PHOTO ARCHIVES

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

街は、さまざまなもので構成されている。地形、地名、歴史、建築や土木、そこに暮らす人々──これらが街としての個性や魅力をつくり出す。
「名古屋スリバチ学会」は、あいちトリエンナーレ2013の連携プログラム「SSDあいちトリエンナーレ分校」のワークショップ「名古屋凹凸地形探索」がきっかけで生まれた。同ワークショップで講師を務めた、皆川典久氏が主宰する「東京スリバチ学会」に触発されて、2014年から活動を開始した。
スリバチとはすり鉢状の地形(台地の端、または台地の内部に刻まれた、谷や窪地の凸凹〈でこぼこ〉)を指す。愛知県立芸術大学は尾張の東部丘陵地区にあり山を造成するのではなく地形を生かして建てられている。また、あいちトリエンナーレ2016の会場にもなった豊橋の水上ビルは、戦後の市街地の再開発に絡んで牟呂用水の上に建てられた珍しいビルで約800mも連なっている。
このように、地形からその上に建つ建築を見ていくのもおもしろい。ひとりで歩いているときは気付かないことも、大勢で歩くとそれぞれの視点の違いで新しく発見できるものがあり、まるで幕の内弁当のように多種多様な街の魅力を再発見できる。

今回は、名古屋スリバチ学会のフィールドワークで訪れた箇所を中心に写真をセレクトした。江戸期から昭和後期のものを古い順に紹介していく。なお写真は名古屋スリバチ学会とあい撮りカメラ部が撮影したものである。



[撮影者:水野晶彦(名古屋スリバチ学会)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:196 インド
次の記事:194 あいちトリエンナーレ2016
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る