Fieldwork Tokyo

Fieldwork Tokyo

地下空間に関する考察6......地下空間としてのメトロポリス

松田達

地下・風景をめぐるノート6......〈潜勢態地表面〉としての「東京グラウンド」

野村俊一

地下空間に関する考察5......非対称的論理空間

松田達

地下・風景をめぐるノート5......地下の季節

野村俊一

地下空間に関する考察4......ヴォイドの表面──転倒する地上と地下

松田達

地下・風景をめぐるノート4......地下の閉合性──「中野ブロードウェイ」をめぐって

野村俊一

地下空間に関する考察3......堤防的、放水路的

松田達

地下・風景をめぐるノート3......電車/地下鉄の経験

野村俊一

地下空間に関する考察2......underground、5冊の写真集をめぐる冒険

松田達

地下・風景をめぐるノート2......地下の標識、地上の光景

野村俊一

地下空間に関する考察1......地下空間化する地上空間

松田達

地下・風景をめぐるノート1......地下風景は退屈か?

野村俊一

INFORMATIONRSS

シンポジウム「Contagious Difference; Connections and Deviations 伝染性差異:接続と逸脱」(港区・7/20)

私たちが生きる21世紀最初の20年は、これらの時代と類似した混乱と分断の時代である。このような過渡...

出島表門橋製作ドキュメンタリー映像『BRIDGE』上映会+トーク(京都府・8/1)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリ...

建築情報学会キックオフ準備会議第3回(文京区・8/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る