PHOTO ARCHIVES

188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に

188 カンボジアの近代建築──ヴァン・モリヴァンを中心に

1950〜60年代のカンボジアでは、ノロドム・シハヌーク率いるサンクム・レアストル・ニヨム(人民社会主義共同体)の政権下で近代化が推し進められ、数多くの公共建築やインフラが建設された。「新クメール建築」と呼ばれる独特の近代建築運動が花開いたのはこの時代である。モダニズム建築とカンボジアの伝統文化を融合し、通風や遮熱などの工夫に表現を与えた新クメール建築は、熱帯の新興国で行なわれた国家的規模の建築実験と言える。しかし、1970年に内戦が勃発し反・都市主義者であるクメール・ルージュが権力を掌握すると、都市と建築は放棄され荒廃した。内戦中に難を逃れた建物もその後の混乱と近年の開発ブームのなかで解体の危機に瀕している。 2015年の元旦、この新クメール建築の代表的建築家であるヴァン・モリヴァンの作品を見るために、深夜バスでベトナムからプノンペンへと向かった。そこで「オリンピック・スタジアム」と呼ばれる体育館の荘厳な空間に魅了されて以来、調査旅行と当事者へのヒアリングを重ねている。 ここでは、2015〜16年にプノンペンとシハヌークヴィルで撮影した建築写真を、1950年代以前のコロニアル建築も含めて年代順に紹介する。また、カンボジア国外に存在する希有な事例として、神戸市の広陵町に移築され、いまなお自治会館として使用されている大阪万博カンボジア館も紹介する。なお、設計者・竣工年等に関しては、主に"Cultures of Independence"(Reyum, 2001)と"Building Cambodia: New Khmer Architecture 1953-70"(The Key Publisher, 2006)を参照した。



[撮影者:岩元真明(建築家/九州大学助教)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  不明《王宮》

pic  ジョルジュ・グロリエ《国立博物館》

pic  不明《理事長官府》

pic  不明《国立図書館》

pic  不明《パーリ語高等学校》

pic  J. デボワ+L. クーション《中央市場》

pic  ヴァン・モリヴァン+セン・スンテン《ソパン博士の住宅》

pic  ヴァン・モリヴァン《チャクトマック会議場》

pic  不明(フランス人建築家)《王立大学法学部校舎》

pic  ヴァン・モリヴァン《独立記念塔》

pic  ヴァン・モリヴァン《王宮内のストゥーパ》

pic  ヴァン・モリヴァン《サンクム・レアストル・ニヨム展示場》

pic  アハドベリー神父+ヴァン・モリヴァン(監修)《聖ミシェル教会》

pic  ヴァン・モリヴァン《シハヌークヴィルの公邸》

pic  アンリ・シャテル+ジャムシェッド・ペトリグラ《国立銀行宿舎》

pic  不明(ロシア人建築家)《カンボジア工科大学》

pic  ヴァン・モリヴァン+ウラジミール・ボディアンスキー(構造)《ナショナル・スポーツ・コンプレックス》

pic  ル・バン・ハップ+ウラジミール・ボディアンスキー(構造)《集合住宅(ホワイト・ビルディング)》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行職員宿舎(百の住宅)》

pic  ヴァン・モリヴァン《モリヴァン自邸》

pic  ヴァン・モリヴァン《チャムカモン宮殿(公邸)》

pic  ヴァン・モリヴァン《迎賓館》

pic  ル・バン・ハップ《ボパ・デヴィ王女の住宅》

pic  ル・バン・ハップ《ノロドム・シハヌークの住宅》

pic  ギー・ルマルシャン《ポチェントン空港迎賓施設》

pic  ヴァン・モリヴァン《キャピトル・シネマ改築》

pic  ヴァン・モリヴァン《軍警察本部》

pic  ヴァン・モリヴァン《財務省庁舎》

pic  ルロワ&モンデ《王立プノンペン大学》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行シハヌークヴィル支店》

pic  ヴァン・モリヴァン《国立銀行シハヌークヴィル支店宿舎》

pic  ヴァン・モリヴァン《SKDビール工場》

pic  M. モンデ+ノロドム・シハヌーク(内装監修)《インディペンデンス・ホテル》

pic  ル・バン・ハップ+ノロドム・シハヌーク(内装監修)《カンボジアナ・ホテル》

pic  ジョルジュ・コンドラキ+ギー・ルマルシャン(構造)《シハヌークヴィル鉄道駅》

pic  ウク・ソメス+ソウム・サムコル《大阪万博カンボジア館(移築)》

pic  ヴァン・モリヴァン《高等師範学校》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:189 ジャカルタ・インドネシア
次の記事:187 愛知(の知られざる建築)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る