PHOTO ARCHIVES

190 ジョグジャカルタ・インドネシア

190 ジョグジャカルタ・インドネシア

前編のジャカルタ編に引き続き、2016年3月末にインドネシアを訪れた際の写真である。
インドネシアの奈良や京都と呼ばれるジョグジャカルタは、18世紀のジョグジャカルタ王朝の成立とともに生まれた穏やかな街だ。オランダによって王朝が滅びたジャカルタとは異なり、ジョグジャカルタでは王朝が存続し、第二次世界大戦後の独立運動時には臨時政府が置かれた歴史もある。またアートが盛んな街としても有名だ。海とムラピ山を結ぶ南北軸を中心に据えた都市計画が実行され、現在も王の居住するクラトン(王宮)や繁華街のマリオボロもこの軸上に位置している。その街並みにはオランダ、ポルトガル、イギリスに加え、中国からの入植者の影響も残り、不思議な雰囲気が漂う。また、ジョグジャカルタの近郊には、ボルブドゥール遺跡や、プランバナン寺院など1000年以上の歴史を紡ぐ遺跡が残され、ジャワの文化を現在にまで伝えている。
このような歴史の残る街だからなのか、建築と伝統やクラフトマンシップとの融合が数多く見られた。アガ・カーン建築賞も受賞したことのあるY.B.マングンウィジャヤによる2棟の建物は、けっして精緻ではないが、さまざまなパタンを用いた即興的な増改築の多面的な表情が魅力だ。また、ジャカルタ編でも取上げた、モダニズムの名手A.マーティンによる住宅においても、レンガを積んだファサードが見られるなど、見て回った建物には随所に人の手仕事の匂いが色濃く残るのが印象的であった。
今回は、遺跡、伝統建築、住宅、街並みなど要素の異なる写真を選定したが、モダンなジャカルタ編とはまた異なるジョグジャカルタの魅力が伝われば幸いである。



[撮影者:椚座基道+ハリー・カーニアワン(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:191 インドネシア、アロール島の伝統的建築
次の記事:189 ジャカルタ・インドネシア
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る