PHOTO ARCHIVES

45 西ヨーロッパの洞窟

フランス、スペイン旧石器時代洞窟壁画のある洞窟の入口

フランスは石灰岩の岩盤で形成されている地方が多く、数えきれないほどの洞窟がある。洞窟は入口がぽっかり露出しているものもあれば、目立たぬ場所にひそんでいるものもある。子供や犬が小さな穴に落ちて偶然洞窟や壁画を発見するといったエピソードが示すように、そもそも洞窟は人のために作られた空間ではないのである。
洞窟壁画を研究対象にしてきたため、数多くの洞窟を訪ね歩く機会を得た。しかし、洞窟内部を撮影することは原則的に禁止されているので、訪問記念に洞窟の入口を撮影するようになった。そこで気付いたのだが、入口は人の介在によって、また時の流れによってその形を大きく変えるということだ。20世紀中頃になって洞窟壁画を観光旅行で巡るようになって、有名な壁画のある洞窟では柵、塀、扉、道路の整備がなされ、駐車場、ショップ、さらには考古資料館が置かれるようになった。つまり、洞窟入口近辺が人工的に手が加えられていればいるほど、その洞窟が社会的に評価されている証拠でもある。しかしその反面、1960年代ラスコー洞窟で観光による壁画の劣化が避けがたいと判明して以来、新しく発見された洞窟壁画は一般に公開されることはほとんどなくなった。10年前に発見された有名なショーヴェ洞窟では、入口へ向かう道が封鎖され、扉の前には監視カメラが設置されている。
フォト・アーカイブスでは、観光洞窟、小規模観光洞窟、秘境的洞窟、非一般公開洞窟、放置された洞窟に分けて、フランス、スペイン旧石器時代壁画のある洞窟の入口のタイポロジーを紹介したいと思う。この写真が旧石器時代壁画のある洞窟の現状を伝える一資料となれば幸いである。



[撮影者:五十嵐ジャンヌ(先史美術史家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

[観光洞窟]

pic  ルフィニャック洞窟

pic  ニオ−洞窟

pic  レ・コンバレル洞窟

pic  フォン=ドゥ=ゴーム洞窟

pic  クーニャック洞窟

pic  マス=ダジル洞窟

pic  ベディヤック洞窟

pic  サンチマミーニェ洞窟

pic  イステュリッツ洞窟

pic  オクソセルハヤ洞窟

pic  エル・カスティリョ洞窟

pic  ラス・モネダス洞窟

pic  アルタミラ洞窟

[小規模観光洞窟]

pic  ベルニファル洞窟

pic  テジャ洞窟

pic  ティビラン洞窟

pic  エカイン洞窟

[秘境的洞窟と非一般公開洞窟]

pic  マルスーラス洞窟

pic  レ・トロワ=フレール洞窟

pic  チュック・ドードゥベール洞窟

pic  モンテスパン洞窟

pic  ラバスティード洞窟

pic  ル・ボワ=ドゥ=カンテ洞窟

pic  グルダン洞窟

pic  ル・ポルテル洞窟

pic  エブー洞窟

pic  マルスナック洞窟

pic  ペルグゼ洞窟

pic  サンテュラリー洞窟

pic  カリオー洞窟

pic  パピティエ洞窟

pic  ラ・ムート洞窟

pic  マイエンヌ=シアンス洞窟

pic  アルトッチェリ洞窟

pic  ラ・パシエーガ洞窟

[放置された洞窟]

pic  ラ・ビグルダンヌ洞窟

pic  ル・コロンビエ洞窟

[超観光洞窟(カトリック教の巡礼地)]

pic  ルルド洞窟


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:46 パリ、近代建築黎明期
次の記事:44 バングラデシュ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る