PHOTO ARCHIVES

123 瀬戸内国際芸術祭2010

瀬戸内国際芸術祭2010」は2010年7月19日〜10月31日まで行なわれた、瀬戸内海の島々に会場を展開した現代アートの国際展。これを鑑賞する「瀬戸内国際芸術祭ツアー」が同年10月22日〜24日の3日間「建築系ラジオ」主催で実施された。ツアー参加者は30数名で、船をチャーターして会場のある島々を巡った。行程は、22日に岡山駅に集合後、犬島、直島を見て、向島のゲストハウスで宿泊。23日は女木島、男木島、豊島を見て、小豆島で宿泊。24日は小豆島を見た後、高松市で現地解散した。参加者は北川啓介氏、五十嵐太郎氏をはじめとする建築系の専門家、彦坂尚嘉氏など美術系の専門家、大学生のみなさんなどバラエティに富んでいた。また、22日と23日は宿泊先で「建築系ラジオ」の収録が行なわれ、それぞれ興味深い話を聞くことができた。
訪れた島はどこも大勢の観客で賑わい、長い行列のため時間内に見ることのできない展示会場も少なくなかった。海上移動も、われわれは船をチャーターしたのではスムーズだったが、そうではない観客は船の待ち時間がだいぶ長かったようだ。しかし、アートイベントとしては大規模で予算のかかった立派なものであり、専門家も一般客も満足しているようだった。なかでも建築とアートが不可分に融合した「豊島美術館」は、コンセプトの面でも規模の面でも話題になり、ツアー中の「建築系ラジオ」の収録でも取り上げられた。

さて私の立場を説明すると、美術家を名乗ってはいるのだが、じつはこれまでアートや建築にはあまり興味を示してこなかった。というのも私が提唱する「非人称芸術」は、アーティストの意図を否定する「反芸術」的概念なのだ。だが私は自分の「反芸術」を検証するには、その「外部」であるアートや建築についてもっと知る必要があることに気づいた。そこで「反芸術」をさらに反転させた「反-反芸術」的態度によって、今回の「瀬戸内国際芸術祭2010」ツアーに参加したのだ。この場合の「反-反芸術」とは、皆が良いと思うアートを、自分も素直に良いと思いながら見るということで、今回の写真もそのつもりで撮影している。モノクロで撮影したのは、同様のコンセプト「反-反写真」によるものである。
今回の写真は私的な実験作だが、五十嵐太郎氏には「10+1 website」への寄贈公開を薦めていただき感謝している。



[撮影者:糸崎公朗(美術家・写真家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  柳幸典+妹島和世+長谷川祐子「家プロジェクト」

pic  柳幸典《精錬所》

pic  犬島から直島へ

pic  大竹伸朗+graf 《直島銭湯「I♥湯」》

pic  豊島美術館模型

pic  赤塚りえ子《「1000000馬力(バカ)」》

pic  石井和紘《直島町役場》

pic  李禹煥+安藤忠雄《李禹煥美術館》

pic  テレジータ・フェルナンデス《ベネッセアートサイト・ベネッセハウスパーク》

pic  大竹伸朗+graf 《はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗》

pic  直島から向島へ

pic  ジャウメ・プレンサ《港付近・男木交流館》

pic  井村隆《カラクリン》

pic  西堀隆史《うちわの骨の家》

pic  谷口智子《オルガン》

pic  ジェームズ・ダーリング&レスリー・フォーウッド《ウォールワーク5 –カモ島からカモ神社へ–》

pic  眞壁陸二《男木島 路地壁画プロジェクトwallalley》

pic  オンバファクトリー《オンバファクトリー》

pic  谷山恭子《雨の路地》

pic  漆の家プロジェクト 《漆の家プロジェクト》

pic  北山善夫 《「誕生─性─生─死─家─男木島伝説」 》

pic  高橋治希《Sea Vine》

pic  長蛇の列で入るのをあきらめた会場。盛況のためこのような作品も多かった。

pic  中西中井 《海と空と石垣の街》

pic  松本秋則《「音の風景」》

pic  川島猛とドリームフレンズ 《「川島猛とドリームフレンズ」 》

pic  禿鷹墳上《20世紀的回想》

pic  木村崇人《カモメの駐車場》

pic  サンジャ・サソ《鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利 》

pic  ロルフ・ユリアス《緑の音楽》

pic  世界のギャラリーとスペシャルプロジェクト《福武ハウス2010》

pic  行武治美《均衡》

pic  青木野枝《空の粒子/唐櫃》

pic  安部良《島キッチン》

pic  藤浩志《こんにちは藤島八十郎》

pic  戸髙千世子 《Teshima sense〈豊島の気配〉》

pic  内藤礼+西沢立衛《豊島美術館》

pic  スゥ・ドーホー《Net-Work》

pic  栗田宏一《土と生命の図書館》

pic  武蔵野美術大学わらアートチーム《Straw Art》

pic  丹治嘉彦《 海を繋ぐもの》

pic  安岐理加《島──人が島を夢想するとき 「森」「径」「泉」》

pic  王文志《小豆島の家》

pic  岸本真之《つぎつぎきんつぎ》

pic  豊福亮《宝船》

pic  小豆島から高松へ

pic  丹下健三《香川県庁舎》

pic  丹下健三《香川県立体育館》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: 124 アンマン+スレイマニヤ 
次の記事:122 ミネアポリス
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る