PHOTO ARCHIVES

99 モンゴル

ヘルツォーク&ド・ムーロンが100人の建築家を選び100の住宅をつくるプロジェクトの舞台は、かつてチンギス・ハンがモンゴル高原の遊牧民を統合し創設した史上最大の「遊牧国家」であった。モンゴルはその後の明、清、中華民国の時代を経るなかで定住化が始まった。1924年に世界で2番目の社会主義国として独立したモンゴル人民共和国は「定住国家」となった。1990年代初頭に市場経済へ移行し、家畜の私有化が行なわれ、2002年には「土地に関する法律」の改定により、土地の私有化が行なわれた。新たな資本主義国家の幕開けと言えるだろう。
現在、その定住化の始まりの場所である首都ウランバートルは、中国ほどではないが建設ラッシュである。共産主義国に付きもののスクエアを中心として、ソ連の影響であろう折衷的建物や、多くは再建されたチベット様式・漢様式の寺院が建ち並ぶなかで、インフラが整備されガラスに覆われた建物が顔を出している。だが目覚ましい発展とともに、遊牧民の都市への流入が問題となっている。草原や砂漠における遊牧民の伝統的移動式住宅「ゲル(中国語名パオ)」がプレハブのインフラフリー建築であることを活かして、インフラ未整備の都市周縁部に、寒害で家畜を損失した遊牧民や、生活より子どもの教育を優先させた遊牧民が、ゲルを持って住み着きスラムを生成させている。
今回は滞在日数4日間で、ゲルでの生活から草原での乗馬、ゲルの組立・解体を含めたツアーに参加させていただいた。そのため写真は草原でのものが多く、都市部のものは少ないが、ゲルの、そしてバックミンスター・フラーの建築の、インフラフリー建築の可能性と、ライフスタイルの変化に対応していく住宅の可能性を、伝えることができれば幸いである。



[撮影者:豊嶋純一(東北大学大学院工学研究科都市建築学専攻)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:100 熊本[2]
次の記事:98 ヴェネチア・ビエンナーレ建築展2008 日本館
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る