201910

建築・都市・生環境の存在論的転回


建築・都市・生環境の存在論的転回

「10+1 website」4月号では、座談「生環境の環を歩きながら『地球の声』に耳を澄ます」を公開し、多くの反響をいただきました。生環境とは、地球活動と社会構造の関係性を原理0〜4の階梯で示した概念です。座談では、産業革命以降地球活動から自立し、人間にとって合目的的な環境を構築した「原理3」を批判的にとらえ、地球環境との諸関係を再構築する「原理4」のあり方が議論されました。このとき建築・都市とはどういうものか、例えば人類学やメタフィジカルな議論とともとに考えてみたいと思います。

20世紀の人類学では、近代的な西洋の人間(human)を主体として世界を認識し、人間以外のもの(non-human)や非人間(inhuman)は主体の外部として扱われてきました。しかし、近年の人類学では人間、動物、植物、精霊など、あらゆる存在は主体としてあり、互いにパースペクティブを構成しあうとする存在論的転回(多自然主義、パースペクティビズム...)が議論されています。本特集では、単一的主体のゆらぎや主体同士の相互連関といった思考から建築・都市を捉え直すことを試みます。

能作文徳氏(建築家)、川島範久氏(建築家)、上妻世海(文筆家、キュレーター)による2回の鼎談、松田法子氏(建築史、都市史)による論考に加え、仲山ひふみ氏(批評家)による論考を、11月後半に掲載予定です。

建築の制作論的転回〈前編〉

能作文徳(建築家)+川島範久(建築家)+上妻世海(文筆家、キュレーター)

建築の制作論的転回〈後編〉

能作文徳(建築家)+川島範久(建築家)+上妻世海(文筆家、キュレーター)

生環境構築史の見取り図

松田法子(建築史、都市史)

特集一覧

ANNOUNCEMENT

10+1 website 更新終了の予告

LIXIL出版

PICK UP

東北の風景を「建築写真」に呼び込むこと
刊行記念対談:山岸剛『Tohoku Lost, Left, Found』

山岸剛(写真家)×植田実(編集者)

生環境の環を歩きながら
「地球の声」に耳を澄ます

塚本由晴(建築家、アトリエ・ワン主宰)+中谷礼仁(歴史工学家)

刊行記念対談:石川初『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い──歩くこと、見つけること、育てること』

石川初(ランドスケープアーキテクト)+大山顕(フォトグラファー/ライター)

交差する思考──建築・小説・映画・写真
『中山英之|1/1000000000』刊行記念トーク

中山英之(建築家)+柴崎友香(小説家)+長島明夫(編集者)

自由な建築──しかし、何から?
石上純也の無重力建築

エリー・デューリング(哲学者)

戦後空間の萌芽としての民衆論・伝統論(戦後空間シンポジウム01 民衆・伝統・運動体)

鳥羽耕史、ケン・タダシ・オオシマ、日埜直彦、青井哲人(シンポジウム企画・進行)+

都市を変える? 都市でつくる?──403architecture [dajiba]『建築で思考し、都市でつくる/Feedback』×モクチン企画『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』

403architecture [dajiba](彌田徹、辻琢磨、橋本健史)+モクチン企画(連勇太朗、川瀬英嗣)+藤村龍至(建築家)

「ジャパンネス」展(ポンピドゥ・センター・メス) ──建築の展覧会はいかに成立するか

今村創平(建築家、千葉工業大学教授)

「『道』を育てる」が意味すること
──アーティストならではの新たな都市論

保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

1000年後のBuildinghoodに参加する
──中谷礼仁『動く大地、住まいのかたち』評

島田陽(建築家)

SERIAL

アーキテクトニックな建築論を目指して

第10回:マテリアル・カルチャーとテクトニック・カルチャー

建築情報学会準備会議

第6回:建築情報学の教科書をつくろう

学ぶこととつくること──八戸市新美術館から考える公共のあり方 “ケンチク”・イン・ヨーロッパ──日本人建築家作品を訪ねる100日紀行 建築理論研究会 現代建築家コンセプト・シリーズ No.18 <!--03-->Think about New TOKYOインテリアツアー 外部サイトに移動します 連載一覧
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション

BACKNUMBER

201908

乾久美子『Inui Architects』刊行記念特集

建築のそれからにまつわるArchitects

乾久美子(建築家)+中山英之(建築家)

「小さな風景からの学び」から建築をつくる 司会──LIXIL出版の長島と申します...

シン・ケンチク

青木淳(建築家)

[撮影=山岸剛] 1 その、部分において感覚される手続的幾何学性 fig.1─...

なぜそこにプーさんがいるのか
──『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』書評

大村高広(東京理科大学大学院)

このテキストは「書評を」と依頼を受けて書かれたものである。が、竣工した建物の解...
201906

プラネタリー・アーバニゼーション
──21世紀の都市学のために[後編]

進行形の都市研究を立ち上げる──プラネタリー・アーバニゼーションは遷移、侵犯する

平田周(南山大学)+仙波希望(広島文教大学)

ルフェーヴルから辿れるもの、切り開かれるもの 編集──本日はよろしくお願いしま...

ポストモダン地理学とは何であったのか?

大城直樹(明治大学)

ポストモダン地理学といって想起されるのは、そのまんまのタイトルをもつエドワード...

忘却された空間からの視角──ロジスティクスと都市のインフラストラクチャー

原口剛(神戸大学)

1970年代初頭にアンリ・ルフェーヴルは、いまや資本主義は「モノの生産」から「...

都市はだれのものか?──レイ・パールの都市社会理論の現代的再構成に向けて

渡邊隼(東京大学)

都市はだれのものなのだろうか? いっけん自明で、素朴にみえるこの問いに答えること...
201904

建築の実践と大きな想像力、そのあいだ

平成=ポスト冷戦の建築・都市論とその枠組みのゆらぎ

八束はじめ(建築家、建築批評家)+市川紘司(建築史家)+連勇太朗(建築家)

市川──今日は、もうすぐ平成が終わるということで、日本の「平成」を「ポスト冷戦...

ある彫刻家についての覚書
──それでもつくるほかない者たちのために

長谷川新(インディペンデントキュレーター)

第二次世界大戦に際して、日本政府は寒天の輸出を禁じるという奇妙な措置を講じてい...

PICK UP > 東北の風景を「建築写真」に呼び込むこと
刊行記念対談:山岸剛『Tohoku Lost, Left, Found』

山岸剛(写真家)×植田実(編集者)

建築と、その向こう fig.1──『Tohoku Lost, Left, Fo...

PICK UP > 生環境の環を歩きながら
「地球の声」に耳を澄ます

塚本由晴(建築家、アトリエ・ワン主宰)+中谷礼仁(歴史工学家)

獲得されるものとしての生環境 中谷礼仁氏 中谷礼仁──この2年に1回開催の座談会...

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る