PHOTO ARCHIVES

189 ジャカルタ・インドネシア

189 ジャカルタ・インドネシア

2016年3月末に、ゼミ旅行でインドネシアを訪れた際の写真である。研究室のインドネシアからの博士課程の留学生・ハリー・カーニアワンの案内の元、ジャカルタとジョグジャカルタに訪問したが、前編のジャカルタ編では、ジャカルタの街並みと、現地の建築家の現代建築の作品を中心に紹介する。
急激な経済発展を続けるインドネシアの首都ジャカルタでは、鉄道インフラの整備の遅れから、朝晩のラッシュ時には猛烈な交通渋滞が発生し、巨大なショッピングモールと昔ながらの住宅街が相対するようなちぐはぐな開発が進行する一方で、ジャカルタ・コタ地区には、オランダ植民地時代の建築がいまなお壊されることなく残る。
そんな慌ただしい都市の状況のなか、インドネシアの建築家たちの主な仕事のフィールドは住宅にある。1998年のスハルト政権崩壊と民主化以降、アンドラ・マーティン、アディ・プルノモ、スタジオ・トントンなど、新しい建築家が登場したが、その歴史はまだ浅い。裕福なクライアントのもと郊外を中心に建てられた彼らの現代的な住宅作品に共通するのは、モダニズムの言語が今もなお生き続けていることだ。特に日陰を利用した涼やかなピロティや植栽の繁茂する屋上庭園は、自然環境との共生のあり方を示唆している。モダニズム建築といえば無装飾、端正、無骨といった印象が強いが、それらは環境条件と切り離された建築単体のイメージにほかならない。生い繁った木々が建築物の輪郭線をかき消し、周辺環境と調和することで、モダニズム建築もあたたかな表情を見せる。また、屋根や壁などいたるところで、遮断されることなく外部と通じて換気がなされ、その隙間から植物が室内に入り込んでくるような、ある意味でのゆるいデザインは、熱帯特有の環境という条件付きではあるが、建築を制約条件から解き放ち、自由な振る舞いを実感させる。
今後、インドネシアの建築家たちが公共建築など大型の建築へとフィールドを広げたとき、どのような展開を見せるかに注目していきたいと思う。後編では、インドネシアの古都ジョグジャカルタを中心に紹介する予定である。



[撮影者:椚座基道+ハリー・カーニアワン(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:190 ジョグジャカルタ・インドネシア
次の記事:188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る