PHOTO ARCHIVES

34 イラン

1997年8月-10月にパキスタン・イラン・トルコに行ったときの写真である。
イランにあるペルシャ時代の繁栄を伝える遺跡やモスクを中心に撮影している。
モスクのコーランの文字とあわさった装飾とペルシアンブルーのタイルが強い日差しに映えてとても美しい。ただ、裏をのぞくと日干し煉瓦に土壁という質素な状態になっている。
テヘランやイスファハンなどの都市のインフラは周辺諸国とくらべ発達しており、 服装なども徐々に厳格なイスラムの生活から抜け出しつつある感じがした。

なお、写真は共に旅行した八板晋太郎と私が撮影したものである。



[撮影者:岡村裕次(建築家/多摩美術大学助手)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  テヘラン郊外

[イスファファン]

pic  メイダン・エ・イマーム(王の広場)[王のモスク]

pic  メイダン・エ・イマーム(王の広場)[シェイク・ロトフォラー・モスク]

pic  メイダン・エ・イマーム(王の広場)[アリ・ガプ宮殿]

pic  王の広場から金曜モスクまで続くバザール

pic  マスジッディ・ジョメー(金曜モスク) [1] [2]

pic  シオセポル橋

pic  ハージュ橋

[ミラーズ]

pic  シャー・チェラグ聖廟

pic  ミラーズのバザール

pic  ペルセポリス [1] [2] [3]

pic  ナクシェ・ロスタム

pic  アルゲ・バム [1] [2] [3]

pic  バムの町


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:35 アーメダバード
次の記事:33 佐藤敏宏
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...

仲俊治×能作文徳トークショー&サイン会「建築の新しい位置づけ」(渋谷区・9/10)

現代建築家コンセプト・シリーズ26『仲俊治|2つの循環』(仲俊治=著、LIXIL出版)の刊行を記念...

CIRCULATION SAITAMA(埼玉県・募集 -8/23)

JR京浜東北線やJR埼京線などの鉄道網により都心へのアクセスがよく、居住者の多いさいたま市ですが、...

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベ...

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る