PHOTO ARCHIVES

58 ジュゼッペ・テラーニ[1]

ジュゼッペ・テラーニ[1](1926-1933)
イタリア・モダン、合理主義建築を代表する建築家の一人として知られるジュゼッペ・テラーニ。1904年ミラノ近郊の街メーダに生まれ、1926年に現在のミラノ工科大学を卒業し、建築家として出発、出征を経て1943年に39歳で生涯を終えるまでの17年間の活動によって、現在に残された作品は22点。今回はその中から、建築家として、また合理主義の建築家グループ「グルッポ7」★1のメンバーとして頭角を現わし始めた1926年(22歳)から、隣国ドイツでナチスが政権を掌握し、ファシスト党のもと急速に臨戦社会へと傾いていった1933年(29歳)までに着手した12作品を見る。
テラーニの作品には、「民衆」の為の合理的な「インターナショナル」スタイルを追求しつつ、「国家」に求心力を与える「ナショナリズム」をも具現化し、「薄く、軽く、白く、透明」な合理主義建築の表現要素を用いた端正な美しさと、「重厚、荘重、陽と陰」といったイタリア・ヨーロッパの伝統的な象徴性を持つ空間的特徴が、共存している。この矛盾した魅力を、2002年よりローマに居住し、建築設計に携わるなかで機会を見つけて撮影してきた作品写真を、時系列に従って見てゆく事によって、再確認できればと考えている。

★1──Gruppo7。ルイジ・フィジーニ、グイド・フレッテ、セバスティアーノ・ラルコ、ジーノ・ポッリーニ、カルロ・エンリコ・ラーヴァ、そしてアダルベルト・リベラの若手建築家で構成され、彼らが1926年に「ラ・ラッセーニャ・イタリアーナ」誌に発表した「建築」宣言は、その後のジオ・ポンティやジョバンニ・ムツィオに引継がれて行くイタリア合理主義の最初の公式の文章となった。



[撮影者:杉丸淳(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ホテル・メトロポール・スイス》(ファサード改修)

pic  ジュゼッペ・テラーニ《エルバ・インチーノの戦没者慰霊碑》 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ノヴォコムン集合住宅》 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《アルベルゴ・ポスタ》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ドメニコ・オルテッリの墓所礼拝所》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ヴィトルム店舗》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ジャンニ・ステッキーノ廟》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《レオナルド・ピロヴァノ廟》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《コモの戦没者慰霊碑》 [1] [2]

pic

ジュゼッペ・テラーニ《コモのカサ・デル・ファッショ》

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ギリンゲッリ集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ルスティチ集合住宅》 [1] [2] [3] [4]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:59 ジュゼッペ・テラーニ[2]
次の記事:57 東京[4]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「記憶の光跡展」関連イベント(港区・9/28、9/29-10/3)

2018年5月に岐阜県養老町で開催され、2日間で1000人を越える来場者を記録した教育委員会主催アー...

建築情報学会キックオフ準備会議第4回(渋谷区・10/5)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋すること...

Making the City Playable 2018 コンファレンス(千代田区・9/28)

英国のメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出...

LIXIL出版 中途採用のお知らせ

10+1websiteを運営するLIXIL出版では、 建築・デザインに関する書籍の編集スタッフを募...

石川初×大山顕「地上学への誘い」『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い』刊行記念(世田谷区・9/20)

LIXIL出版より発売中の『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い──歩くこと、見つけること、...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

リノベーション・スタジオ展示会「カプセルタワーのメタボリズム(新陳代謝)2018」(中央区・8/27-9/1)

東京理科大学工学部建築学科4年の設計製図演習「建築・都市設計」では、現代の社会で建築が取り組むべき...

ミサワホームAプロジェクト シンポジウム「時間がよびさます建築」(京都府・9/26)

今回のシンポジウムは、今年度村野藤吾賞を獲得した平田晃久さんと、昨年、青森の八戸美術館と一昨年京都...

地域社会圏」と「現代総有」─個人・社会・空間をつなぐ新しい考え方─(千代田区・9/1)

人口減少と少子高齢化、東京への一極集中に代表される都市部と地方の格差拡大、グローバル化が進む中で...

「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-(品川区・8/4-10/8)

ニセフォール・ニエプスによって撮影された歴史上初の写真が作業場の窓から見える納屋と鳩小屋の映像であ...

UNBUILT: Lost or Suspended(品川区・8/4-10/8)

建築の歴史はある意味で「敗者の歴史」である。計画取り止めやコンペ敗北の時点から"過去"になることで...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る