PHOTO ARCHIVES

97 青森

白神山地や十和田湖などの大自然、夏の風物詩である青森ねぶた、りんごやほたて、マグロといった豊富な食材に加えて、青森は自然に恵まれ、縄文時代から継承されてきた豊かな文化も持つ県であるが、近年の青森はアート、建築において盛り上がりを見せている。《国際芸術センター青森》(2001)、《青森県立美術館》(2005)、《十和田市現代美術館》(2008)など、有名建築家による美術館開館が相次いだことは建築界のニュースとして記憶に新しい。
先日、3年ぶりに《青森県立美術館》に立ち寄った。企画展終了間近の日曜日であり、さらに奈良美智氏の《あおもり犬》へのアプローチが新たに設置されたことが手伝い、多くの地元の人で賑わっていた。「県立」美術館としては日本で最後に開館した県立美術館が地元に根付こうとしている姿を見るのは感慨深かった。
新たな建築が青森を潤す一方で、青森は古い建築も大切にする。それが顕著に見ることができるのが弘前市である。弘前市には多くの前川國男作品が残されており、処女作《木村産業研究所》(1932)から晩年の《弘前市斎場》(1983)に至るまで、弘前市の核となる主要施設はほぼすべてが前川作品という事実は非常に興味深い。ブルーノ・タウトは1935年に弘前に立ち寄った際、《村産業研究所》を見て、「なぜこの辺境の地にル・コルビュジエ風の白亜の建物があるのか」と驚いたと言う。当時は白いモダニズム建築は世界的にも珍しく、日本最果ての北国でそれに出会ったことは印象的な出来事であったのだろう。これらの前川建築群はほとんどが弘前市中心部から徒歩圏内にあるので、立ち寄った際にはおすすめである。また、弘前では「前川國男の建物を大切にする会」「harappa」をはじめとするNPOの活動など、アートや建築を守り育てていく活動が地元で行なわれている。これらの活動は、青森の豊かな風土が育んだ賜物ではないだろうか。
ここで使用している写真は、2005年から2008年のあいだに撮りためたものである。



[撮影者:加藤拓郎(東北大学工学部建築社会環境工学科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:98 ヴェネチア・ビエンナーレ建築展2008 日本館
次の記事:96 ダッチモダニズム
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る