PHOTO ARCHIVES

149 韓国[2]

149 韓国[2]

2011年9月、旧暦のお盆にあたる秋夕(チュソク)が明けたばかりの時期に韓国を訪れた。秋の澄んだ空気のなか、丹青(タンチョン)と呼ばれる彩色とともに、周囲の風景と見事に調和した厳かな佇まいが印象に残る。ここでは7日間の調査で撮影した、韓国各地の重要な古建築の写真を紹介したい。
仁川空港到着後、まずは韓国東南部の慶尚北道へ行き、そこから慶尚南道、忠清南道、忠清北道と周って、水原、江華島へ向かい、最後にソウルへと戻ってくるというコースをとった。以下では韓国における寺院建築様式について、簡単にではあるが代表的建築の例とともに概説する。
韓国建築の構造形式には、疎組にあたる柱心包式、詰組にあたる多包式、そして韓国建築独自の様式である翼工式がある。柱心包式は高麗時代以前にもっとも一般的に用いられていた様式であり、浮石寺無量壽殿修徳寺大雄殿などがこの形式で建てられた代表的傑作とされている。朝鮮時代初期の柱心包建築を代表する建築としては銀海寺居祖庵霊山殿観龍寺薬師殿開目寺円通殿、後期のものとして高山寺大雄殿などがある。
多包式は高麗時代後期に朝鮮にもたらされたものと考えられており、朝鮮時代に入ると規模の大きな建物はほとんどがこの様式で建てられるようになった。多包式建築を代表する寺院建築には、朝鮮時代初期の例である鳳停寺大雄殿、後期のものとして観龍寺大雄殿傳燈寺大雄殿および薬師殿などが代表的である。
五重塔の形に造られた法住寺捌相殿、特異な平面形式をとる通度寺大雄殿など、朝鮮時代後期にはそれまでは見られなかったような多彩な多包式建築が登場し、韓国の建築文化がその独自性を表わすようになっていったとされている。

[謝辞]
今回は多くの方々のご協力のおかげで特別に許可を得ることができ、貴重な写真を撮影させていただいた。韓国・漢陽大学校の韓東洙教授、東京大学大学院博士課程の金碩顯氏、建築装飾技術史研究所の窪寺茂所長、東北大学大学院の野村俊一助教に、この場をお借りして心より御礼申し上げたい。



[撮影者:加藤慧(東北大学大学院 都市・建築学専攻)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:150 タイ[2]
次の記事:148 イギリス中部・南部
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る