Think about New "Urban Design"

Think about New

【第5回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在

佐々木雅幸(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)+太田浩史(建築家)+乾久美子(建築家)

【第5回】[インタヴュー後記]小都市の実験可能性

太田浩史

【第5回】[インタヴュー後記]多様で寛容な創造都市論、そして日本の文化

乾久美子

【第4回】[訪問対談]Learning from 富山市
──まちはデザインで変わる

太田浩史(建築家)+乾久美子(建築家)

【第4回】[特別寄稿]富山市の都市特性と都心地区の活性化概要

京田憲明(富山市建設部理事)

【第4回】[特別寄稿]まちなかの超一等地を「広場」にする
──アイがうまれるグランドプラザ

山下裕子(NPO法人GPネットワーク/グランドプラザ運営)

【第4回】[訪問後記]富山の都市再生から建築を考える

【第4回】[訪問後記]オーラを放つまちデザイン

乾久美子

【第3回】[インタヴューを終えて]まちデザインを連歌のように

乾久美子(建築家)

【第3回】[インタヴューを終えて]あらためて歩行者空間を思う

太田浩史(建築家)

【第3回】[インタヴュー解題]ヨーロッパのアーバンデザインの歩み

阿部大輔(龍谷大学准教授)

【第3回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 3──ヨーロッパの都市デザイン20年史

服部圭郎(都市計画、明治学院大学教授)+太田浩史+乾久美子+阿部大輔

【第2回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考えるための、アーバンデザイン20年史

中野恒明(アプル総合計画事務所)+太田浩史+乾久美子+中島直人

【第2回】[インタヴュー解題]第2世代の「アーバンデザイン」

中島直人(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)

【第2回】[インタヴューを終えて]アーバンデザインの青春と私たち

太田浩史

【第2回】[インタヴューを終えて]都市居住なくして都市の繁栄はない、のかも

乾久美子(建築家)

【第1回】[連載にあたって]建築やアートでは限りがある

太田浩史(建築家)

【第1回】[連載にあたって]建築家、まちへ出る

乾久美子(建築家)

【第1回】[対談]新しい「まちデザイン」を考える

乾久美子×太田浩史

INFORMATIONRSS

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る