201501

2015年の建築・都市を読むためのキーワード

廃墟化する家々と「あしたの郊外」プロジェクト──空き家問題へのひとつの解答

馬場正尊(Open A ltd.代表取締役、東北芸術工科大学准教授)

消滅可能性都市との向き合い方

木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表)

新国立競技場問題──是か否だけでは捉えられない問題の彼方へ

松田達(建築家・東京大学助教)

ひまわり革命/傘の革命/しばき隊・カウンターデモ──路上の政治へ

五野井郁夫(国際政治学者・高千穂大学准教授)

ISRU──建築/構法 未来からの眼差し

松村秀一(東京大学教授)

シェア──その「思想」の構築に向けて

門脇耕三(明治大学専任講師)

ブリコラージュで都市を記述する──ありあわせの「全体」

橋本健史(建築家、403architecture [dajiba])

独立する街──ゲイテッド・シティからクローズド・コミュニティへ

日埜直彦(建築家、日埜建築設計事務所主宰)

レム・コールハース「エレメンツ・オブ・アーキテクチャー」──建築要素の新しい星座

岩元真明(建築家)

ニュータウンの哲学──新しい都市像の構想のために

篠原雅武(社会哲学・思想史)

多拠点居住──分散して居場所をつくる

pha(シェアハウス「ギークハウス」発起人)


連載:現代建築家コンセプト・シリーズ No.18

takram Dialogue 05:山中俊治 × 田川欣哉 × 緒方壽人


INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る