PHOTO ARCHIVES

91 宮崎・竹の会の建築

──地域性を通しての建築の根源的な美、そして、その社会的な役割に目覚めること。また、単なる経済行為としてではなく、常に質の高い感動的な建築空間を探求すること。そのための情熱を維持する自発的な交流の場とする。

宮崎の建築家を中心とする勉強会「竹の会」があり、上記は「竹の会とは」と題された会の綱領的な文章である。代表世話人を建築家の岩切平氏がつとめ、現在、県内の建築家や施工者、造園家など20名ほどが名を連ね、月に1回の例会を開催し多彩な講師を招いてのレクチャ−や、会員相互の作品の発表や見学会などを行ない、各自の建築に対する意識を高めている。
今回、宮崎県の建築というテ−マでこのア−カイブスへ収録するにあたって、みやざきという辺境の地で地域性を表現しながら建築をつくり続けている竹の会の会員の建築を紹介することが、宮崎県の建築というテ−マにもっとも則していると考えるので、彼ら及び彼女らの作品を通して、宮崎県の建築の一端を報告したいと思う。
また、もうひとつの竹の会の重要な活動に「建築図書館」の運営があり、これは、会の創設10周年を記念して、会員及びゲストからの寄贈本をもとに開設した建築書を専門とする図書館である。以下に設立趣意書から抜粋して紹介する。

──会の活動を形として残し宮崎の建築文化の向上に寄与するべく、建築図書館を設立することにしました。建築図書館とは建築に関する専門書や雑誌などを集めた建築専門の図書館です。宮崎市内にも県立及び市立の図書館がありますが、建築に関する書籍はわずかしかありません。そこでカーシェアリングやワークシェアリングなど所有から共有の時代の中で、会員及びこれまでに竹の会に来ていただいたゲストに呼びかけて、書棚に眠っている建築関係の本を寄贈してもらい、一般市民をはじめ建築を志す学生など、広く建築文化に関して理解をしていただき、宮崎の建築文化の向上、そして宮崎のまちづくりに寄与したいと考えています。宮崎には建築系の大学がない為、建築文化が育たないと言われていますが、これは私たちも含め建築にたずさわる人間の怠慢であり、宮崎で建築に携わる人間が率先して建築文化を育む活動をしなければならないと考えます。

図書館開設当初は、宮崎市の中心街である橘通りに面する古いビルに置かれていたが、今年の2月に、市内有数の観光地である青島の青島観光ホテルロビ−の一角に移転した。



[撮影者:ヒラカワヤスミ(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:92 広島
次の記事:90 図書館[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る