変化し続ける浮遊都市の構築のために

今村創平
Constant's New Babylon

Mark Wigley, Constant's New Babylon, The Hyper-Architecture of Desire, 010, 1999.

Retracing Situationist Architectures from Constant's New Babylon to Beyond

The Activist Drawing: Retracing Situationist Architectures from Constant's New Babylon to Beyond, ed., Catherine de Zegher, Mark Wigley, MIT press, 2001.

New Babylonians: Contemporary Visions of a Situationist City

New Babylonians: Contemporary Visions of a Situationist City, Ed., Iain Borden, Sandy McCreery, John Wiley & Sons, 2001.

The Situationist City

Simon Sadler, The Situationist City, MIT press, 1999.

シチュアショニストについては、半年ほど前のこの連載「アーキラボという実験★1でも少し触れたが、今回はもう少し先に進め、特にシチュアショニストのメンバーの一人であったコンスタント・ニーウウェンハイスの長年に渡るプロジェクト「ニュー・バビロン」関連の本を中心に取り上げたいと思う。 シチュアショニストの思想や活動をこの場でコンパクトに整理して紹介するのは、さすがに厳しいが、現代建築への影響を考えた場合、例えば「漂流」や「心理地理学」といった彼らのキー・コンセプトはさまざまな局面で応用されているといえる。「漂流」というアイデアから、都市の横断的記述を試みたバーナード・チュミの「マンハッタン・トランスクリプト」は生み出されているし、地理環境と人の行動の関係を問題とした「心理地理学」からはナイジェル・コーツの運動NATO(Narrative Architecture TOday =今日の物語建築)がつくられた。 そして、今日活発に試みられているフィールド・ワークというものも、いくぶん薄まった形とはいえ、そもそもはシチュアショニストの概念に大きな影響を受けている。また、以前の連載でも指摘したように、レム・コールハースをはじめとする都市リサーチのムーブメントへの影響も見逃せない。彼らの活動は、当時としては、反体制として非常にラディカルで先鋭的であったが(とりわけドゥボールの態度は扇動的であった)、今日では割と自然に受け入れられる考え方になっていたりもする(直接的な影響はないだろうが、都市生活をする少女の生態を描いた伊東豊雄による「遊牧少女のパオ」も、シチュアショニストの考えと親和性を持つ)。
1957年に結成されたシチュアショニスト・インターナショナルには、基本的に2つの流れがあった。ひとつは1948年に結成された芸術家のグループ「コブラ」であり、もうひとつは1946年に結成された「レトリスト・グループ」である。前者の系は、コンスタントやアズガー・ヨルンといった芸術家による文化革命派であるのに対し、後者はギー・ドゥボールに代表される社会改革派であった。シチュアショニストというと、すぐさまドゥボールの名前が挙がるように、これまではラディカルな社会運動に関する側面が光を浴びてきたのだが、それには、晩年一旦合流した二つの流れのうち、芸術家グループが社会派グループによって駆逐されたという歴史にも関係する。 と書くと誤解を招くかもしれないが、コンスタントたち芸術家も社会的変革をモチーフとしていたことには変わりがなく、ただその表現手段が模型やドローイングであり、そのように作品という形で固定化したことをドゥボールによって責められたわけだが、それは彼らのコンセプトと提案の関係においてアポリアともいえるものであった。

さて、その比較的光を浴びてこなかったコンスタントへの再評価が、少し前から急速に進んでいる。ロッテルダムのヴィットゥ・ドゥ・ヴィットという現代アート・センターにて、1998年にコンスタントの「ニュー・バビロン」に関する包括的な展覧会が開催され、それを企画したのが建築評論家マーク・ウイグリー(現コロンビア大学建築学科ディーン)であった。それに関連し出版されたのが"Constant's New Babylon: The Hyper-Architecture of Desire"であり、コンスタントによるこのプロジェクトを包括的に記録するものとなっている。また、ウイグリーによる長文の論考も、この特異な試みを理解する手助けとなり、この本が、コンスタントの「ニュー・バビロン」に関する決定版といってよい★2。 引き続き、1999年ニューヨークのデザイン・センターでコンスタントのドローイングを集めた展覧会が行なわれ、その際に出版されたのが"The Activist Drawing: Retracing Situationist Architecture from Constant's New Babylon to Beyond"である。ここでも、ウイグリーは編者の一人として名前を連ねているのだが、前著がコンスタントのプロジェクトそのものの記録を目指しているのに対し、この本ではベンジャミン・ブクローとコンスタントの対話や、アンソニー・ヴィドラー、エリザベス・ディラー、バーナード・チュミらによるテキストが収められ、コンスタントの現代建築への影響というものを見ることができるだろう。 さらに、2001年にはイギリスから"New Babylonians"という本が出版され、これは「ニュー・バビロン派」とでも言うのだろうか、コンスタントのプロジェクトに影響を受けたプロジェクトや評論を集めたものとなっている。以上の3冊によって、コンスタントの「ニュー・バビロン」に関しては、かなり接近しやすくなってきているが、批評的な評価や具体的な応用的実践はまだまだこれからといえよう。

実は、コンスタントに限ってだけではなく、シチュアショニスト全体と都市との関係を解説してくれている本というものも存在する。サイモン・サドラー著"The Situationist City"がそれであって★3、〈ネイキッド・シティ〉、〈新しいアーバニズムへの形式化〉、〈ニュー・バビロン〉の3つの章からなるこの本は、シチュアショニストがどのように都市を捉えているかの見通しを与え、翻って我々がどのようにすべきなのか示唆を与えてくれるであろう。
結局、肝心のコンスタントの「ニュー・バビロン」というプロジェクトがどのようなものかはほとんど説明をしなかったが、人々の行動により自在に変化を続ける、果てしなく連続する浮遊都市とまとめられるであろうか。実際このプロジェクトそのものが変化をし続け、ひとつの最終的な形式というものを獲得しなかった。先に書いたようにコンスタントは状況を重んじるシチュアショニストのヴィジョンを形象化したことで追放の憂き目に会うが、このイマジナリーでコンセプチュアルな試みに実体を与えるということが、そもそも矛盾をはらんでいたともいえよう。コンスタントは後年自らの表現をペインティングに戻し、今でも存命である。

★1──今村創平「アーキラボという実験http://10plus1.jp/archives/2005/01/11155944.html」(「10+1 web site」2005年1月号)参照。
★2──ただし残念ながら現在絶版である。
★3──あらためて大島哲蔵さんは、シチュアショニストの数少ないよき紹介者であった。上記のうち2冊について、かつて書評を書かれている。
"Constant's New Babylon"書評:「幻視されたエンドレス・シティ」(大嶋哲蔵『スクウォッター』[学芸出版社、2003])
"The Situationist City"書評:「新バビロンへの道」(『建築文化』1998年12月号)
大島さんは自らをスクウォッターと称していたが、それもまたきわめてシチュアショニスト的な態度であったといえる。

[いまむら そうへい・建築家]


200507

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

移動する中心|GAYA 活動メンバー募集「サンデー・インタビュアーズ」説明会(世田谷区・11/27)

ロスト・ジェネレーションによる「声」の採集《準備編》 何を好み、嫌ったのか。 いつ笑い、泣いたのか...

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る