PHOTO ARCHIVES

126 アメリカ東海岸

ミネアポリスからアメリカ有数のLCC(ローコストキャリア)・サウスウェストでNYへと渡った。広大なアメリカでは飛行機を有効に利用することが効率の良い旅の秘訣だ。

NYは他のアメリカの都市とはまったく違う、賑わいと発展を見せていた。
世界有数の都市公園セントラルパークとマンハッタンの最新建築群。それらを縦横無尽に走る地下鉄やバスの交通網と人々の活動がアメリカ最大の都市ということを物語っていた。
グリッド型ゾーニングをナナメに《ブロードウェイ》が貫き、多くの変化を与えていた。そんな《ブロードウェイ》が生み出した《タイムズスクエア》はアメリカのエンターテインメントをすべて凝縮したようなエキサイティングな広場だった。EUの広場とも、日本の広場とも違うアメリカ型広場の象徴であった。
そんな大都市で日本の事務所である谷口建築設計研究所が拡張計画を担当したMoMAは大きな存在感を放っていた。金曜日の夜には無料解放されるMoMAは53th St.と54th St.を繋ぐエントランスを通じて、館内全体がまるで公園のような賑わいがあり、美術館の理想型のひとつなのではないかと思えた。

2カ月にわたるアメリカ大陸の旅は、ワシントンD.C.の《ダレス国際空港》で締めくくった。サーリネンによる空間を体験し、やはり空港はドラマチックでなければならないと人一倍に感じた瞬間であった。



[撮影者:檜垣幸志(日本大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  谷口吉生《ニューヨーク近代美術館》 [1]

pic  谷口吉生《ニューヨーク近代美術館》 [2]

pic  ミース・ファン・デル・ローエ+フィリップ・ジョンソン《シーグラムビル》

pic  ウォレス・ハリソン、エーロ・サーリネンほか《リンカーン・センター》

pic  エーロ・サーリネン《TWAターミナル》

pic  SANAA《ニューミュージアム》

pic  エーロ・サーリネン《CBS ビル》

pic  タイムズスクエア

pic  ニューヨーク

pic  エーロ・サーリネン《MIT チャペル》

pic  エーロ・サーリネン《クレスゲ・オーディトリアム》

pic  スティーヴン・ホール《シモンズ・ホール》

pic  アルヴァ・アアルト《ベイカー・ハウス》

pic  フランク・O・ゲーリー《MIT ステイタ・センター》

pic  ル・コルビュジエ《カーペンター視覚芸術センター》

pic  ジョン・アンドリュース《ハーバード大学大学院デザインスクール棟》

pic  槇文彦《MITメディア・ラボ》

pic  ルイス・I・カーン《イエール大学英国美術センター 》

pic  ルイス・I・カーン《イエール大学アートギャラリー》

pic  スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル《ベイニック稀少書図書館》

pic  ポール・ルドルフ《イエール大学建築学部棟》

pic  エーロ・サーリネン《イーガルス・ホッケーリンク》

pic  ルイス・I・カーン《エクセター図書館》 [1]

pic  ルイス・I・カーン《エクセター図書館》 [2]

pic  エーロ・サーリネン《ダレス空港》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:127 スペイン(カサレス+バレンシア)
次の記事:125 アメリカ中部
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る