PHOTO ARCHIVES

66 デンマーク[2]

ヨーン・ウッツォンは第二次大戦後間もない時期に「The Innermost Being of Architecture」(in Utzon, 2002.)と題した文章のなかで、建築にとっての本質が自然の成長原理のなかにあり、その原理によって、常に移り変わる我々を取り巻く環境を表現できるという内容のことを記している。これは戦中、スウェーデンに避難していたウッツォンがデンマークに帰国後の独立直後に記したものであり、最初期から一貫して彼のスタイルの源泉が自然の姿にあって、そのバリエーションとして彼の以後の作品も見ることができるということでもある。
同時に、ウッツォンの「私は特に建築の基本的な表現──形、光、リズム、素材──の意味を見いだしたいと思っている。それはふわりと浮かぶような、光に満たされた内と外が一体となった建築である」(ARKITEKTUR DK, 1-2/1985)との言説から、《キンゴー・ハウス》などの初期のテラスハウスに見られる緩やかに地形をなぞった有機的な配置形態から、たったひとつの球から複雑に表情を変える形態を作り出した悲劇の《シドニー・オペラハウス》を経て、素っ気ない外部仕上と緩やかに弧を描く内部天井の対比によって新しいイメージを示した晩年の《バウスヴェアの教会》へと至るなかで、よりプリミティヴな光に結実する彼の思考の過程を読み取ることができる。

一方でデンマークに残された唯一のアルヴァ・アアルトの作品は、同じスカンジナヴィアの建築家でありながら、力強く躍動的な形態がデンマークの実直な建築とは表情を異にしているが、ヨーン・ウッツォンとアアルトとのあいだには、大戦中スウェーデンに避難していたヨーン・ウッツォンがその後フィンランドに渡りアアルトの元で働いていたという興味深い接点がある。ウッツォンはアアルトの有機的アプローチを下地に独自の自然原理を抽出する手法で建築を創り上げることによって、デンマークの地方性を達成できたのだろうか。偶然なのか、ほぼ同時期に竣工したウッツォンの《バウスヴェアの教会》とアアルトの《北ユトランド美術館》は規模も用途も異なるものの極めて近似した断面形を示す。まだ陽の長いデンマークの秋空のもと、幾筋もの反射光に満たされた主室に身を置きながら師弟が追い求めた光の質の違いを体験できたことはまたとない貴重な時間となった。



[撮影者:脇坂圭一(デンマーク・オーフス建築大学、東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ヨーン・ウッツォン《ヘレベックのヨーン・ウッツォン自邸》[1] [2] [3]

pic  ヨーン・ウッツォン《キンゴー・ハウス》[1] [2] [3] [4]

pic  ヨーン・ウッツォン《フレデンスボーの集合住宅》[1] [2] [3] [4] [5]

pic  ヨーン・ウッツォン《ヘアニングのスクール・タウン計画》[1] [2] [3]

pic  ヨーン・ウッツォン《バウスヴェア教会》[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

pic  エリッサ+アルヴァ・アアルト、ジャン・ジャック・バルエル《北ユトランド美術館》[1] [2] [3] [4] [5] [6]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:67 デンマーク[3]
次の記事:65 デンマーク[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る