PHOTO ARCHIVES

45 西ヨーロッパの洞窟

フランス、スペイン旧石器時代洞窟壁画のある洞窟の入口

フランスは石灰岩の岩盤で形成されている地方が多く、数えきれないほどの洞窟がある。洞窟は入口がぽっかり露出しているものもあれば、目立たぬ場所にひそんでいるものもある。子供や犬が小さな穴に落ちて偶然洞窟や壁画を発見するといったエピソードが示すように、そもそも洞窟は人のために作られた空間ではないのである。
洞窟壁画を研究対象にしてきたため、数多くの洞窟を訪ね歩く機会を得た。しかし、洞窟内部を撮影することは原則的に禁止されているので、訪問記念に洞窟の入口を撮影するようになった。そこで気付いたのだが、入口は人の介在によって、また時の流れによってその形を大きく変えるということだ。20世紀中頃になって洞窟壁画を観光旅行で巡るようになって、有名な壁画のある洞窟では柵、塀、扉、道路の整備がなされ、駐車場、ショップ、さらには考古資料館が置かれるようになった。つまり、洞窟入口近辺が人工的に手が加えられていればいるほど、その洞窟が社会的に評価されている証拠でもある。しかしその反面、1960年代ラスコー洞窟で観光による壁画の劣化が避けがたいと判明して以来、新しく発見された洞窟壁画は一般に公開されることはほとんどなくなった。10年前に発見された有名なショーヴェ洞窟では、入口へ向かう道が封鎖され、扉の前には監視カメラが設置されている。
フォト・アーカイブスでは、観光洞窟、小規模観光洞窟、秘境的洞窟、非一般公開洞窟、放置された洞窟に分けて、フランス、スペイン旧石器時代壁画のある洞窟の入口のタイポロジーを紹介したいと思う。この写真が旧石器時代壁画のある洞窟の現状を伝える一資料となれば幸いである。



[撮影者:五十嵐ジャンヌ(先史美術史家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

[観光洞窟]

pic  ルフィニャック洞窟

pic  ニオ−洞窟

pic  レ・コンバレル洞窟

pic  フォン=ドゥ=ゴーム洞窟

pic  クーニャック洞窟

pic  マス=ダジル洞窟

pic  ベディヤック洞窟

pic  サンチマミーニェ洞窟

pic  イステュリッツ洞窟

pic  オクソセルハヤ洞窟

pic  エル・カスティリョ洞窟

pic  ラス・モネダス洞窟

pic  アルタミラ洞窟

[小規模観光洞窟]

pic  ベルニファル洞窟

pic  テジャ洞窟

pic  ティビラン洞窟

pic  エカイン洞窟

[秘境的洞窟と非一般公開洞窟]

pic  マルスーラス洞窟

pic  レ・トロワ=フレール洞窟

pic  チュック・ドードゥベール洞窟

pic  モンテスパン洞窟

pic  ラバスティード洞窟

pic  ル・ボワ=ドゥ=カンテ洞窟

pic  グルダン洞窟

pic  ル・ポルテル洞窟

pic  エブー洞窟

pic  マルスナック洞窟

pic  ペルグゼ洞窟

pic  サンテュラリー洞窟

pic  カリオー洞窟

pic  パピティエ洞窟

pic  ラ・ムート洞窟

pic  マイエンヌ=シアンス洞窟

pic  アルトッチェリ洞窟

pic  ラ・パシエーガ洞窟

[放置された洞窟]

pic  ラ・ビグルダンヌ洞窟

pic  ル・コロンビエ洞窟

[超観光洞窟(カトリック教の巡礼地)]

pic  ルルド洞窟


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:46 パリ、近代建築黎明期
次の記事:44 バングラデシュ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る