アートによるまちづくり──十和田と横浜の場合

暮沢剛巳(美術批評)

アートの中心をつくる──十和田市:十和田市現代美術館

《十和田市現代美術館》
写真提供:西沢立衛建築設計事務所
青森県十和田市の官庁街通りに十和田市現代美術館がオープンしたのは昨年4月26日のこと。地方都市にはまだ珍しい本格的な現代美術の専門館であったことに加え、気鋭の若手建築家を対象としたコンペの結果選出された斬新なデザインの美術館建築も大きな話題を呼び、開館以来この美術館には多くの観客が押し寄せた。私が同館を訪れたのは6月のことで、さすがに開館当初の熱気は失せていたものの、多くの地元客がリピーターと化した半面、県外客が全体の3〜4割を占めるという関心の高さの一端をうかがい知ることができた。
その後の同館の動静が気になっていたところ、4月になって偶然地元紙の記者から電話インタヴューを受ける機会があった。後日送られてきたその記事(「東奥日報」09年5月1日)によると、同館にはその後も多くの来館者が訪れ、開館1周年を迎えた今年4月末の時点で18万人の動員を記録したという。この数値は当初の予測の4倍に達するそうで、まずは大成功といってよさそうだ。
国内外の21作家がいずれも委託によって制作した現代アート作品や西沢立衛の設計による白い解放的なデザインの美術館建築など、この美術館には多くの見どころがある。だが私は、何よりもこの美術館が十和田の再開発を念頭においていることに強く興味を惹かれたのである。地方の美術館は通常教育委員会の所轄であり、そのため地域の美術振興や地元出身の作家の作品収集を大きな目的としている。ところが、十和田市現代美術館は「官庁街通り全体を美術館と見立てる」野外芸術文化ゾーンの拠点施設として位置付けられており、初期段階から市街地の再開発へと焦点を合わせていた。そのため、高さ4メートルの巨大な女性像や花模様の馬のモニュメント、夜間に美術館を照らし出すライトアップ・プロジェクトなど、作品設置を依頼する作家は地域性を一切考慮せず、もっぱら再開発に適合するかどうかを基準として選択された。批判もあったが、1年間の反響は既に述べた通り。この大胆な方針は、これらの作品が美術館の収蔵品というよりは委託制作の野外彫刻に近い性格を持っていたから、同館が教育施設としてのmuseumではなく、まちづくりと観光に軸足を置いたArt Centerとして位置付けられていたから可能であったことだろう。
当初の予測を大幅に上回る動員に市や館の関係者も気を良くしており、十和田を現代アートの発信拠点にしたいと意気込んでいるという。一方、地元の商店街などからは、美術館に多くの人が押し寄せても、店の売り上げには結びついていないとの不満も聞かれるそうだ。市街地の活性化を掲げたプロジェクトであれば、今後は地域との連携もより一層求められることになるだろう。

アートの拠点を繋げる──横浜市:BankART

一方、美術館を建設した十和田市とはまったく異なるアプローチによって、現代アートによるまちづくりを進めているのが、今年開港150周年を迎える横浜市である。元銀行だった建物を文化施設へと転用するBankARTプロジェクトは2004年3月のスタート以来多くの反響を呼び、さまざまな展開を見せるにいたっているが、そのなかでも今回は昨秋に展開されたBankART Life II(都市に棲む)に焦点を合わせてみよう。
2008年の秋、第3回の横浜トリエンナーレが開催された。「タイムクレヴァス」をテーマに掲げた、それ自体としてはオーソドックスな色合いの国際展であったが、BankARTはそうしたなかにあってそれと同時期に、トリエンナーレとの連動によって、公共建築、歴史的建造物、産業遺構、飲食店、空き地、空き店舗を巻き込んで、街全体に現代アートを展開するプロジェクトを展開した。Life II(都市に棲む)とはそのプロジェクト名であり、横浜トリエンナーレの開催エリアと黄金町バザールの開催エリアの中間帯、すなわち馬車道、伊勢佐木町、桜木町周辺がその展開エリアとして選ばれた。
BankART事務局から出版された公式カタログに詳しいが、BankARTの施設本体を活用して行なわれた「心ある機械たち展」をはじめ、横浜市庁舎を舞台とした3人の作家によるインスタレーション、みなとみらい線馬車道駅を活用した「開港5都市モボ・モガを探せ!」などの作品展示を行ない、また対象地域の商店街にトリエンナーレと黄金町バザールの応援を呼びかけるバナーを設置するなどの活動を精力的に展開した。これらのイヴェントには賛否両論あるだろうが、BankART設立以来のコンセプトでもある「創造界隈プロジェクトのパイオニア的存在としての自覚」が強く意識されていることは確かである。
ちなみに、Life II(都市に棲む)の一環として、みかんぐみによってBankARTの拠点であるNYK倉庫の本格的なリノベーションが行なわれたが、現在開催中の「原口典之──社会と物質」展は、このスペースを利用した初の本格的な個展であると同時に、社会性の高い作品が、総面積3,000平方メートルのこの空間と化学反応を引き起こした好企画である。このようなポテンシャルの高い空間を擁するのはBankARTの強みでもあり、今後も横浜の市街地を活性化する意欲的なアートプロジェクトの展開を期待したいところだ。

左:横浜トリエンナーレ2008
中:BankART Life II(都市に棲む)
右:「原口典之──社会と物質」展

200905

特集 都市計画とアートプロジェクト


都市計画としての劇場
アートによるまちづくり──十和田と横浜の場合
「都市美」というものに関心をもたない読者にこそ(中島直人『都市美運動──シヴィックアートの都市計画史』書評)
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る