PHOTO ARCHIVES

101 ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展2008

ついに100回を超え、101回目となる今回では、日本館のコミッショナーとして参加したヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展2008の会場の様子を紹介する。会場は、各国のパヴィリオンが並ぶ万博型のジャルディーニ公園と、おもにテーマ展示が続くアルセナーレの二つに分かれており、そのほかに入りきらない国や企画は街のあちこちで場所を借りて展示を行なう。パヴィリオンのデザインは、プレモダンからモダニズムまで、建設された時代を反映しているだけではなく、各国の代表的な建築家が手がけているケースも多い。
写真も、おおむねジャルディーニの入口から順番に見えてくるパヴィリオンごとに並べている。2008年は「architecture beyond building」をテーマとし、実験建築を奨励していたせいか、にぎやかな作品が多い。今回の写真には、2006年の建築展を訪れたときに撮影したパヴィリオンの外観や展示の様子も少し組み込んだので、使い方による雰囲気の違いがわかるようになっている。また筆者が体験した設営時や内覧会の写真なども入っている。公式の会場写真とは違う舞台裏も楽しんでいただきたい。



[撮影者:五十嵐太郎(建築史、建築批評)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:102 マンハッタン:高層建築
次の記事:100 熊本[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る