PHOTO ARCHIVES

149 韓国[2]

149 韓国[2]

2011年9月、旧暦のお盆にあたる秋夕(チュソク)が明けたばかりの時期に韓国を訪れた。秋の澄んだ空気のなか、丹青(タンチョン)と呼ばれる彩色とともに、周囲の風景と見事に調和した厳かな佇まいが印象に残る。ここでは7日間の調査で撮影した、韓国各地の重要な古建築の写真を紹介したい。
仁川空港到着後、まずは韓国東南部の慶尚北道へ行き、そこから慶尚南道、忠清南道、忠清北道と周って、水原、江華島へ向かい、最後にソウルへと戻ってくるというコースをとった。以下では韓国における寺院建築様式について、簡単にではあるが代表的建築の例とともに概説する。
韓国建築の構造形式には、疎組にあたる柱心包式、詰組にあたる多包式、そして韓国建築独自の様式である翼工式がある。柱心包式は高麗時代以前にもっとも一般的に用いられていた様式であり、浮石寺無量壽殿修徳寺大雄殿などがこの形式で建てられた代表的傑作とされている。朝鮮時代初期の柱心包建築を代表する建築としては銀海寺居祖庵霊山殿観龍寺薬師殿開目寺円通殿、後期のものとして高山寺大雄殿などがある。
多包式は高麗時代後期に朝鮮にもたらされたものと考えられており、朝鮮時代に入ると規模の大きな建物はほとんどがこの様式で建てられるようになった。多包式建築を代表する寺院建築には、朝鮮時代初期の例である鳳停寺大雄殿、後期のものとして観龍寺大雄殿傳燈寺大雄殿および薬師殿などが代表的である。
五重塔の形に造られた法住寺捌相殿、特異な平面形式をとる通度寺大雄殿など、朝鮮時代後期にはそれまでは見られなかったような多彩な多包式建築が登場し、韓国の建築文化がその独自性を表わすようになっていったとされている。

[謝辞]
今回は多くの方々のご協力のおかげで特別に許可を得ることができ、貴重な写真を撮影させていただいた。韓国・漢陽大学校の韓東洙教授、東京大学大学院博士課程の金碩顯氏、建築装飾技術史研究所の窪寺茂所長、東北大学大学院の野村俊一助教に、この場をお借りして心より御礼申し上げたい。



[撮影者:加藤慧(東北大学大学院 都市・建築学専攻)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:150 タイ[2]
次の記事:148 イギリス中部・南部
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る