PHOTO ARCHIVES

144 ベトナム南部

144 ベトナム南部

ホーチミンで設計活動を始めてずいぶん経つが、ようやくこの常夏の厳しい気候にも慣れてきたところだ。2012年現在のベトナムは、ユーロ危機のあおりを受けた国内経済は落ち着きを見せているものの、日本や中国をはじめとする諸外国からの投資はいまだ活発で、まさに発展途上の様相を呈している。都市中心部では高層ビル群が増えており再開発計画も盛んだが、未整備のエリアも多いため路上でのアクティヴィティと現代的な建物が共存する東南アジアらしい街並みを見ることができる。また、ホーチミン近郊ではベトナムならではの豊かなメコンデルタやビーチエリアといった多くの自然に触れられる。

ベトナムはその複雑な国家の生い立ちから時代や地域ごとにさまざまな建築形式が生まれ、見所も多い。中部では15世紀まで続いたチャンパ王国の遺跡群や、ベトナム最後の王朝である阮(グエン)朝の都であったフエ、交易都市として栄えたホイアンといった古都市が見られる。ホーチミンとハノイの南北2大都市では、19世紀のフランス統治時代に建てられたコロニアルスタイル建築や、南北分裂後に建てられた近代建築、そして2000年以降の現代建築といったさまざまな建築を訪れることができる。

今回はベトナムで設計活動を行なう日本人アーキテクト6人でホーチミン、ハノイを中心にベトナム建築の調査を行なった。雑誌『SD』(1996年3月号)の「ベトナム建築大博覧」のほか、現地の建築家やさまざまな資料をもとに多くの建築を訪れ、ベトナムの優れた近代建築を再発見することができた。また、2000年以降に建てられた、これから増えていくであろう若い建築家による現代建築も見逃せない。



[撮影者:佐貫大輔+西澤俊理(S+Na.)、岩元真明+西島光輔+大西邦子(VTN)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:145 ベトナム北部
次の記事:143 中国(浙江省)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベ...

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の...

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る