アルゴリズム的思考の射程──不可視のインフラストラクチャーの実装に向かって

柄沢祐輔

磯崎新氏

左=伊東豊雄氏、右=フロリアン・ブッシュ氏

左=筆者、右=藤本壮介氏

江渡浩一郎氏

神成淳司氏

『10+1』No.48(9月30日刊行)では、上記方々へのインタビューを収録しています。→目次

『10+1』の最新号「アルゴリズム的思考と建築」特集が刊行された。編集協力者として今回の特集の刊行を迎えるにあたって、アルゴリズム的思考と建築という特集がどのような射程をもっているのかを簡単に説明したいと思う。そもそもこの特集には前段階としての1本の補助線が存在している。『10+1』No.47の、筆者と藤村龍至、南後由和による巻頭鼎談「アルゴリズムによって深層と表層を架橋せよ」がそれである。この鼎談において、筆者はアルゴリズムを「決定ルールの時系列を伴った連なり」として定義した。このアルゴリズムの広義の定義によって、まったく新しい建築や都市を構成する方法論と、現状の都市を分析するための有効な方法論を提示できるのではないかという期待をもって対談は終了している。

今回の特集は、その鼎談における問題系を継承・発展したものである。では、なぜ今アルゴリズムなのか。特集リード文(pp.70-71)においてはその意味を思想史的、美学的な側面から説明を試みているが、そこでは触れられていない社会的な文脈での意味についてここで補足的に説明を試みたい。

まず、前号鼎談のなかで触れている内容を反復するならば、現状として徹底的に情報化した社会状況が存在しており、そこでは東浩紀の言葉を借りるならば深層(データベース)と表層(シミュラークル)の乖離した状況が指摘される。深層とは社会的インフラストラクチャーや種々の情報ネットワークの堆積であり、それらは普段私たちの意識に現われない領域に追いやられている。表層とはその不可視のインフラストラクチャーの上に展開される華々しい視覚的情報、サインの乱舞であり、通常私たちの意識が把握する都市のリアリティを指している。そのなかでGoogleなどの検索システムは、その不可視のインフラストラクチャーを可視化するためのインターフェイスとして存在している。そこでは独自の情報検索のアルゴリズムが、インターフェイス上の視覚的情報の立ち現われを規定している。いわばアルゴリズムによって、私たちのリアリティの大部分が規定されている状況が今日の私たちの社会と都市を取り巻く現状なのだ。

アルゴリズム的思考とは、そのような社会の現状に切り込み、再び都市のリアリティを獲得するための方法論として存在しているといってもいい。不可視のインフラストラクチャーと都市の表層の視覚的記号の乱舞を架橋し、まったく新しい都市と建築を構成する方法論を編成すること。近代後期が終焉し、市場化、経済化、情報化が徹底的に進む今日、私たちの建築や都市を構成する方法論が確実に変化を遂げている。そこでは、建築家が社会の水面下に不可視のものとして存在しているインフラストラクチャーに関与するために、建築家自身が不可視のインフラストラクチャーをさまざまなかたちで実装することが求められているといっていい(ここでメタボリズム期における、建築家によるメガストラクチャーの提示を対比的に想起してもいいだろう)。アルゴリズム的思考の本当の射程とは、とりもなおさず、建築家による不可視のインフラストラクチャーの設計・実践のための方法論を示唆するものにほかならない。水面下でドラスティクな社会構造の変革が進展するなかで、真に今日的な建築を構想するために、アルゴリズム的思考は私たちの世代に与えられた広大な創作のドメインを開示するだろう。

[からさわ ゆうすけ・建築家]


200709


このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る