岩手県上閉伊郡大槌町 2018/2011

淺川敏(写真家)

被災地を始めて訪れたのは2011年5月1日、夜明け前の南三陸町だった。その後釜石まで各地を周り再び南三陸町に戻り志津川を撮影。まだ宿泊できるところはもちろんなく、いったん内陸に行き1泊、翌朝より石巻から女川まで行き東京に戻ってきた。想像以上の現実の光景に言葉は失せていった。震災以降災害時の連絡ツールにもなると思いTwitterを利用するようになっていた。アカウントはその以前からもっていたのだが日常的に利用し出したのはこの頃から、そんなTwitterを眺めているとアジア行脚の盟友村松伸さんも同じ時期に岩手にいるようだった。1カ月後、村松研が大槌の調査に行くが一緒に来ないかとのお誘いを受け同行した。そして初めての大槌入り。5月に初めて被災地に行ったときは、いつも都市を撮っている冷静な目で見つめたいと思い、メインは4×5のカメラでモノクロームのフィルム、サブにデジカメ、それとチェキ、そんな道具立てだった。4×5のカメラでモノクロームのフィルムではもっていくフィルムの量に制限があり、多くの場所を撮るには不向きと思い、この時よりデジカメメインで撮影が始まる。
写真には、伝達、記録、表現手段、いろいろな役割がある。それまで僕の撮った写真の存在は、僕の存在がなくなってからほんの少し先まで残っていればいいと漠然と思っていた。被災地の写真を撮りながら思ったことは、100年、500年先までこの記録は残しておくべきだと痛切に感じるようになったことだ。記録することと、それを残すことの大切さを感じながらの撮影となった。
撮影が終わり東京に戻りRAW現像をする。その後すべての写真一枚一枚にカメラに着いたゴミなどがないか100-200%に拡大して上から順にくまなくチェックするのが常。もちろんこの作業、スタッフにやってもらうことが多いのだが今回は自分でせっせと作業する。大槌の町の先に広がる山の稜線、6月のやや霧に包まれたその景色はじつに美しい、そんな自然の景色にうっとりとしているのは作業中の画面の上から1/3にも満たないときまでで、その先には被災してしまった現実が待っている。目頭が熱くなりながらその状況を直視する。あれから7年。その変化は早かったのか遅かったのか、泥の中にわずかに残った線路と駅が建っていたところには新たな線路と駅が姿を現わした。少しずつだが住宅も建ち始めている。しかし巨大な防潮堤はまだまだ建設中。いつになったら終わりになるのかは皆目わからない。その変化を記録する、そこに何かを訴えようとする意思はない、ただ都市ができていく過程を記録するのみ。何気ない日常に包まれた、退屈な田舎町に戻るまで記録は続く。どんなに町になったとしても、そのフレームの上の景色だけは何百年と変わらなく、美しい表情を見せてくれることを知っているから。

01  2018.01.27 吉里吉里[クリックで拡大]

02  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

03  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

04  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

05  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

06  2018.01.28 安渡[クリックで拡大]

07  2018.01.28 赤浜[クリックで拡大]

08  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

09  2018.01.28 小枕[クリックで拡大]

10  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

11  2018.01.28 町方[クリックで拡大]

12  2011.06.11 町方[クリックで拡大]

13  2011.06.11 町方[クリックで拡大]

14  2011.06.13 赤浜[クリックで拡大]

15  2011.06.13 港町[クリックで拡大]

16  2011.06.11 町方[クリックで拡大]

17  2011.06.11 町方[クリックで拡大]

淺川敏(あさかわ・さとし)
1959年生まれ。写真家。ZOOM共同主宰。主な共著書=『アジアン・スタイル──17人のアジア建築家たち』(筑摩書房、1997)、『アジア建築研究──トランスアーキテクチャー/トランスアーバニズム(LIXIL出版、1999)、「図説 北京──三千年の悠久都市」(河出書房新社、1999)、『北京論──10の都市文化案内』(丸善、2008)など。


201803

特集 復興からの創造


復興からの創造はいかに可能か
創造的復興のジャッジ
復興を生かす力──インドネシアの津波被災地に学ぶ
岩手県上閉伊郡大槌町 2018/2011
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る