PHOTO ARCHIVES

181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)

181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)

毎年4月に開催されるミラノサローネに合わせて、ミラノ市街各所ではフォーリサローネが開催されるのだが、そこに大学の仲間たちとともに作品を出展する機会を得たため、2015年の4月半ばに2週間ほどイタリアに滞在した。この旅ではミラノやローマを中心として五つの都市へ訪れることができ、その際に撮影した写真を2回にわたって紹介する。

キリスト教の最大教派・カトリックの総本山であるヴァチカンをローマに内包し、また大多数の国民がカトリックを信仰しているイタリアでは、都市の中にいくつもの教会があり、大聖堂を中心に街が形成されていることが多い。その国土は南北に長いため、緯度の高い北部の都市は明るい時間が日本と比べて非常に長く、訪れた当初はやはり違和感があった。しかし、気候は日本に似て温暖で四季もあるため、慣れてしまえば日本人にとっても非常に過ごしやすい国であると思う。
サローネ会期中の空き時間にはミラノを拠点としてトリノ、ヴェネツィア、フィレンツェといった北部の都市をまわり、会期後は南下してローマを訪れた。私にとって初めての海外であっただけにつねに少なからず不安があったが、初めて見る異国の地の風景は、どこをとっても目を奪われるようなものであった。とくに教会等の宗教建築においては、繊細な装飾による荘厳な雰囲気にただただ圧倒されるばかりであった。
今回の旅の主目的は作品の展示と来場者への案内であったため、拠点としていたミラノでも観光にそれほど時間をかけることはできず、ローマでは3日間、その他の3都市においてはそれぞれ半日から1日程度の滞在という強行的な旅であり、さまざまを見落としがちであったと思う。しかし、初めての異国の地であっただけに、短い期間ながらもこれまでにない体験ができた2週間であった。
なお今回は、ミラノ、トリノ、フィレンツェでの写真から103点を掲載する。



[撮影者:沖山颯(武蔵野大学環境学部)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ミラノ大聖堂

pic  ジュゼッペ・メンゴーニ《ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア》

pic  ドナト・ブラマンテ《サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会》

pic  アルベルト・ファーヴァ《ミラノ中央駅のトレイン・シェッド内部》

pic  シーザー・ペリ《ウニクレディト・タワー》

pic  ステファノ・ボエリ《垂直の森》

pic  ファビオ・ノヴェンブレ《カーザ・ミラン》

pic  ウリッセ・スタッキーニ《サン・シーロ(スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)》

pic  ミラノの街並

pic  カルロ・モレッロ《サヴォイア家の王宮と王宮武器庫》

pic  フィリッポ・ユヴァッラ《マダマ宮殿(市立古典美術館)》

pic  アレッサンドロ・アントネッリ《モーレ・アントネリアーナ》

pic  フォスター・アンド・パートナーズ《キャンパス・ルイジ・エイナウディ》

pic  ポルタ・スーザ駅

pic  ジョルジェット・ジウジアーロ《ユヴェントス・スタジアム》

pic  トリノの街並

pic  サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

pic  レオン・バッティスタ・アルベルティ《サンタ・マリア・ノヴェッラ教会》

pic  フィリッポ・ブルネレスキ《サン・ロレンツォ教会》

pic  オルサンミケーレ教会

pic  アルノルフォ・ディ・カンビオ《ヴェッキオ宮殿》

pic  アルノ川とヴェッキオ橋

pic  フィレンツェの街並

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:182 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(後半)
次の記事:180 ドバイ及び周辺国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る