PHOTO ARCHIVES

125 アメリカ中部

アメリカの街はどこも構成が似ていた。ダウンタウンにすべてが集中し、住宅はそのまわりに建てられる。みな自家用車で移動するため、少しダウンタウンから離れると歩いている人はほとんどいなかった。この特徴は中部ではもっと顕著で、ダラスやセントルイスは治安が悪く、ダウンタウンですら歩いている人は少ない。超高層建築などの最先端地域のすぐそばに、強盗などが頻繁に起きる地域があるという現実を肌で感じた。
そのような街の構成のなかで独自の発展をしていたのがシカゴの超高層建築群、ミネアポリスのスカイウェイである。シカゴは1871年に起きた大火の復興のため鉄の建築が推奨された結果、超高層建築建設ラッシュの先駆となり、戦後には世界一の高さを誇っていた《ウィリス・タワー》などが建設され、現在のスカイラインの原型となっている。ミネアポリスは冬には平均マイナス10度まで冷え込むという厳しい環境に対応して、ダウンタウンのビルの2階を結ぶスカイウェイが発達した。これはダウンタウンの80ブロックにわたり、総延長は11kmにおよぶ大規模なものである。アメリカのグリッド型ゾーニングの中に、このような自然発生な要素が組み込まれると街全体が魅了的になるのだと感じた。
建築ではエーロ・サーリネンによる《ゲートウェイ・アーチ》は感動した。あんなに美しく雄大な線を描くものは見た事がなかった。まさに象徴という言葉がふさわしい建築であった。

これらは2010年8月〜10月までの2カ月間にわたってアメリカ縦横断の旅に出たときの写真の一部である。



[撮影者:檜垣幸志(日本大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《ヒューストン美術館》

pic  レンゾ・ピアノ《メニル・コレクション》

pic  ルイス・I・カーン《キンベル美術館》

pic  安藤忠雄《フォートワース現代美術館》

pic  レンゾ・ピアノ《ナッシャー彫刻センター》

pic  ノーマン・フォスター《AT&Tパフォーミング・アートセンター》

pic  REX+OMA《デー・アンド・チャールズ・ワイリーシアター》

pic  エーロ・サーリネン《ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル(ゲートウェイ・アーチ)》

pic  槇文彦《セントルイス・ワシントン大学 サム・フォックス視覚芸術学部》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《860-880 レイクショア・ドライブ・アパートメント》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《イリノイ工科大学 クラウンホール》

pic  OMA《イリノイ工科大学 マコービック・トリビューン・キャンパス・センター》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《イリノイ工科大学キャンパス》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《フェデラルセンター》

pic  フランク・ロイド・ライト《ロビー邸》

pic  フランク・ロイド・ライト《ユニティ・テンプル》

pic  レンゾ・ピアノ《シカゴ美術館・モダンウイング》

pic  フランク・O・ゲーリー《ジェイ・プリツカー・パヴィリオン》

pic  シカゴの街

pic  サンティアゴ・カラトラバ《ミルウォーキー美術館》

pic  エーロ・サーリネン《ミルウォーキー戦没者記念館》

pic  丹下健三《ミネアポリス美術館》(増築)

pic  ヘルツォーク & ド・ムーロン《ウォーカー・アート・センター》

pic  ジャン・ヌーベル《ガスリー・シアター》

pic  スティーヴン・ホール《ミネソタ大学 建築+ランドスケーブ学部棟》

pic  フランク・O・ゲーリー《ミネソタ大学 ワイズマン美術館》

pic  ミネアポリス スカイウェイ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:126 アメリカ東海岸
次の記事: 124 アンマン+スレイマニヤ 
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る