PHOTO ARCHIVES

170 ダム

170 ダム

山中を車で走っていると必ずといっていいほどダムと出逢う。日本にはいわゆる「ダム」と呼ばれるものは約3,000基あるので、避けて走るのが難しいくらいである。自然の中にある大きな人工物は存在感があり圧倒される。また、ダムによってつくられた湖は自然と調和してとても美しい。
ダムとは、河川法により高さが15メートル以上のものと定義されていて、それ以下は堰堤と呼ばれている。ダムにはさまざまな形式があり、建設される地質・地盤、地震の頻度、建設時期によって形式が決められている。おもな形式として多い順に、アースダム、重力式コンクリートダム、ロックフィルダム、アーチ式コンクリートダム、コンバイン(複合型)ダム、中空重力式コンクリートダム、重力式アーチダム、台形CSGダム、バットレスダム、マルチプルアーチダムがある。上位3形式(アース、重力式コンクリート、ロックフィル)で全体の約95%を占めている。映画『黒部の太陽』でも知られる富山県の黒部ダムは、アーチ式コンクリートダムである。ダムの目的としては、洪水調整、水道、かんがい、発電等があり、複数の目的があるダムは多目的ダムと呼ばれている。
古いダムのなかには重要文化財に指定されているのものあり、今回紹介したなかでは豊稔池ダムが指定されている。最近はダムカードというトレーディングカードが全国のダムで配布されている。カードにはダムの写真・形式・目的・諸元が記載されており、ひそかなブームになっている。
今回の写真は古いものから新しいもの、いろいろな形式のもの、そのなかでも珍しいもの・金字塔となっているものを中心にセレクトした。



[撮影者:水野晶彦(ダム愛好家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  温井ダム(アーチ式コンクリート)

pic  下筌ダム(アーチ式コンクリート)

pic  灰塚ダム(重力式コンクリート)

pic  丸山ダム(重力式コンクリート)

pic  九頭竜ダム(ロックフィル)

pic  五十里ダム(重力式コンクリート)

pic  黒部ダム(重力式コンクリート)

pic  三成ダム(アーチ式コンクリート)

pic  小里川ダム(重力式コンクリート)

pic  小渕防災ダム(ロックフィル)

pic  新豊根ダム(アーチ式コンクリート)

pic  摺上川ダム(ロックフィル)

pic  石徹白ダム(重力式アーチダム)

pic  仙台環境開発大倉ダム(マルティプルアーチ)

pic  大滝ダム(重力式コンクリート)

pic  丹生川ダム(重力式コンクリート)

pic  池原ダム(アーチ式コンクリート)

pic  中里ダム(アースダム)

pic  忠別ダム(コンバイン:重力式+ロックフィル)

pic  徳山ダム(ロックフィル)

pic  内の倉ダム(中空重力式コンクリート)

pic  馬ヶ城ダム(重力式コンクリート)

pic  畑薙第一ダム(中空重力式コンクリート)

pic  尾原ダム(重力式コンクリート)

pic  風屋ダム(重力式コンクリート)

pic  福地ダム(ロックフィル)

pic  豊稔池ダム(マルティプルアーチ)

pic  名倉ダム(重力式コンクリート)

pic  木地山ダム(中空重力式コンクリート)

pic  蓮ダム(重力式コンクリート)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:171 国鉄の建築
次の記事:169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る