PHOTO ARCHIVES

53 アンドレア・パラーディオ

2004年9月上旬、イタリアの小都市ヴィチェンツァに約1週間滞在し、アンドレア・パラーディオ(1508-80)の作品を見ることができた。パッラーディオの建築作品のほとんどはヴィチェンツァの旧市街およびその近郊に集中している。旧市街はコンパクトなのでバシリカやパラッツォなど1日あれば主要な作品をすべて見てまわることができるが、ヴィラはかなり広範囲に分散し、しかも開館時間がきわめて限られているので短期間ではとてもすべてを見ることはできない。今回は現地に詳しい知人の協力もあって、3日間のドライブで主要なヴィラの多くを見ることができた。パッラーディオに関する情報はアンドレア・パッラーディオ建築研究国際センターのホームページ(http://www.cisapalladio.org/)で詳細に調べることができ、現存する全作品の詳細な解説、開館時間、そして所在地のマップなどの貴重なデータをダウンロードできる。
実際にパッラーディオの作品を見て驚かされるのは、そのプロポーションと佇まいの美しさである。バシリカの列柱に用いられたセルリアーナという建築言語の精緻な展開、ロトンダの完璧なプロポーション、そしてヴェネツィア近郊なので少し遠いのだが、ヴィラ・フォスカリ(通称マルコンテンタ)のこの世のものとは思えない美しい佇まいを是非実際に訪れて経験していただきたい。



[撮影者:中村研一(建築家、中部大学教授)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ヴィラ・ゴーディ[1] [2]

pic  ヴィラ・ピオベーネ[1] [2]

pic  ヴィラ・ヴァルマラーナ

pic  ヴィラ・カルドーニョ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・ティエーネ

pic  ヴィラ・コルナーロ[1] [2]

pic  ヴィラ・バルバロ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・フォスカリ(ラ・マルコンテンタ)[1] [2]

pic  ヴィラ・ヴァルマラーナ

pic  ヴィラ・エーモ[1] [2] [3]

pic  ヴィラ・アルメリコ・キャプラ(ラ・ロトンダ)[1] [2]

pic  テンピエット・バルバロ

pic  パラッツォ・ティエーネ

pic  バシリカ[1] [2]

pic  パラッツォ・ポルト

pic  パラッツォ・キエリカーティ[1] [2] [3]

pic  カーサ・コゴッロ

pic  ロッジア・デル・カピタニアート

pic  バッサーノ・デル・グラッパの橋

pic  パラッツォ・バルバラーノ[1] [2]

pic  パラッツォ・ポルト・ブレガンツェ

pic  テアトロ・オリンピコ


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:54 図書館
次の記事:52 韓国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...

仲俊治×能作文徳トークショー&サイン会「建築の新しい位置づけ」(渋谷区・9/10)

現代建築家コンセプト・シリーズ26『仲俊治|2つの循環』(仲俊治=著、LIXIL出版)の刊行を記念...

CIRCULATION SAITAMA(埼玉県・募集 -8/23)

JR京浜東北線やJR埼京線などの鉄道網により都心へのアクセスがよく、居住者の多いさいたま市ですが、...

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベ...

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る