PHOTO ARCHIVES

最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]

最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]

[撮影者:菅野裕子(横浜国立大学大学院特別研究教員)]


199 インドのバンガロー

[撮影者:土岐文乃(東北大学助教)+宮原真美子(日本女子大学助教)]


198 西河村の伝統的風景

[撮影者:前田冴(東北大学大学院)]


197 ネパールの現状と被災状況

[撮影者:吉川彰布(一般社団法人ヒトレン)]


196 インド

[撮影者:吉川尚哉(東北大学大学院)+川崎光克(東京大学大学院)]


195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

[撮影者:水野晶彦(名古屋スリバチ学会)]


194 あいちトリエンナーレ2016

[撮影者:水野晶彦(あい撮りカメラ部)]


193 エチオピア

[撮影者:松宮かおる(Architect/株式会社毛利建築設計事務所海外設計部)]


192 スリランカ

[撮影者:田中良平(東北大学大学院)+楠田博子(東北大学大学院修了)]


191 インドネシア、アロール島の伝統的建築

[撮影者:ミルザデリア・デバナスティヤ]


190 ジョグジャカルタ・インドネシア

[撮影者:椚座基道+ハリー・カーニアワン(東北大学大学院)]


189 ジャカルタ・インドネシア

[撮影者:椚座基道+ハリー・カーニアワン(東北大学大学院)]


188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に

[撮影者:岩元真明(建築家/九州大学助教)]


187 愛知(の知られざる建築)

[撮影者:栗本真壱(建築家)]


186 パリの展示空間とその周縁

[撮影者:竹村優里佳(立命大学大学院)]


185 パリの都市空間と建築作品

[撮影者:竹村優里佳(立命大学大学院)]


184 台湾(宜欄)

[撮影者:菊池聡太朗(東北大学大学院工学研究科)]


183 スペイン(マドリード+バルセロナ+ビルバオ+トレド)

[撮影者:河鰭公晃(東京理科大学理工学部建築学科)]


182 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(後半)

[撮影者:沖山颯(武蔵野大学環境学部)]


181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)

[撮影者:沖山颯(武蔵野大学環境学部)]


180 ドバイ及び周辺国

[撮影者:川村悠可(東京工業大学大学院)]


179 イスタンブール

[撮影者:南靖子]


178 中世インドヒンドゥー寺院

[撮影者:村松裕(東北大学大学院)]


177 トルコの木造ドーム

[撮影者:塩野亜由美(東北大学大学院)]


176 渡辺誠

[撮影者:杉浦舞(名古屋大学大学院)]


175 函館

[撮影者:濤岡寿子(近現代建築愛好家)]


174 日本の駅舎

[撮影者:関根理(横浜国立大学大学院)]


173 沖縄(周辺の島々)

[撮影者:佐々木瞭(東北大学)]


172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築

[撮影者:三浦麻衣(東北大学)]


171 国鉄の建築

[撮影者:志賀浩平(東北大学大学院)]


1234567  

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る