大島滋(Aプロジェクト)+芦沢啓治《Hapworth16》

設計

芦沢啓治建築設計事務所(http://www.keijidesign.com/

プロデュース
施行

ミサワホームイング東京(株)開発事業部

製作家具

super robot(http://www.super-robot.com/

製作照明

ismi design office(http://www.ismidesign.com/

 

 

 

 

吉祥寺に行くとなぜだか元気をもらったような気分になる。少々道に迷っても活気のある商店街のおかげで、旅行中の散歩にも似た満足感を得られる。このギャラリーは、そうした商店街の中程に位置する築30年を超えるマンションにある。1階にイタリアンレストラン、2階にミステリー専門の本屋、他にもマッサージ屋、事務所、住居などが入り混じっている。どこのお店に入っても、かつての同潤会アパートのようなヒューマンスケールにあふれており心地が良い。

クライアントである大塚氏、白倉氏の主な要望としては、ギャラリーであること、時に本屋であること、事務所としても使用できること、防犯上と見せ方の観点からガラスのショーケースが欲しい、など。しかし30平方メートルという狭い空間の中でそれぞれを共存させるのは、ひとつの世界を作り出す上で非常に困難である。まずは壁で構成されたギャラリーの状態を基本として検討を進めることにした。必要に応じて壁を内側にオフセットさせる。その壁はすべて建具である。開くことで機能が顔を出す。または既存の荒々しいコンクリートブロックが現われる。小さな空間ががらりと雰囲気を変える。黒皮の鉄板床、荒っぽいモルタル天井、白い壁という舞台セットに常に存在し続ける役者として、受付のステンレスカウンター、黒皮でできた可動棚、顕微鏡のような照明器具がある。それらはプロダクトとして、ギャラリーの主役であり続けるのに耐える要素として、デザインを検討している。

ギャラリーの名前はHapworth16。サリンジャーの小説のタイトルであり、とある住所、場所を指し示すものであるようだ。実になんでもないこの雑居ビルの301号室という設定は、小説的なトリックが含まれているような気がして、思わず微笑んでしまうのだ。

芦沢啓治(建築家)

 

 

Get Quick Time

 


200507

連載 オープンハウス情報

吉村靖孝建築設計事務所《Nowhere but Hayama》菊地宏建築設計事務所《大泉の家》吉村靖孝建築設計事務所《部屋の家》MS4D《S-House》LEVEL Architects《西武線の住宅》藤村龍至建築設計事務所《BUILDING K》難波和彦+界工作舎《箱の家-128》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《MATSUBARA》ナカエ・アーキテクツ+高木昭良建築設計事務所+オーノJAPAN《NEアパートメント》難波和彦+界工作舎《箱の家-123》坂牛卓/O.F.D.A.《赤い家》南泰裕/アトリエ・アンプレックス《spin-off》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《センター北の住宅》西田司《"9坪ハウス キュウヘヤ" W邸》手塚建築研究所《回廊の家》フレームデザイン《藤沢の住宅》アトリエ・イマム《保土ヶ谷の住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-120[大野邸]》乾久美子建築設計事務所《アパートメントI》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《経堂の住宅》小泉誠《"9坪ハウス+"ON邸》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《新横浜の住宅》株式会社リプラス+齊藤正 轂工房 一級建築士事務所《n-OM1》山中新太郎建築設計事務所《ムサコハウス》基真由美/M.A.D+西牟田奈々/SML+大野博史(オーノJAPAN)《カコマレハウス》アーキテクトカフェ《羽根木の木の箱》坂牛卓+木島千嘉/O.F.D.A.《角窓の家》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《北茨城の住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-112[神宮前計画]》プロスペクター《南洋堂ルーフラウンジ》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《多摩川の2世帯住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-109》阿部仁史+阿部仁史アトリエ《東京ハウス"カド"》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《駒沢の住宅》アーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所《江戸川の家》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《経堂の住宅》新堀学《天真館東京本部道場》アトリエ・ワン《アコ・ハウス》阿部仁史+阿部仁史アトリエ《9坪ハウスTall》大島滋(Aプロジェクト)+芦沢啓治《Hapworth16》難波和彦+界工作舎《sobi infill》デザイン・ヌーブ《久が原のゲストハウス》小泉誠《9坪ハウス K邸》古谷誠章/NASCA《代田の集合住宅》プロトフォルム/玉田源+玉田朋子《青山のとあるマンションの改修》久野紀光+納村信之+テレデザイン《C-house》aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所《HEM》プロトフォルム/玉田朋子《初台の家》アトリエ・アンプレックス《Park House》アトリエ・ワン《KADOYA 315》アトリエ・ワン《ダス・ハウス》東風意匠計画《O宅》
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

移動する中心|GAYA 活動メンバー募集「サンデー・インタビュアーズ」説明会(世田谷区・11/27)

ロスト・ジェネレーションによる「声」の採集《準備編》 何を好み、嫌ったのか。 いつ笑い、泣いたのか...

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る