硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築

今村創平
Written into the Void: Selected Writings

Alvaro Siza Complete Works, Phaidon, 2000.

Tschumi on Architecture: Conversations with Enrique Walker

Eduardo Souto de Moura, Electa architecture, 2006.

Atlas of Novel Tectonics

2G No.34, Sergison Bates, G.G, 2005.

ポルトガルという国は、西ヨーロッパにあってもいくぶん辺境の地という感があって、大航海時代の栄光は遠い過去のこと、素朴で地味だという印象をもたれている。建築的にも、世界の建築の潮流をリードするような華々しい運動などは起きたことなく、どちらかといえば脇役の位置に甘んじていたといっても差し支えないだろう。
しかし、今日では、われわれはポルトガルには、アルヴァロ・シザという優れた建築家の存在があることをよく知っている。彼は、国際的スタンダードの名声を得ているのだが、一方、彼のベース・タウンであるポルトという街には、ポルト派と呼ばれる建築家の一群がいることもまた、知られるようになっている。このポルト派の、代表的な建築家といえば、フェルナンド・タヴォラ(1923-2005)、アルヴァロ・シザ(1933- )、エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ(1952- )の3人となる。タヴォラはシザより1世代年上で、シザはモウラより2世代年上だが、シザとモウラはともにポルト大学でタヴォラに習い、シザはタヴォラの事務所で働いてから独立し、モウラはシザの事務所で働いてから独立した★1。また、シザの初期の代表作、《ボア・ノヴァのレストラン》と《レサのスイミング・プール》は、タヴォラの紹介により手にした仕事であるし、シザとモウラは、《2000年ハノーバー博ポルトガル館》《2005年サーペンタイン・ギャラリー》など近年もコラボレーションを行なっており、かようにこの3人の関係は密接なものとなっている★2
とはいうものの、彼らの世代が異なるように、彼らがまったく同じ性向を持っているわけではもちろんない。例えば、シザは、ル・コルビュジエやアルヴァ・アアルトに影響を受けたことを隠さないが、モウラはミース・ファン・デル・ローエを再発見した。であるから、シザは、その素早いスケッチによって自在に曲面を操るという特技を持つ一方、モウラはミース風のカチッとした構成が特徴となっている。
しかし、彼らの作品集をめくるなかで気づかされるのは、彼らの持つ大地への独特の振る舞い、それは、かなり硬質そうな岩肌に建物を据え付けるその仕草である。先にも挙げたシザの初期の作品は、荒々しい岩肌にうまく建物や構築物が組み込まれており、そのランドスケープと建物の呼応の仕方というのは、シザの作品の系譜の中で一貫して見られるものである。また、モウラにあっても、彼の代表作として挙げられる《モレードの住宅》において、居住者は日々岩肌と対峙しつつも、地形の豊かさに守られているような感触がある★3
こうした堅固な地面というのは、日本では馴染みが薄い。例えば、江戸時代の侍の走り方や、能役者の舞などは、深く腰を下ろした姿勢を持つが、それはそもそも農作業において、泥に足を取られる足場の悪い水田の中での動きから来ているものだ。また、京都の寺社などにおいても、足元は苔で覆われていて、なんだかとても柔らかいものの上に、建物が浮いているかのような効果がある。かように、日本においては地面は柔らかいものであって、そこに軽い建物をそっと置くという文化が発達したわけであるから、ポルトガルに見られるような、固い台地に建物を強く固定するというのは、なじみがない所作だといっていい。しかし、そうした建物の持つ凛とした佇まいが、堅苦しさではなく、心地よさをもたらすことの魅力に、われわれは惹かれていることは間違いない。

最近のポルトガル、スイス、イギリスなどといった国には、ある共通した建築の傾向を指摘することができると思う。コンセプト主導で建物のあり方を決めようとしない(理屈っぽい建物ではない)。特定のスタイルを持たず、プロジェクトごとに、柔軟に対応する。であるから、ともすれば、計画案だけを見ると、誰のプロジェクトか言い当てるのは難しいのだが、実現した建物を見ると確かに、その建築家の醸し出す空気というものがはっきりとした輪郭をともなっている。強烈な個性を持たない分、彼らの成果というものを明示するのが難しいのだが、しかし彼らの試みは、じわりじわりと共感の輪を広げているように思われる。
イギリスの新しい世代については、この連載でもこれまでにトニー・フレットンやデヴィッド・アジャイなど紹介してきたが、今回取り上げるサージソン・ベイツもまた、そのようないくつかの国にまたがる新しい感性を有する建築家ユニットだ。ジョナサン・サージソンとステファン・ベーツはともに1964年の生まれであり、それぞれデイヴィッド・チッパーフィールドに習った、もしくは彼のものとで働いた経験を持ち、そして1996年に共同して仕事を始める。以前は、トニー・フレットンやデヴィッド・アジャイやアダム・カルーソなどと日曜日ごとに集まり建築論を語り合い、このグループは共通してスミッソンズを深く敬愛し、またピーター・ソルターからも影響を受けている。
彼らの作品もまた、特定のスタイルを持たず、プロジェクトごとに異なった素材が用いられ、それぞれに異なった表情の建物を産み出している。ポルトガルやスイスの建築家同様、モダニズム建築を素直に受け継ぎ、つまり教条的であったり、肩肘張ったりすることなく、モダニズムのいいところを自分たちの空間に取り入れている。かといって、場当たり的に、その場その場で気持ちのいい空間を作ればいいというのとはきっと違う、なんだがデリケートな配慮がなされている。そうしたことは、必ずしも彼らの建築だけに見られるのではなく、昨今の幾人かの建築家が手法としている、適応性といったものではないだろうか。周囲の環境にそっと耳を澄ませ、場合によっては文脈との強い関係を作り出し、建築自身の自律性によって竣立するのではなく、そこにいる人との活き活きとした関係を生み出すような建築。そのようなアダプタブルな建築のつくり方が、このところ少しずつ準備されていて、その若き主導者が、サージソン・ベイツというわけなのである★4

★1──余談ながら、モウラの最初期のスタッフの一人が、今イギリスで大活躍をしているデヴィッド・アジャイであり、アジャイは、このテキストの後半で紹介しているサージソンとベイツ同様、デイヴィッド・チッパーフィールドのもとで修行したことがある。このように、建築家の相関関係には、非常に興味深いものがある。
★2──シザは、1997年にポルトの中心部と港湾部の間の位置に、自らのアトリエが入る事務所ビル《アレイショ通りの事務所》を完成させたが、その建物の中に、タヴォラとモウラの事務所も入っているのである。そして、設計の過程においても、他の建築家はそれぞれ口を挟み、シザの造形にも影響を与えているのだという。
★3──『a+u』2007年4月号において、ポルトガルの建築家の特集が組まれているが、そのなかでも、パウロ・ダヴィッドの2つの作品など、硬質のランドスケープに穿たれた建築が、ひときわ強い印象を与えている。
★4──サージソン・ベイツの作品は彼らのWebサイトを参照のこと。URL=http://www.sergisonbates.co.uk/

[いまむら そうへい・建築家]


200711

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る