PHOTO ARCHIVES

160 メタボリズム

160 メタボリズム

2013年6月から9月末までメタボリズム建築の見学を断続的に行なった。
メタボリズムは生物学用語の新陳代謝を応用し、変化や成長が可能な建築・都市の構想を目的として結成されたグループであり、1960年代の日本建築独自の運動である。建築家の菊竹清訓、黒川紀章、槇文彦、大高正人、建築評論家の川添登、デザイナーの粟津潔、栄久庵憲司で構成され、彼らは次々と架空のプロジェクトを打ち立て、同時に実作をつくっていった。1960年代は彼等が建築家として活躍し始める時期と重なり、これらの建築は地域の特性とは無関係に日本各地に散らばっている。メタボリズム建築というと定義が曖昧なので今回は1960年代の菊竹、黒川、槇、大高に加え、丹下健三の作品を取り上げる。丹下健三は直接的なメンバーではないが、メタボリズムを語るうえで重要な位置を占める。丹下研究室の門下生に黒川、槇、大高がおり、丹下自身もメタボリズム・グループのお披露目の場であった1960年の世界デザイン会議では実行委員を務めるはずだった。しかし彼自身はMITの客員としてアメリカに滞在していた。そのためデザイン会議の取りまとめは当時丹下の右腕だった浅田孝が行なった。そのため代表作である《広島平和記念資料館》《香川県庁舎》《静岡新聞・静岡放送ビル》《山梨文化会館》の4作品も含めた。
実際に見ていくと、建築家の想定した未来とは関係なく、使用者の需要によって増築がなされている事、そしてあくまで自治体の裁量で建築の寿命が決まっていくことがわかった。県民性によって決まるといってもいい。丁寧に修繕されながら使われているものは当時の趣が感じられるが、建築に時間の概念を組み込んだメタボリズムの建築が、皮肉にも硬直してしまっていると考えることもできる。一方で解体事例も少なくない。《中銀カプセルタワービル》は取り壊しの危機に陥り、日本建築学会やDOCOMOMO等の保存運動により、解体を免れ、現在カプセルが改修中である。見学時は、建物全体にネットがかけられていた。《久留米市民会館》は老朽化のため改修が追いつかず、取り壊す方針となっている。奇しくも菊竹の実験的な試みが随所に見られる作品である。同じく菊竹設計の《岩手県立図書館》は《もりおか歴史文化館》としてコンバージョンされている。
建て替えか改修か、戦後近代建築への風当たりが強いなか、メタボリズム建築もまた存続するか否か節目の時を迎えている。



[撮影者:森翔太(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:161 四国
次の記事:159 大谷石
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る