PHOTO ARCHIVES

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編

街は、さまざまなもので構成されている。地形、地名、歴史、建築や土木、そこに暮らす人々──これらが街としての個性や魅力をつくり出す。
「名古屋スリバチ学会」は、あいちトリエンナーレ2013の連携プログラム「SSDあいちトリエンナーレ分校」のワークショップ「名古屋凹凸地形探索」がきっかけで生まれた。同ワークショップで講師を務めた、皆川典久氏が主宰する「東京スリバチ学会」に触発されて、2014年から活動を開始した。
スリバチとはすり鉢状の地形(台地の端、または台地の内部に刻まれた、谷や窪地の凸凹〈でこぼこ〉)を指す。愛知県立芸術大学は尾張の東部丘陵地区にあり山を造成するのではなく地形を生かして建てられている。また、あいちトリエンナーレ2016の会場にもなった豊橋の水上ビルは、戦後の市街地の再開発に絡んで牟呂用水の上に建てられた珍しいビルで約800mも連なっている。
このように、地形からその上に建つ建築を見ていくのもおもしろい。ひとりで歩いているときは気付かないことも、大勢で歩くとそれぞれの視点の違いで新しく発見できるものがあり、まるで幕の内弁当のように多種多様な街の魅力を再発見できる。

今回は、名古屋スリバチ学会のフィールドワークで訪れた箇所を中心に写真をセレクトした。江戸期から昭和後期のものを古い順に紹介していく。なお写真は名古屋スリバチ学会とあい撮りカメラ部が撮影したものである。



[撮影者:水野晶彦(名古屋スリバチ学会)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:196 インド
次の記事:194 あいちトリエンナーレ2016
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る