アルゴリズム的思考の射程──不可視のインフラストラクチャーの実装に向かって

柄沢祐輔

磯崎新氏

左=伊東豊雄氏、右=フロリアン・ブッシュ氏

左=筆者、右=藤本壮介氏

江渡浩一郎氏

神成淳司氏

『10+1』No.48(9月30日刊行)では、上記方々へのインタビューを収録しています。→目次

『10+1』の最新号「アルゴリズム的思考と建築」特集が刊行された。編集協力者として今回の特集の刊行を迎えるにあたって、アルゴリズム的思考と建築という特集がどのような射程をもっているのかを簡単に説明したいと思う。そもそもこの特集には前段階としての1本の補助線が存在している。『10+1』No.47の、筆者と藤村龍至、南後由和による巻頭鼎談「アルゴリズムによって深層と表層を架橋せよ」がそれである。この鼎談において、筆者はアルゴリズムを「決定ルールの時系列を伴った連なり」として定義した。このアルゴリズムの広義の定義によって、まったく新しい建築や都市を構成する方法論と、現状の都市を分析するための有効な方法論を提示できるのではないかという期待をもって対談は終了している。

今回の特集は、その鼎談における問題系を継承・発展したものである。では、なぜ今アルゴリズムなのか。特集リード文(pp.70-71)においてはその意味を思想史的、美学的な側面から説明を試みているが、そこでは触れられていない社会的な文脈での意味についてここで補足的に説明を試みたい。

まず、前号鼎談のなかで触れている内容を反復するならば、現状として徹底的に情報化した社会状況が存在しており、そこでは東浩紀の言葉を借りるならば深層(データベース)と表層(シミュラークル)の乖離した状況が指摘される。深層とは社会的インフラストラクチャーや種々の情報ネットワークの堆積であり、それらは普段私たちの意識に現われない領域に追いやられている。表層とはその不可視のインフラストラクチャーの上に展開される華々しい視覚的情報、サインの乱舞であり、通常私たちの意識が把握する都市のリアリティを指している。そのなかでGoogleなどの検索システムは、その不可視のインフラストラクチャーを可視化するためのインターフェイスとして存在している。そこでは独自の情報検索のアルゴリズムが、インターフェイス上の視覚的情報の立ち現われを規定している。いわばアルゴリズムによって、私たちのリアリティの大部分が規定されている状況が今日の私たちの社会と都市を取り巻く現状なのだ。

アルゴリズム的思考とは、そのような社会の現状に切り込み、再び都市のリアリティを獲得するための方法論として存在しているといってもいい。不可視のインフラストラクチャーと都市の表層の視覚的記号の乱舞を架橋し、まったく新しい都市と建築を構成する方法論を編成すること。近代後期が終焉し、市場化、経済化、情報化が徹底的に進む今日、私たちの建築や都市を構成する方法論が確実に変化を遂げている。そこでは、建築家が社会の水面下に不可視のものとして存在しているインフラストラクチャーに関与するために、建築家自身が不可視のインフラストラクチャーをさまざまなかたちで実装することが求められているといっていい(ここでメタボリズム期における、建築家によるメガストラクチャーの提示を対比的に想起してもいいだろう)。アルゴリズム的思考の本当の射程とは、とりもなおさず、建築家による不可視のインフラストラクチャーの設計・実践のための方法論を示唆するものにほかならない。水面下でドラスティクな社会構造の変革が進展するなかで、真に今日的な建築を構想するために、アルゴリズム的思考は私たちの世代に与えられた広大な創作のドメインを開示するだろう。

[からさわ ゆうすけ・建築家]


200709


このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る