PHOTO ARCHIVES

53 アンドレア・パラーディオ

2004年9月上旬、イタリアの小都市ヴィチェンツァに約1週間滞在し、アンドレア・パラーディオ(1508-80)の作品を見ることができた。パッラーディオの建築作品のほとんどはヴィチェンツァの旧市街およびその近郊に集中している。旧市街はコンパクトなのでバシリカやパラッツォなど1日あれば主要な作品をすべて見てまわることができるが、ヴィラはかなり広範囲に分散し、しかも開館時間がきわめて限られているので短期間ではとてもすべてを見ることはできない。今回は現地に詳しい知人の協力もあって、3日間のドライブで主要なヴィラの多くを見ることができた。パッラーディオに関する情報はアンドレア・パッラーディオ建築研究国際センターのホームページ(http://www.cisapalladio.org/)で詳細に調べることができ、現存する全作品の詳細な解説、開館時間、そして所在地のマップなどの貴重なデータをダウンロードできる。
実際にパッラーディオの作品を見て驚かされるのは、そのプロポーションと佇まいの美しさである。バシリカの列柱に用いられたセルリアーナという建築言語の精緻な展開、ロトンダの完璧なプロポーション、そしてヴェネツィア近郊なので少し遠いのだが、ヴィラ・フォスカリ(通称マルコンテンタ)のこの世のものとは思えない美しい佇まいを是非実際に訪れて経験していただきたい。



[撮影者:中村研一(建築家、中部大学教授)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ヴィラ・ゴーディ[1] [2]

pic  ヴィラ・ピオベーネ[1] [2]

pic  ヴィラ・ヴァルマラーナ

pic  ヴィラ・カルドーニョ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・ティエーネ

pic  ヴィラ・コルナーロ[1] [2]

pic  ヴィラ・バルバロ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・フォスカリ(ラ・マルコンテンタ)[1] [2]

pic  ヴィラ・ヴァルマラーナ

pic  ヴィラ・エーモ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・アルメリコ・キャプラ(ラ・ロトンダ)[1] [2]

pic  テンピエット・バルバロ

pic  パラッツォ・ティエーネ

pic  バシリカ[1] [2]

pic  パラッツォ・ポルト

pic  パラッツォ・キエリカーティ[1] [2] [3]

pic  カーサ・コゴッロ

pic  ロッジア・デル・カピタニアート

pic  バッサーノ・デル・グラッパの橋

pic  パラッツォ・バルバラーノ[1] [2]

pic  パラッツォ・ポルト・ブレガンツェ

pic  テアトロ・オリンピコ


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:54 図書館
次の記事:52 韓国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る