PHOTO ARCHIVES

87 横浜(デイケアセンター)

2007年の夏は記録的な暑さだったが、その暑い最中に横浜市にある日本を代表する建築家が設計したケアセンターへ写真を撮りにでかけた。
撮影は2回に分けて行なった。最初はSANAA設計の《六ツ川地域ケアプラザ》(横浜市南区)と伊東豊雄設計の《東永谷地区センター》(横浜市港南区)、二日目はワークステーション設計の《横浜市磯子地域ケアセンター》(横浜市磯子区)と山本理顕設計の《下和泉地区センター》(横浜市泉区)にでかけた。《六ツ川》と《磯子》はケアセンターだけの施設、《東永谷》と《下和泉》はケアセンターと地区センターが併設されている。
《六ツ川》と《磯子》のケアセンターは、ともにハーフミラーのガラス素材を用いている。内部は明るく開放的ではあるが、防犯への配慮からか、外部に対してはやや閉ざされた印象を受けた。《東永谷》と《下和泉》の地区センターは、体育館、図書館、スタジオなど地域の住民が利用できる施設も併設されている。どちらの施設も利用者がたくさんいて、地域の人たちからとても愛されている事が感じられた。



[撮影者:塚本信昭]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:88 金沢
次の記事:86 バウハウス
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

トークイベント「Snøhetta SMALL TALK」(港区・10/15)

世界的に注目されている北欧ノルウェー発祥の建築デザイン事務所「Snøhetta」は、ノルウェーのオ...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

シンポジウム「Village in Metropolis-都市内共同体のつくりかた」(港区・10/2)

現代社会において、私たちの多くは都市という不特定多数の人々が混在する空間の中に住んでいます。都市は...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

403architecture [dajiba]が設計している時にどうしてもこだわってしまう「建築」のこと 第3回(彌田徹)(静岡県・10/11)

「建築」とは建物そのものだけを指しているわけではありません。周辺の環境や歴史的な文脈、そして概念的な...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...

建築レクチュアシリーズ217 坂茂(大阪・9/13)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る