PHOTO ARCHIVES

55 ベルリン/ブルーノ・タウト

ブルーノ・タウト(1880-1938)の建築はじつに魅力的だ。なにしろ色使いが素晴らしい。壁面も窓も、あらゆる建築的要素が色彩を軸に造作され、それらは陽光に照らされながら、まるでひとつの有機体のように、常に異なった様相を見せてくれる。私は、そうした色の魔術にすっかり魅了され、機会あるごとに撮り歩いてきた。
ある日、タウトが手掛けたベルリン近郊のジードルング(集合住宅)を訪れ、夢中になってシャッターを切っていたときのことだ。私の背中めがけて、誰かが話しかけてきた。振り返ると、なんとも大柄でアラブ系の顔立ちをした男性が、腰に手を当て仁王立ちしているではないか。
これはまずい。彼の居住エリアを撮ってしまったのかも知れない。それに憤慨したのではないか。いや、ひょっとしてそもそも立ち入り禁止区域だったのか......。
そんなシナリオを予期しながら恐る恐る返答の言葉を発するとだ。彼は、驚くほど素朴な質問を私に投げかけてきた。
「さっきからずいぶんと写真を撮り歩いているようだけど、なんだってキミはこの建物にそんなに興味があるのか?」

話をよく聞くと、彼はここの住民で、「ジードルング周辺には頻りに写真を撮る人が見受けられ、しかも、どういう訳だか東洋系の若者が盛んに訪れる」、そのことを前々から疑問に思っていたそうだ。
そこで、タウトが世界的に有名な建築家であったこと、1930年代には日本で活躍していたこと、そのため日本人のファンが多いことなどをひと通り説明したところ、彼はこれまでの謎がみるみる解明していくのを感じたらしく、なんと、お宅に伺って会話の続きを楽しむことになった。天気の良い休日の昼下がり、カメラを首にぶら下げたままの私は、突如としてジードルングのテラス席の人となったのだ。
やがて、テラステーブルの上には、御夫人が焼いたという手作りケーキとコーヒーも並び、私たちはずいぶんと長い間タウト話で盛り上がった。
話の合い間、時折、庭に目をやりながら、私は「一居住者」の視点からもタウト建築を堪能した。パステルカラーで彩色された住棟壁面の折り重なるさま。木々のゆらめきによって生み出される光・陰・色彩のポリフォニー。そして小鳥たちの軽やかなさえずり。こうした、住棟を取り巻く一切合財の環境はすべてタウト作品と呼べるものであり、ここに日々暮らすことの豊かさをはっきりと実感したのだった。

東の果て日本からやって来たひとりのタウト愛好家と、20年前にドイツへ移住してきたという中東の御夫婦。まったく初対面の私たちの間を結んだのは、他ならぬ「タウト建築への思い」であった。彼らは、私の数えた限りにおいては、会話のなかで5度も「この建築は素晴らしい。特に色が良い」というフレーズを繰り返した。
タウト没後、すでに70年近くが経とうとしているが、タウト建築の放つ彩りは決して褪せることなく、こうして今もなお人々の心を繋げてくれている。

今回、タウトがベルリン周辺に遺したジードルング作品を紹介した。タウトはその生涯に、延べ1万2千戸にもおよぶ膨大な数の集合住宅群を手掛けたが、それでもなお画一化に堕することなく、住まいに温かみをもたらすことができたのは、その色彩的効果によるところが大きい。写真画像を通じて、ぜひそのあたりを味わっていただければと思う。さらに機会があれば、実際の色彩空間をも一度ゆっくり歩きながら体験していただきたい。なお、《ダーレヴィッツの自邸》については、一般の見学は不可。タウトの自著『一住宅』(中央公論美術出版、2004)に詳しいので併せて参照されたい。
また今年は、「日本におけるドイツ年(2005/2006)www.doitsu-nen.jp/」、およびタウト生誕125周年であることから、〈ブルーノ・タウトの工芸・デザイン展〉が全国巡回する予定である。ますますタウトからは目が離せない。



[撮影者:斉藤理(東京大学客員研究員・建築史)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ブルーノ・タウト《フライエショレ・ジードルング》[1] [2] [3] [4]

pic  ブルーノ・タウト《ダーレヴィッツの自邸》[1] [2] [3] [4] [5]

pic  ブルーノ・タウト《ブリッツ馬蹄形ジードルング》[1] [2] [3] [4]

pic  ブルーノ・タウト《オンケル・トムス・ヒュッテ・ジードルング》[1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ブルーノ・タウト《ヴァイセンゼー・ジードルング》[1] [2] [3]

pic  ブルーノ・タウト《ファルケンべルク・ジードルング》[1] [2] [3] [4] [5]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:56 フランス・ゴシック
次の記事:54 図書館
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る