PHOTO ARCHIVES

46 パリ、近代建築黎明期

パリの近代建築黎明期
パリの都市空間は、空間というより時空間というほうがふさわしい。どんな空間の隙間からも歴史の厚みが滲み出てくる。パリを18世紀以前の石の時代、19世紀の鉄の時代、20世紀のコンクリートの時代と大きく分類することができるかもしれない。現在のパリは、それらが層のように積み重なってできている。幸運にも2年間パリに住む機会があり、この間に撮ったパリの写真もかなりの量になった。それらを数回に分けてこの場で公開する機会を頂いた。機会をあたえてくれた五十嵐太郎さん、感謝いたします。

パリの写真を時代別に、以後3回に分けて掲載する予定です。
1.「パリ、近代建築黎明期」(19世紀、鉄の時代)
2.「パリ、近代建築の時代」(20世紀前半、コンクリートの時代)
3.「パリ、近代から現代へ」(20世紀後半、多様性に向かって)

今回の「パリ、近代建築黎明期」では、主に19世紀のパリの建築写真を集めた。最初の北駅以外は、ほぼ年代順に並んでいる。19世紀には、駅舎、パサージュ、マルシェをはじめ、新しい都市空間が次々に鉄骨とガラスで作られていった。19世紀末には、アール・ヌーヴォーが生まれ、鉄の造形を自在に操る。光と影、時間と空間が織物のように交錯するパリの都市空間を楽しんでいただければ幸いです(パリの建築に関して、さまざまな助言とアドバイスを林要次氏から頂いたことを、ここに記して感謝します)。



[撮影者:松田達]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  レオンス・レイノー/ブレヴィル、ジャック=イニャス・イットルフ(改修)《北駅》 [1] [2]

pic  パサージュ・デュ・ケール

pic  ヴィール、ジャン=ルイ・グリサール「パサージュ・デ・パノラマ」 [1] [2]

pic  フランソワ=ジャン・ドゥラノワ「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」

pic  フランソワ・マゾワ、アントワーヌ・タヴェルニエ「パサージュ・ドゥ・ショワズュール」

pic  J・ビロー「ギャルリー・コルベール」

pic  パサージュ・デュ・ポンソー

pic  E・ソティ「パサージュ・ヴァンドーム」

pic  パサージュ・ブラディ [1] [2] [3]

pic  パサージュ・デュ・プラド

pic  イポリット・デタイユール、ロマン・ド・ブルジュ「パサージュ・ジュフロワ」 [1] [2]

pic  イポリット・デタイユール、ロマン・ド・ブルジュ「パサージュ・ヴェルドー」

pic  マリー=ガブリエル・ヴーニイ《シテ・ナポレオン》 [1] [2]

pic  ルイ=オーギュスト・ボワロー、ルイ=アドリアン・リュソン《サン・トゥージェーヌ教会》 [1] [2]

pic  ジュール・ド・メランドル、エルネ・ルグラン《旧タンプル市場》

pic  サン・カンタン市場

pic  エクトール・ギマール《旧サクレクール小学校》

pic  エクトール・ギマール/アレクサンドル・ビゴ《カステル・ベランジェ》

pic  シャルル・ド・モンタルナル《レオミュール通り118番地の集合住宅》

pic  ジョルジュ・シュダンヌ《ル・パリズィアン・リベレ新聞社》

pic  レオミュール通り

pic  アンリ・ソヴァージュ、シャルル・サラザン《シテ・ラルジャンティーヌ》 [1] [2]

pic  フランツ・ジュルダン、アンリ・ソヴァージュ/アレクサンドル・ビゴほか《サマリーテーヌ百貨店》
       [1] [2] [3] [4] [5]

pic  パリの夜景


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:47 パリ、近代建築の時代
次の記事:45 西ヨーロッパの洞窟
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る