PHOTO ARCHIVES

55 ベルリン/ブルーノ・タウト

ブルーノ・タウト(1880-1938)の建築はじつに魅力的だ。なにしろ色使いが素晴らしい。壁面も窓も、あらゆる建築的要素が色彩を軸に造作され、それらは陽光に照らされながら、まるでひとつの有機体のように、常に異なった様相を見せてくれる。私は、そうした色の魔術にすっかり魅了され、機会あるごとに撮り歩いてきた。
ある日、タウトが手掛けたベルリン近郊のジードルング(集合住宅)を訪れ、夢中になってシャッターを切っていたときのことだ。私の背中めがけて、誰かが話しかけてきた。振り返ると、なんとも大柄でアラブ系の顔立ちをした男性が、腰に手を当て仁王立ちしているではないか。
これはまずい。彼の居住エリアを撮ってしまったのかも知れない。それに憤慨したのではないか。いや、ひょっとしてそもそも立ち入り禁止区域だったのか......。
そんなシナリオを予期しながら恐る恐る返答の言葉を発するとだ。彼は、驚くほど素朴な質問を私に投げかけてきた。
「さっきからずいぶんと写真を撮り歩いているようだけど、なんだってキミはこの建物にそんなに興味があるのか?」

話をよく聞くと、彼はここの住民で、「ジードルング周辺には頻りに写真を撮る人が見受けられ、しかも、どういう訳だか東洋系の若者が盛んに訪れる」、そのことを前々から疑問に思っていたそうだ。
そこで、タウトが世界的に有名な建築家であったこと、1930年代には日本で活躍していたこと、そのため日本人のファンが多いことなどをひと通り説明したところ、彼はこれまでの謎がみるみる解明していくのを感じたらしく、なんと、お宅に伺って会話の続きを楽しむことになった。天気の良い休日の昼下がり、カメラを首にぶら下げたままの私は、突如としてジードルングのテラス席の人となったのだ。
やがて、テラステーブルの上には、御夫人が焼いたという手作りケーキとコーヒーも並び、私たちはずいぶんと長い間タウト話で盛り上がった。
話の合い間、時折、庭に目をやりながら、私は「一居住者」の視点からもタウト建築を堪能した。パステルカラーで彩色された住棟壁面の折り重なるさま。木々のゆらめきによって生み出される光・陰・色彩のポリフォニー。そして小鳥たちの軽やかなさえずり。こうした、住棟を取り巻く一切合財の環境はすべてタウト作品と呼べるものであり、ここに日々暮らすことの豊かさをはっきりと実感したのだった。

東の果て日本からやって来たひとりのタウト愛好家と、20年前にドイツへ移住してきたという中東の御夫婦。まったく初対面の私たちの間を結んだのは、他ならぬ「タウト建築への思い」であった。彼らは、私の数えた限りにおいては、会話のなかで5度も「この建築は素晴らしい。特に色が良い」というフレーズを繰り返した。
タウト没後、すでに70年近くが経とうとしているが、タウト建築の放つ彩りは決して褪せることなく、こうして今もなお人々の心を繋げてくれている。

今回、タウトがベルリン周辺に遺したジードルング作品を紹介した。タウトはその生涯に、延べ1万2千戸にもおよぶ膨大な数の集合住宅群を手掛けたが、それでもなお画一化に堕することなく、住まいに温かみをもたらすことができたのは、その色彩的効果によるところが大きい。写真画像を通じて、ぜひそのあたりを味わっていただければと思う。さらに機会があれば、実際の色彩空間をも一度ゆっくり歩きながら体験していただきたい。なお、《ダーレヴィッツの自邸》については、一般の見学は不可。タウトの自著『一住宅』(中央公論美術出版、2004)に詳しいので併せて参照されたい。
また今年は、「日本におけるドイツ年(2005/2006)www.doitsu-nen.jp/」、およびタウト生誕125周年であることから、〈ブルーノ・タウトの工芸・デザイン展〉が全国巡回する予定である。ますますタウトからは目が離せない。



[撮影者:斉藤理(東京大学客員研究員・建築史)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ブルーノ・タウト《フライエショレ・ジードルング》[1] [2] [3] [4]

pic  ブルーノ・タウト《ダーレヴィッツの自邸》[1] [2] [3] [4] [5]

pic  ブルーノ・タウト《ブリッツ馬蹄形ジードルング》[1] [2] [3] [4]

pic  ブルーノ・タウト《オンケル・トムス・ヒュッテ・ジードルング》[1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ブルーノ・タウト《ヴァイセンゼー・ジードルング》[1] [2] [3]

pic  ブルーノ・タウト《ファルケンべルク・ジードルング》[1] [2] [3] [4] [5]

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:56 フランス・ゴシック
次の記事:54 図書館
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る