PHOTO ARCHIVES

149 韓国[2]

149 韓国[2]

2011年9月、旧暦のお盆にあたる秋夕(チュソク)が明けたばかりの時期に韓国を訪れた。秋の澄んだ空気のなか、丹青(タンチョン)と呼ばれる彩色とともに、周囲の風景と見事に調和した厳かな佇まいが印象に残る。ここでは7日間の調査で撮影した、韓国各地の重要な古建築の写真を紹介したい。
仁川空港到着後、まずは韓国東南部の慶尚北道へ行き、そこから慶尚南道、忠清南道、忠清北道と周って、水原、江華島へ向かい、最後にソウルへと戻ってくるというコースをとった。以下では韓国における寺院建築様式について、簡単にではあるが代表的建築の例とともに概説する。
韓国建築の構造形式には、疎組にあたる柱心包式、詰組にあたる多包式、そして韓国建築独自の様式である翼工式がある。柱心包式は高麗時代以前にもっとも一般的に用いられていた様式であり、浮石寺無量壽殿修徳寺大雄殿などがこの形式で建てられた代表的傑作とされている。朝鮮時代初期の柱心包建築を代表する建築としては銀海寺居祖庵霊山殿観龍寺薬師殿開目寺円通殿、後期のものとして高山寺大雄殿などがある。
多包式は高麗時代後期に朝鮮にもたらされたものと考えられており、朝鮮時代に入ると規模の大きな建物はほとんどがこの様式で建てられるようになった。多包式建築を代表する寺院建築には、朝鮮時代初期の例である鳳停寺大雄殿、後期のものとして観龍寺大雄殿傳燈寺大雄殿および薬師殿などが代表的である。
五重塔の形に造られた法住寺捌相殿、特異な平面形式をとる通度寺大雄殿など、朝鮮時代後期にはそれまでは見られなかったような多彩な多包式建築が登場し、韓国の建築文化がその独自性を表わすようになっていったとされている。

[謝辞]
今回は多くの方々のご協力のおかげで特別に許可を得ることができ、貴重な写真を撮影させていただいた。韓国・漢陽大学校の韓東洙教授、東京大学大学院博士課程の金碩顯氏、建築装飾技術史研究所の窪寺茂所長、東北大学大学院の野村俊一助教に、この場をお借りして心より御礼申し上げたい。



[撮影者:加藤慧(東北大学大学院 都市・建築学専攻)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:150 タイ[2]
次の記事:148 イギリス中部・南部
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る