PHOTO ARCHIVES

93 ロンドン

「いま世界のお金がたまたまロンドンに集まっているだけだ。私がロンドンで仕事を始めたころはプロジェクトなんて全然なかったよ」とアレハンドロ・ザエラ・ポロ(FOA)は私の質問に答えた。当サイトの 80(横手義洋氏)においてもロンドンの好景気ぶりがすでにお伝えされている。
そこで今回私は、2006年秋からの文化庁在外研修(FOA)とその後の勤務を含めて、生活者として一年半ロンドンに滞在し、そこから見えてきた建築・環境を主に取り上げることに努めた。これらは日々の通勤途中や市販の詳細な建築ガイドブック『LONDON'S CONTEMPORARY ARCHITECTURE+』を参照しながらの週末散歩、いまのロンドンを建築的側面から伝える「New London Architecture」展やOpen House London(普段は入ることができない建築を一般に開放するイヴェント)に参加し、得た情報のなかから選定したものである。

そのなかでも特にハンガリー出身の建築家エルノ・ゴールドフィンガーの建物は、時代のブルータリズムを前面に押し出した存在感と空間構成、素材の選定に至まで内外共に感銘を受けた作品のひとつだ。図らずも今回セレクトした建築群からは、先のゴールドフィンガーに代表される1960年代とガーキンに代表される2000年以降というグループが見えてきた。つまり、政治経済と密にした都市の停滞状態がその間にある。そして、ある時代性とある時代性をジャンプしたギャップが、都市を占める素地のような100年以上前の建物の中に浮き立ち、これらの対比が現在のロンドンのパッチワーク的な都市のキャラクターを生み出しているのだろう。
また、富裕層が暮らし、旅行者が徘徊するセンター地区に留まらず、再開発の名の下、オリンピック・プロジェクトやデヴィッド・アジャイの公共建築(《Idea Store One and Two》など)は、ロンドンの東部と南部に大きくグルーピングされた人種のボーダーに、建築からも一石を投じようとしている。

田辺雄之(建築家)
http://www.yuji-tanabe.com/



[撮影者:田辺雄之(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ウィルキンソン・エア《アルペン・ハウス》

pic  エルノ・ゴールドフィンガー《バルフロン・タワー》

pic  アリーズ&モリソン《バンクサイド123》

pic  《バンクサイド・スタジオ》

pic  パウエル&ボン《バービカン》

pic  ジャイルス・ギルバート・スコット卿《バタシー発電所》

pic  エリック・ベッドフォード&G.R.イェーツ《ブリティッシュ・テレコム・タワー》

pic  《ブロードゲート/バトル・オブ・ジャイアント》

pic  ワイアット・マクラーレン《ブロムリー/ボウ・ヘルシー・リビング・センター》

pic  トニー・フレットン《カムデン・アート・センター》

pic  オルソップ・アーキテクツ《カナリー・ワーフ・リフティング・ブリッジ》

pic  ニコラス・レイシー《コンテナ・シティ》

pic  《カティー・サーク・テンポラリー・パヴィリオン》

pic  《ダンディー・ワーフ》

pic  《エミレーツ・スタジアム》

pic  フューチャー・システムズ《フローティング・ブリッジ》

pic  パウエル&ボン《ゴールデン・レーン》

pic  ダニエル・リベスキンド《グラデュエイト・センター》

pic  フューチャー・システムズ《ハウアー・キング・ハウス》

pic  デヴィッド・アジャイ《イディア・ストア・ワン》

pic  デヴィッド・アジャイ《イディア・ストア・ツー》

pic  ヘルツォーグ&ドゥムロン《ラバン・センター》

pic  リチャード・ロジャース《ロイズ・オブ・ロンドン》 [1]

pic  リチャード・ロジャース《ロイズ・オブ・ロンドン》 [2]

pic  デヴィッド・マーク&ジュリア・バーフィールド《ロンドン・アイ》

pic  ジャン・プルーヴェ《メゾン・トロピカル》

pic  ペノイレ&プラサード《ムーフィールズ・アイ・ホスピタル》

pic  ディクソン・ジョーンズ《ナショナル・ポートレート・ギャラリー》

pic  ジェームス・スターリングマイケル・ウィルフォード《ナンバーワン・ポウトリー》

pic  マイケル・ドレイン/クラウディオ・シルバスタン《パラソル・ユニット》

pic  グスタフソン・ポーター《プリンセス・ダイアナ・メモリアル》

pic  トンキン・リウ《プロムナード・オブ・ライト》

pic  デヴィッド・アジャイ《リヴィングトン・プレイス》

pic  ピーター&アリソン・スミスソン《ロビン・フッド・ガーデン》

pic  ニコラス・グリムショウ《センズベリー・バトルシップ・スーパーマーケット》

pic  レム・コールハス《サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2006》

pic  オラファー・エリアソン&ジェティル・トーセン《サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2007》

pic  《スミスフィールド・マーケット》

pic  コーネル・シーファート《スペース・ハウス》

pic  メイク・アーキテクツ《セントポール・インフォメーション・センター》

pic  サラ・ウィグルスワース&ジェレミー・ティル《ストロー・ベイル・ポリティクス》

pic  リチャード・ロジャース《ジ・オーツー》

pic  コーネル・シーファート《タワー41》

pic  エルノ・ゴールドフィンガー《トレリック・タワー》

pic  アラップ・アソシエイツ《ボクソール》

pic  シェド54《ワッピン・プロジェクト》

pic  ニコラス・グリムショウ《25 グレシャム・ストリート》

pic  ゴリンズ・メルビン・ウォード《122 レッドゥンホール・ストリート(解体中)》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:94 モスクワ
次の記事:92 広島
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る