シェア──その「思想」の構築に向けて

門脇耕三(明治大学専任講師)

勢いづく「シェア」の動き

2000年代中頃から、建築界でも話題になり始めた「シェア」というキーワードは、これからの時代の中核に位置付きうるものとして、いよいよ承認されてきた感がある。「シェア」をキーワードとした建築作品も、続々と建ちあがりつつあり、2014年に発行された『新建築』誌をざっと見渡すだけでも、《不動前ハウス》(常山未央)、《シェアプレイス東神奈川99》(リビタ、リライトデベロップメント)、《KOIL》(成瀬・猪熊建築設計事務所)、《シェアフラット馬場川》(前橋工科大学 石田敏明研究室ほか)、《食堂付きアパート》(仲建築設計スタジオ)など、印象深い作品をいくつも見つけることができる。

一方で「シェア」は、「料理をシェアする」などのように、一般的にも用いられる言葉でありながら、それが指し示す内容が限定しづらく、どのような動きを束ねる言葉であるかが曖昧である。この曖昧さこそが、「シェア」というキーワードが注目を集めている一因なのだろうが、本稿では、その「曖昧さ」を足がかりとして、「シェア」の現在と課題について考えてみることとしたい。

「シェア」が果たすもの

建築界における「シェア」にまつわる動きとして真っ先に思い浮かぶのが、シェアハウスに代表される「住まいのシェア」だろう。しかし「シェアハウス」という言葉にも明確な定義が存在せず、その具体的な姿は一様には描きづらい。建築基準法上においても「シェアハウス」という用途は定義されておらず、これを隠れ蓑として、戸建て住宅や集合住宅の住戸を、法令等を満たさない集団居住の場として用いる「脱法ハウス」問題が、メディアを賑わせたことも記憶に新しい。社会問題になるほど大きくなった「脱法ハウス」問題は、しかし「住まいのシェア」が掲げる目的の、負の側面が表出したものでもある。すなわち、「住まうことの効率化」である。

「カーシェアリング」などに代表的に見出すことができる「シェア」の考え方の背景には、モノの独占的で排他的な利用、すなわち「所有」という形態を放棄することによって、モノの利用コストを縮減できるという単純な経済原理が存在する。シェアハウスも、水廻りのような利用頻度の低い空間を共同利用することによって、住まいにかかるコストを縮減できることや、工作室やライブラリーなどの付加的な空間を、低い利用コストで備え付けられることが、その事業的な成立背景にある。また現状のシェアハウスは、新築されるものよりも、寄宿舎や比較的大きな規模の戸建て住宅を利用して運営されるもののほうが、数としては圧倒的に多数であるが、これは終身雇用制度の崩壊などによる社宅の減少や、家族規模の縮小に伴う大型住宅の空き家化などを背景とした、建物ストックとニーズとのミスマッチを背景とするものである。「シェア」の主要な意義は、空間資源を含むリソースの、効率的な利用を可能とすることに見出せるのである。

なお、ここでいう「リソース」は、建物や製品などの具象物に限られない。例えば、2次創作やクリエイティブ・コモンズ・ライセンスなどに見られる「シェア」は、知的創作物のシェアを通じて、創造のプロセスそれ自体をシェアし、「共創」を実現する枠組みであると理解することができる。こうした広義の社会資源のシェアは、近代的に構築され、しかし時代が変化するただ中で、機能不全を起こしつつある社会の枠組みを変革する原動力として、大いに期待できるのであるが、その可能性については、筆者が企画に携わった「10+1 web site」での特集『「シェア」の思想/または愛と制度と空間の関係』の巻頭言にてまとめられている(http://10plus1.jp/monthly/2014/06/issue-1.php)ので、本稿では割愛することとしたい。

住まいの「シェア」とその一般的イメージ

ところで、建築界を賑わしている「シェアハウス」は、一般にも浸透しきった言葉であり、2010年代に入ってからは、漫画や映画、テレビ番組の題材としても目につくようになっている。全国放送されたテレビ番組に限っても、2012年から放映されたバラエティ『テラスハウス』や、2013年に放映されたドラマ『シェアハウスの恋人』などが、シェアハウスを舞台としたものとして挙げられるし、2004年から連載が開始され、ドラマ化・映画化もされた大ヒット漫画『ホタルノヒカリ』にも、同型の舞台設定を見てとることができる。すなわち、婚姻関係や血縁関係を持たない若い男女が、恋愛や友情などの特別な感情を介さないまま、一軒の住宅や、集合住宅の一住戸に同居するというそれである。これらの作品の主舞台となる住宅に住まう登場人物が、ほぼ例外なく若い男女であることは、恋愛、あるいは恋愛への期待を最大の推進源とする、現在の資本主義経済が与えたスパイスであると考えて差し引いてよいだろう。だとすれば、「家族の関係にない人間同士が、特別な感情を介さないまま同居する住宅」が、一般的なシェアハウスのイメージだと捉えることができる。家族の関係になく、特別な感情によっても結ばれない人間は、従来的な意味では「他人」そのものである。しかし同時に、そこでの日常のなかに、さまざまなドラマが展開されることへの期待も、「一般的にイメージされるシェアハウス」は内在しているのである。

