PHOTO ARCHIVES

52 韓国

韓国──「非・武装地(仮)」
2004年の12月中ごろお隣の国、韓国にいった。3泊4日でソウル市立美術館に日本人アーティストの展示補佐をする為である。基本的に明るいあいだは美術館の中なので写真を撮る時間も建築を見る時間も無かった。しかし時間の合間を縫ってLeeum(サムスン美術館)とDMZ(非武装地帯)にだけは訪れる事ができた。
Leeumとは韓国の企業、サムスンが建設した2004年10月にオープンしたばかりの完全予約制・プライヴェート美術館だ。3つの建築が重なりあうよう設計された美術館はマリオ・ボッタ、レム・コールハ-ス、ジャン・ヌーヴェルによるもので、韓国の伝統美術から現代美術までを扱う多様な顔を持つ美術館である。ボッタ棟は展示空間と各階を結ぶスロープのコントラストが気持ちよかった。
DMZとは韓国と北朝鮮との軍事分界線から南北に2kmずつの非武装地帯の事だ。両国が休戦協定を結んでから50年以上も人が入っていない場所になる。自由と平和の重要性を感じて欲しいと外国人観光客をその地に連れていくツアーを行なっている。そこで私を待っていたのはハンバーガーの臭いと遊園地。そして2km離れた街を見る為の展望台。脅威と言われている国を3分間500ウォンの双眼鏡を覗きながら、大切なはずの歴史が奇形を有し、観光地になっていたのを目の当りにした。
しかしいまだ見れていない場所は溢れる程あるだろう。



[撮影者:原田祐馬(建築家/アーキベンタ)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  サムスン美術館 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

pic  DMZ(非武装地帯)[1] [2] [3] [4] [5][6]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:53 アンドレア・パラーディオ
次の記事:51 青島
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る