集者の長島と申します。今日は3月にLIXIL出...

PICK UP > 自由な建築──しかし、何から?
石上純也の無重力建築

エリー・デューリング(哲学者)

私はこれまで遠くから石上純也の活動をみてきたが、長らく彼のことをコンセプチュア...
201807

建築の民族誌──第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館

建築の民族誌、その行為=経験としてのドローイング

貝島桃代(建築家)+青井哲人(建築史・都市史)

インフォ・グラフィクス? アクター・ネットワーク? ドローイング? 編集──...

自由に見るためのループ

アンドレアス・カルパクチ(建築史学者、スイス連邦工科大学チューリッヒ校)

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館では、貝島桃代、ロラン・シュト...

プロジェクション(なき)マッピングあるいは建てることからの撤退

福尾匠(横浜国立大学博士後期課程)

第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展が5月に始まった。この文章はその日本...

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る