PHOTO ARCHIVES

190 ジョグジャカルタ・インドネシア

190 ジョグジャカルタ・インドネシア

前編のジャカルタ編に引き続き、2016年3月末にインドネシアを訪れた際の写真である。
インドネシアの奈良や京都と呼ばれるジョグジャカルタは、18世紀のジョグジャカルタ王朝の成立とともに生まれた穏やかな街だ。オランダによって王朝が滅びたジャカルタとは異なり、ジョグジャカルタでは王朝が存続し、第二次世界大戦後の独立運動時には臨時政府が置かれた歴史もある。またアートが盛んな街としても有名だ。海とムラピ山を結ぶ南北軸を中心に据えた都市計画が実行され、現在も王の居住するクラトン(王宮)や繁華街のマリオボロもこの軸上に位置している。その街並みにはオランダ、ポルトガル、イギリスに加え、中国からの入植者の影響も残り、不思議な雰囲気が漂う。また、ジョグジャカルタの近郊には、ボルブドゥール遺跡や、プランバナン寺院など1000年以上の歴史を紡ぐ遺跡が残され、ジャワの文化を現在にまで伝えている。
このような歴史の残る街だからなのか、建築と伝統やクラフトマンシップとの融合が数多く見られた。アガ・カーン建築賞も受賞したことのあるY.B.マングンウィジャヤによる2棟の建物は、けっして精緻ではないが、さまざまなパタンを用いた即興的な増改築の多面的な表情が魅力だ。また、ジャカルタ編でも取上げた、モダニズムの名手A.マーティンによる住宅においても、レンガを積んだファサードが見られるなど、見て回った建物には随所に人の手仕事の匂いが色濃く残るのが印象的であった。
今回は、遺跡、伝統建築、住宅、街並みなど要素の異なる写真を選定したが、モダンなジャカルタ編とはまた異なるジョグジャカルタの魅力が伝われば幸いである。



[撮影者:椚座基道+ハリー・カーニアワン(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:191 インドネシア、アロール島の伝統的建築
次の記事:189 ジャカルタ・インドネシア
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る