PHOTO ARCHIVES

46 パリ、近代建築黎明期

パリの近代建築黎明期
パリの都市空間は、空間というより時空間というほうがふさわしい。どんな空間の隙間からも歴史の厚みが滲み出てくる。パリを18世紀以前の石の時代、19世紀の鉄の時代、20世紀のコンクリートの時代と大きく分類することができるかもしれない。現在のパリは、それらが層のように積み重なってできている。幸運にも2年間パリに住む機会があり、この間に撮ったパリの写真もかなりの量になった。それらを数回に分けてこの場で公開する機会を頂いた。機会をあたえてくれた五十嵐太郎さん、感謝いたします。

パリの写真を時代別に、以後3回に分けて掲載する予定です。
1.「パリ、近代建築黎明期」(19世紀、鉄の時代)
2.「パリ、近代建築の時代」(20世紀前半、コンクリートの時代)
3.「パリ、近代から現代へ」(20世紀後半、多様性に向かって)

今回の「パリ、近代建築黎明期」では、主に19世紀のパリの建築写真を集めた。最初の北駅以外は、ほぼ年代順に並んでいる。19世紀には、駅舎、パサージュ、マルシェをはじめ、新しい都市空間が次々に鉄骨とガラスで作られていった。19世紀末には、アール・ヌーヴォーが生まれ、鉄の造形を自在に操る。光と影、時間と空間が織物のように交錯するパリの都市空間を楽しんでいただければ幸いです(パリの建築に関して、さまざまな助言とアドバイスを林要次氏から頂いたことを、ここに記して感謝します)。



[撮影者:松田達]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  レオンス・レイノー/ブレヴィル、ジャック=イニャス・イットルフ(改修)《北駅》 [1] [2]

pic  パサージュ・デュ・ケール

pic  ヴィール、ジャン=ルイ・グリサール「パサージュ・デ・パノラマ」 [1] [2]

pic  フランソワ=ジャン・ドゥラノワ「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」

pic  フランソワ・マゾワ、アントワーヌ・タヴェルニエ「パサージュ・ドゥ・ショワズュール」

pic  J・ビロー「ギャルリー・コルベール」

pic  パサージュ・デュ・ポンソー

pic  E・ソティ「パサージュ・ヴァンドーム」

pic  パサージュ・ブラディ [1] [2] [3]

pic  パサージュ・デュ・プラド

pic  イポリット・デタイユール、ロマン・ド・ブルジュ「パサージュ・ジュフロワ」 [1] [2]

pic  イポリット・デタイユール、ロマン・ド・ブルジュ「パサージュ・ヴェルドー」

pic  マリー=ガブリエル・ヴーニイ《シテ・ナポレオン》 [1] [2]

pic  ルイ=オーギュスト・ボワロー、ルイ=アドリアン・リュソン《サン・トゥージェーヌ教会》 [1] [2]

pic  ジュール・ド・メランドル、エルネ・ルグラン《旧タンプル市場》

pic  サン・カンタン市場

pic  エクトール・ギマール《旧サクレクール小学校》

pic  エクトール・ギマール/アレクサンドル・ビゴ《カステル・ベランジェ》

pic  シャルル・ド・モンタルナル《レオミュール通り118番地の集合住宅》

pic  ジョルジュ・シュダンヌ《ル・パリズィアン・リベレ新聞社》

pic  レオミュール通り

pic  アンリ・ソヴァージュ、シャルル・サラザン《シテ・ラルジャンティーヌ》 [1] [2]

pic  フランツ・ジュルダン、アンリ・ソヴァージュ/アレクサンドル・ビゴほか《サマリーテーヌ百貨店》
       [1] [2] [3] [4] [5]

pic  パリの夜景


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:47 パリ、近代建築の時代
次の記事:45 西ヨーロッパの洞窟
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る