PHOTO ARCHIVES

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

街は、さまざまなもので構成されている。地形、地名、歴史、建築や土木、そこに暮らす人々──これらが街としての個性や魅力をつくり出す。
「名古屋スリバチ学会」は、あいちトリエンナーレ2013の連携プログラム「SSDあいちトリエンナーレ分校」のワークショップ「名古屋凹凸地形探索」がきっかけで生まれた。同ワークショップで講師を務めた、皆川典久氏が主宰する「東京スリバチ学会」に触発されて、2014年から活動を開始した。
スリバチとはすり鉢状の地形(台地の端、または台地の内部に刻まれた、谷や窪地の凸凹〈でこぼこ〉)を指す。愛知県立芸術大学は尾張の東部丘陵地区にあり山を造成するのではなく地形を生かして建てられている。また、あいちトリエンナーレ2016の会場にもなった豊橋の水上ビルは、戦後の市街地の再開発に絡んで牟呂用水の上に建てられた珍しいビルで約800mも連なっている。
このように、地形からその上に建つ建築を見ていくのもおもしろい。ひとりで歩いているときは気付かないことも、大勢で歩くとそれぞれの視点の違いで新しく発見できるものがあり、まるで幕の内弁当のように多種多様な街の魅力を再発見できる。

今回は、名古屋スリバチ学会のフィールドワークで訪れた箇所を中心に写真をセレクトした。江戸期から昭和後期のものを古い順に紹介していく。なお写真は名古屋スリバチ学会とあい撮りカメラ部が撮影したものである。



[撮影者:水野晶彦(名古屋スリバチ学会)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:196 インド
次の記事:194 あいちトリエンナーレ2016
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る