PHOTO ARCHIVES

181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)

181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)

毎年4月に開催されるミラノサローネに合わせて、ミラノ市街各所ではフォーリサローネが開催されるのだが、そこに大学の仲間たちとともに作品を出展する機会を得たため、2015年の4月半ばに2週間ほどイタリアに滞在した。この旅ではミラノやローマを中心として五つの都市へ訪れることができ、その際に撮影した写真を2回にわたって紹介する。

キリスト教の最大教派・カトリックの総本山であるヴァチカンをローマに内包し、また大多数の国民がカトリックを信仰しているイタリアでは、都市の中にいくつもの教会があり、大聖堂を中心に街が形成されていることが多い。その国土は南北に長いため、緯度の高い北部の都市は明るい時間が日本と比べて非常に長く、訪れた当初はやはり違和感があった。しかし、気候は日本に似て温暖で四季もあるため、慣れてしまえば日本人にとっても非常に過ごしやすい国であると思う。
サローネ会期中の空き時間にはミラノを拠点としてトリノ、ヴェネツィア、フィレンツェといった北部の都市をまわり、会期後は南下してローマを訪れた。私にとって初めての海外であっただけにつねに少なからず不安があったが、初めて見る異国の地の風景は、どこをとっても目を奪われるようなものであった。とくに教会等の宗教建築においては、繊細な装飾による荘厳な雰囲気にただただ圧倒されるばかりであった。
今回の旅の主目的は作品の展示と来場者への案内であったため、拠点としていたミラノでも観光にそれほど時間をかけることはできず、ローマでは3日間、その他の3都市においてはそれぞれ半日から1日程度の滞在という強行的な旅であり、さまざまを見落としがちであったと思う。しかし、初めての異国の地であっただけに、短い期間ながらもこれまでにない体験ができた2週間であった。
なお今回は、ミラノ、トリノ、フィレンツェでの写真から103点を掲載する。



[撮影者:沖山颯(武蔵野大学環境学部)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ミラノ大聖堂

pic  ジュゼッペ・メンゴーニ《ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア》

pic  ドナト・ブラマンテ《サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会》

pic  アルベルト・ファーヴァ《ミラノ中央駅のトレイン・シェッド内部》

pic  シーザー・ペリ《ウニクレディト・タワー》

pic  ステファノ・ボエリ《垂直の森》

pic  ファビオ・ノヴェンブレ《カーザ・ミラン》

pic  ウリッセ・スタッキーニ《サン・シーロ(スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)》

pic  ミラノの街並

pic  カルロ・モレッロ《サヴォイア家の王宮と王宮武器庫》

pic  フィリッポ・ユヴァッラ《マダマ宮殿(市立古典美術館)》

pic  アレッサンドロ・アントネッリ《モーレ・アントネリアーナ》

pic  フォスター・アンド・パートナーズ《キャンパス・ルイジ・エイナウディ》

pic  ポルタ・スーザ駅

pic  ジョルジェット・ジウジアーロ《ユヴェントス・スタジアム》

pic  トリノの街並

pic  サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

pic  レオン・バッティスタ・アルベルティ《サンタ・マリア・ノヴェッラ教会》

pic  フィリッポ・ブルネレスキ《サン・ロレンツォ教会》

pic  オルサンミケーレ教会

pic  アルノルフォ・ディ・カンビオ《ヴェッキオ宮殿》

pic  アルノ川とヴェッキオ橋

pic  フィレンツェの街並

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:182 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(後半)
次の記事:180 ドバイ及び周辺国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トークイベント「みんなの家、その先へ──3.11から学ぶ明日の住まい、建築」(宮城県・6/21)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは? 行政や企業へ期待するこ...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

建築レクチュアシリーズ217 藤本壮介(大阪・5/1)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る