社会関係構築の新しいプラットフォームとしてのシェアハウス

こうした文脈においてイメージされるシェアハウスは、「ソーシャルアパートメント」と呼ばれることもある。「ソーシャル」もまた、2000年代以降を代表するキーワードのひとつであるが、この意味での「ソーシャル」は、従来とは異なるかたちで取り結ばれる社会関係を指すと考えてよいだろう。ただし、ここで重要なのは、「ソーシャル」と表現される新しい社会関係が、多くの場合、新しいプラットフォームの導入によって構築されている点である。新しい社会関係構築のためのプラットフォームは、それ自体の新しさによって、従来的な社会関係を大胆に組み替えてしまう。例えば、現時点での代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスであるFacebookは、そこで提供されるサービスよりも、家族、恋人、友人、同僚などといった従来的な社会関係を、一元的に取り扱うプラットフォームであること自体に新しさがある。そして、新しいプラットフォーム上で組み替えられた人間同士の関係性は、これまでの社会関係においては起こりえなかったコミュニケーションを、副次的に生みだすのである。Facebook上で、上司が家族や友人とやりとりする様子を見て、職場ではまったくうかがい知ることのできなかったその姿に対して、新鮮な感覚を覚えた体験は、誰しもが思い当たることだろう。

「ソーシャルアパートメント」と呼ばれる類いのシェアハウスも、それ自体が、これまでにない社会関係構築のためのプラットフォームであるといってよい。先述したとおり、シェアハウスは、一般的な戸建て住宅や集合住宅の住戸などを利用して運営されることが多く、その建築的な形式自体は必ずしも新しいものではない。しかし、そこに住まう人間は、従来的な社会関係を取り結ぶものではなく、あるいはまったく関係のない他人同士であるがゆえ、シェアハウスは「新しいプラットフォーム」たりえるのである。この場合、そこに期待される「新しい」コミュニケーションは、明確な像を結ぶ必要がない。そこでのコミュニケーションは、ただ単に、「新しさ」という期待だけを背負っているからである。

求められる「シェア」の思想

端的に言って、ここで漠然と期待されている、得体の知れない「新しさ」には、「シェア」の課題と可能性が集約されていると言ってよい。この新しいプラットフォームの副産物としての社会関係に、われわれは「新しい共同体」を幻視しがちである。しかし繰り返しとなるが、それは何ら具体性を伴わないものなのだ。具体性を伴わない共同体幻想が力を持つことは、社会を無批判な全体主義傾向に色付ける危険性を孕んでいる。十分な社会資源を積み重ね、しかし蓄積された社会資源とニーズとのミスマッチが大きくなっている現在、有限なリソースの効率的活用の喫緊性は高まっており、手段としての「シェア」がリアリティを増しつつある。そうした時代に生きるわれわれが、もっとも注意深くあらねばならないのは、「シェア」が孕む共同体幻想なのである。

一方で、「シェア」によって強制的に立ち上げられた人間同士の新しい社会関係は、これまでにないガバナンスのあり方と、それを下支えする仕組みを、社会に対して要求することだろう。このことを原動力として、既存の社会の枠組みを、批判的に設計し直すことは可能か。これが「シェア」に突きつけられている問いにほかならない。むろんそこには、新しい社会に向けた骨太の思想が求められることだろう。半ば必要に駆られて台頭しつつある「シェア」にまつわる動きを、無批判に礼賛せず、その思想を組み立てること。これこそが、現在真っ先に必要とされている作業なのである。




門脇耕三(かどわき・こうぞう)
1977年生まれ。建築計画、建築構法、建築設計。東京都立大学助手、首都大学東京助教を経て、現在、明治大学専任講師。http://www.kkad.org/


201501

特集 2015年の建築・都市を読むためのキーワード


廃墟化する家々と「あしたの郊外」プロジェクト──空き家問題へのひとつの解答
消滅可能性都市との向き合い方
新国立競技場問題──是か否だけでは捉えられない問題の彼方へ
ひまわり革命/傘の革命/しばき隊・カウンターデモ──路上の政治へ
ISRU──建築/構法 未来からの眼差し
シェア──その「思想」の構築に向けて
ブリコラージュで都市を記述する──ありあわせの「全体」
レム・コールハース「エレメンツ・オブ・アーキテクチャー」──建築要素の新しい星座
独立する街──ゲイテッド・シティからクローズド・コミュニティへ
ニュータウンの哲学──新しい都市像の構想のために
多拠点居住──分散して居場所をつくる
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る