PHOTO ARCHIVES

125 アメリカ中部

アメリカの街はどこも構成が似ていた。ダウンタウンにすべてが集中し、住宅はそのまわりに建てられる。みな自家用車で移動するため、少しダウンタウンから離れると歩いている人はほとんどいなかった。この特徴は中部ではもっと顕著で、ダラスやセントルイスは治安が悪く、ダウンタウンですら歩いている人は少ない。超高層建築などの最先端地域のすぐそばに、強盗などが頻繁に起きる地域があるという現実を肌で感じた。
そのような街の構成のなかで独自の発展をしていたのがシカゴの超高層建築群、ミネアポリスのスカイウェイである。シカゴは1871年に起きた大火の復興のため鉄の建築が推奨された結果、超高層建築建設ラッシュの先駆となり、戦後には世界一の高さを誇っていた《ウィリス・タワー》などが建設され、現在のスカイラインの原型となっている。ミネアポリスは冬には平均マイナス10度まで冷え込むという厳しい環境に対応して、ダウンタウンのビルの2階を結ぶスカイウェイが発達した。これはダウンタウンの80ブロックにわたり、総延長は11kmにおよぶ大規模なものである。アメリカのグリッド型ゾーニングの中に、このような自然発生な要素が組み込まれると街全体が魅了的になるのだと感じた。
建築ではエーロ・サーリネンによる《ゲートウェイ・アーチ》は感動した。あんなに美しく雄大な線を描くものは見た事がなかった。まさに象徴という言葉がふさわしい建築であった。

これらは2010年8月〜10月までの2カ月間にわたってアメリカ縦横断の旅に出たときの写真の一部である。



[撮影者:檜垣幸志(日本大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《ヒューストン美術館》

pic  レンゾ・ピアノ《メニル・コレクション》

pic  ルイス・I・カーン《キンベル美術館》

pic  安藤忠雄《フォートワース現代美術館》

pic  レンゾ・ピアノ《ナッシャー彫刻センター》

pic  ノーマン・フォスター《AT&Tパフォーミング・アートセンター》

pic  REX+OMA《デー・アンド・チャールズ・ワイリーシアター》

pic  エーロ・サーリネン《ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル(ゲートウェイ・アーチ)》

pic  槇文彦《セントルイス・ワシントン大学 サム・フォックス視覚芸術学部》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《860-880 レイクショア・ドライブ・アパートメント》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《イリノイ工科大学 クラウンホール》

pic  OMA《イリノイ工科大学 マコービック・トリビューン・キャンパス・センター》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《イリノイ工科大学キャンパス》

pic  ミース・ファン・デル・ローエ《フェデラルセンター》

pic  フランク・ロイド・ライト《ロビー邸》

pic  フランク・ロイド・ライト《ユニティ・テンプル》

pic  レンゾ・ピアノ《シカゴ美術館・モダンウイング》

pic  フランク・O・ゲーリー《ジェイ・プリツカー・パヴィリオン》

pic  シカゴの街

pic  サンティアゴ・カラトラバ《ミルウォーキー美術館》

pic  エーロ・サーリネン《ミルウォーキー戦没者記念館》

pic  丹下健三《ミネアポリス美術館》(増築)

pic  ヘルツォーク & ド・ムーロン《ウォーカー・アート・センター》

pic  ジャン・ヌーベル《ガスリー・シアター》

pic  スティーヴン・ホール《ミネソタ大学 建築+ランドスケーブ学部棟》

pic  フランク・O・ゲーリー《ミネソタ大学 ワイズマン美術館》

pic  ミネアポリス スカイウェイ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:126 アメリカ東海岸
次の記事: 124 アンマン+スレイマニヤ 
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る