PHOTO ARCHIVES

170 ダム

170 ダム

山中を車で走っていると必ずといっていいほどダムと出逢う。日本にはいわゆる「ダム」と呼ばれるものは約3,000基あるので、避けて走るのが難しいくらいである。自然の中にある大きな人工物は存在感があり圧倒される。また、ダムによってつくられた湖は自然と調和してとても美しい。
ダムとは、河川法により高さが15メートル以上のものと定義されていて、それ以下は堰堤と呼ばれている。ダムにはさまざまな形式があり、建設される地質・地盤、地震の頻度、建設時期によって形式が決められている。おもな形式として多い順に、アースダム、重力式コンクリートダム、ロックフィルダム、アーチ式コンクリートダム、コンバイン(複合型)ダム、中空重力式コンクリートダム、重力式アーチダム、台形CSGダム、バットレスダム、マルチプルアーチダムがある。上位3形式(アース、重力式コンクリート、ロックフィル)で全体の約95%を占めている。映画『黒部の太陽』でも知られる富山県の黒部ダムは、アーチ式コンクリートダムである。ダムの目的としては、洪水調整、水道、かんがい、発電等があり、複数の目的があるダムは多目的ダムと呼ばれている。
古いダムのなかには重要文化財に指定されているのものあり、今回紹介したなかでは豊稔池ダムが指定されている。最近はダムカードというトレーディングカードが全国のダムで配布されている。カードにはダムの写真・形式・目的・諸元が記載されており、ひそかなブームになっている。
今回の写真は古いものから新しいもの、いろいろな形式のもの、そのなかでも珍しいもの・金字塔となっているものを中心にセレクトした。



[撮影者:水野晶彦(ダム愛好家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  温井ダム(アーチ式コンクリート)

pic  下筌ダム(アーチ式コンクリート)

pic  灰塚ダム(重力式コンクリート)

pic  丸山ダム(重力式コンクリート)

pic  九頭竜ダム(ロックフィル)

pic  五十里ダム(重力式コンクリート)

pic  黒部ダム(重力式コンクリート)

pic  三成ダム(アーチ式コンクリート)

pic  小里川ダム(重力式コンクリート)

pic  小渕防災ダム(ロックフィル)

pic  新豊根ダム(アーチ式コンクリート)

pic  摺上川ダム(ロックフィル)

pic  石徹白ダム(重力式アーチダム)

pic  仙台環境開発大倉ダム(マルティプルアーチ)

pic  大滝ダム(重力式コンクリート)

pic  丹生川ダム(重力式コンクリート)

pic  池原ダム(アーチ式コンクリート)

pic  中里ダム(アースダム)

pic  忠別ダム(コンバイン:重力式+ロックフィル)

pic  徳山ダム(ロックフィル)

pic  内の倉ダム(中空重力式コンクリート)

pic  馬ヶ城ダム(重力式コンクリート)

pic  畑薙第一ダム(中空重力式コンクリート)

pic  尾原ダム(重力式コンクリート)

pic  風屋ダム(重力式コンクリート)

pic  福地ダム(ロックフィル)

pic  豊稔池ダム(マルティプルアーチ)

pic  名倉ダム(重力式コンクリート)

pic  木地山ダム(中空重力式コンクリート)

pic  蓮ダム(重力式コンクリート)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:171 国鉄の建築
次の記事:169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る