PHOTO ARCHIVES

188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に

188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に

1950〜60年代のカンボジアでは、ノロドム・シハヌーク率いるサンクム・レアストル・ニヨム(人民社会主義共同体)の政権下で近代化が推し進められ、数多くの公共建築やインフラが建設された。「新クメール建築」と呼ばれる独特の近代建築運動が花開いたのはこの時代である。モダニズム建築とカンボジアの伝統文化を融合し、通風や遮熱などの工夫に表現を与えた新クメール建築は、熱帯の新興国で行なわれた国家的規模の建築実験と言える。しかし、1970年に内戦が勃発し反・都市主義者であるクメール・ルージュが権力を掌握すると、都市と建築は放棄され荒廃した。内戦中に難を逃れた建物もその後の混乱と近年の開発ブームのなかで解体の危機に瀕している。 2015年の元旦、この新クメール建築の代表的建築家であるヴァン・モリヴァンの作品を見るために、深夜バスでベトナムからプノンペンへと向かった。そこで「オリンピック・スタジアム」と呼ばれる体育館の荘厳な空間に魅了されて以来、調査旅行と当事者へのヒアリングを重ねている。 ここでは、2015〜16年にプノンペンとシハヌークヴィルで撮影した建築写真を、1950年代以前のコロニアル建築も含めて年代順に紹介する。また、カンボジア国外に存在する希有な事例として、神戸市の広陵町に移築され、いまなお自治会館として使用されている大阪万博カンボジア館も紹介する。なお、設計者・竣工年等に関しては、主に"Cultures of Independence"(Reyum, 2001)と"Building Cambodia: New Khmer Architecture 1953-70"(The Key Publisher, 2006)を参照した。



[撮影者:岩元真明(建築家/九州大学助教)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  不明《王宮》

pic  ジョルジュ・グロリエ《国立博物館》

pic  不明《理事長官府》

pic  不明《国立図書館》

pic  不明《パーリ語高等学校》

pic  J. デボワ+L. クーション《中央市場》

pic  ヴァン・モリヴァン+セン・スンテン《ソパン博士の住宅》

pic  ヴァン・モリヴァン《チャクトマック会議場》

pic  不明(フランス人建築家)《王立大学法学部校舎》

pic  ヴァン・モリヴァン《独立記念塔》

pic  ヴァン・モリヴァン《王宮内のストゥーパ》

pic  ヴァン・モリヴァン《サンクム・レアストル・ニヨム展示場》

pic  アハドベリー神父+ヴァン・モリヴァン(監修)《聖ミシェル教会》

pic  ヴァン・モリヴァン《シハヌークヴィルの公邸》

pic  アンリ・シャテル+ジャムシェッド・ペトリグラ《国立銀行宿舎》

pic  不明(ロシア人建築家)《カンボジア工科大学》

pic  ヴァン・モリヴァン+ウラジミール・ボディアンスキー(構造)《ナショナル・スポーツ・コンプレックス》

pic  ル・バン・ハップ+ウラジミール・ボディアンスキー(構造)《集合住宅(ホワイト・ビルディング)》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行職員宿舎(百の住宅)》

pic  ヴァン・モリヴァン《モリヴァン自邸》

pic  ヴァン・モリヴァン《チャムカモン宮殿(公邸)》

pic  ヴァン・モリヴァン《迎賓館》

pic  ル・バン・ハップ《ボパ・デヴィ王女の住宅》

pic  ル・バン・ハップ《ノロドム・シハヌークの住宅》

pic  ギー・ルマルシャン《ポチェントン空港迎賓施設》

pic  ヴァン・モリヴァン《キャピトル・シネマ改築》

pic  ヴァン・モリヴァン《軍警察本部》

pic  ヴァン・モリヴァン《財務省庁舎》

pic  ルロワ&モンデ《王立プノンペン大学》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行シハヌークヴィル支店》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行シハヌークヴィル支店宿舎》

pic  ヴァン・モリヴァン《SKDビール工場》

pic  M. モンデ+ノロドム・シハヌーク(内装監修)《インディペンデンス・ホテル》

pic  ル・バン・ハップ+ノロドム・シハヌーク(内装監修)《カンボジアナ・ホテル》

pic  ジョルジュ・コンドラキ+ギー・ルマルシャン(構造)《シハヌークヴィル鉄道駅》

pic  ウク・ソメス+ソウム・サムコル《大阪万博カンボジア館(移築)》

pic  ヴァン・モリヴァン《高等師範学校》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:189 ジャカルタ・インドネシア
次の記事:187 愛知(の知られざる建築)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ミサワホームAプロジェクト シンポジウム「そして、家族になる。」(7/13・新宿区)

今回のシンポジウムはカンヌの是枝監督にあやかって、「そして、家族になる。」です。そして、サブタイト...

出島表門橋製作ドキュメンタリー映像『BRIDGE』上映会+トーク(京都府・8/1)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリ...

建築情報学会キックオフ準備会議第3回(文京区・8/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

「道路空間の現在地 ストリート公開ブレスト!」ソトノバTABLE#19(中央区・7/12)

27回目となるソトノバTABLEのテーマは、「ストリート」!「道路空間」! ソトノバ・ラボのワー...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・7/8-)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

ARTPLAZA U_40 建築家展 2018(大分県・7/3-8)

現代において多様性は一つの社会的なキーワードです。様々な価値観や生き方が多中心に存在し、それらが...

早稲田まちづくりシンポジウム2018「社会デザインと計画論の未来」(新宿区・7/15)

26回目の開催となる今年のシンポジウムでは、「社会デザイン」を切り口に計画論の未来を考えます。 「...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

映画『ジェイン・ジェイコブズ ―ニューヨーク都市計画革命―』上映会+mosakiトークイベント(長崎県・7/8)

今もなお世界中の都市計画に影響を与え続ける作家・ジェイン・ジェイコブズの思想と活動に迫った話題の建...

RENOVATION 1998-2018 and then リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか(大阪府・7/7-14)

日本でリノベーションが誕生したとされる1998年から20年の時が流れました。この間、わたしたちの...

シンポジウム「日本建築学会賞(作品)を考える」(港区・7/3)

日本建築学会賞の受賞者に贈られる賞牌は古墳時代の銅鏡「家屋文鏡」のレプリカです。1950(昭和2...

大和ハウス工業株式会社寄付講座開講「文化の居場所を考える」(豊島区・6/28)

21世紀の文化の容れ物−変容するビルディングタイプソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...

伊藤暁建築設計事務所展「具体的な建築」(港区・6/8-7/23)

伊藤暁建築設計事務所の初の個展です。これまで考えてきた建築や、その手掛かりとなっていることがらを...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る