繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ

今村創平
Dieter Kienast

Dieter Kienast, Dieter Kienast, Birkhauser, 2004.

Frederick Law Olmsted

Charles E. Beveridge and Paul Rocheleau, Frederick Law Olmsted, Universe,1998.

Relating architecture to landscape

Jan Birksted, ed.,
Relating architecture to landscape, E & FN SPON,1999.

「庭とは、私たちの時代にあって最後に残された贅沢である」

ディーター・キーナスト

今回はランドスケープに関する本を取り上げるが、まずはふたりの対照的ともいえる作風を持つ造園家、ランドスケープ・デザイナーを紹介しよう。

ディーター・キーナストは、1945年にチューリッヒに生まれ、まずは庭師としての見習いをする。その後、カッセル大学にてランドスケープを学びなおし、以後ランドスケープ・デザイナーとして活躍する。キーナストは、ヘルツォーク・アンド・ドゥ・ムロン、ギゴン・アンド・ゴヤー、ディナー・アンド・ディナーなど、ドイツ語圏スイスの昨今活躍が目覚しい建築家たちとのコラボレーションを行なっている(98年没)。
彼の作品は、まだ日本では馴染みが薄いと言えるであろうが★1、この本"Dieter Kienast"は、一冊で彼の作品の魅力を余すところなく伝えている。彼の作風は、この本に納められたプロジェクトのドローイングや写真からわかるように、ミニマルな傾向を持つ。それらは明快な構成を持ち、限られた要素により強い存在感を示し、シチュエーションごとに個性的ともいえるはっきりとしたキャラクターを示すことに成功している。写真はすべて、写真家のクリスチャン・フォークストにより、それらはきわめて印象の強い緊張感をともなう白黒の画面となっている★2。また、この本にはランドスケープの研究家やキーナスト本人によるテキストが多数収められているが、キーナストによるテキストは単なる作品解説ではなく、彼があるヴィジョンと理想を持って仕事に取り組んでいたことをよく伝えている。

フレデリック・ロウ・オルムステッド(1822-1903)は、現代作家であるキーナストと異なり、歴史的人物ともいえる。アメリカにおけるランドスケープの父と呼ばれ、ニューヨークのセントラル・パークをはじめ、ワシントンD.Cのキャピタル・グラウンド、そのほか数多くの公園、大学のキャンパス、個人邸宅のための庭園などをデザインした。建築家ヘンリー・ホブソン・リチャードソンとのコラボレーションもいくつか行われたが、彼とは個人的にも深い親交で結ばれていた。
この"Frederick Law Olmsted"に見られる彼によるランドスケープは、自身がイギリスのピクチャレスク庭園に影響を受けたとすることからもわかるように、一幅の絵のような絵画的な美しさをたたえながら、どれも伸びやかで、雄大なものだ。オルムステッドが活躍した19世紀後半のアメリカとは、南北戦争(1861-65)に象徴されるように、この若い国が自らのアイデンティティを獲得しようとしていた時期であった。彼のランドスケープは、今日われわれがイメージするアメリカとはまったく異なる、健全で純粋ないわゆる「よきアメリカ」を体現しているものと思われる。これらの庭園や公園の風景を前にすると、人は勇気付けられ、前向きなエネルギーに満ちる自分に気付くであろう。オルムステッドはまた、多くの社会的な活動にも参加したが、つまり彼にとってランドスケープのデザインとは、よき共同体を象徴するものでもあった。

庭やランドスケープについて議論していると、サブライム(崇高)という言葉がキーワードとしてしばしば登場する。実際、息を呑むほど美しい光景に向かい合ったり、隅々まで神経の行き届いた端正な庭の中に佇むと、何か言葉にはできない特別な経験をしているとの確信をえることがある。ここに紹介したふたりのランドスケープ・デザイナーは、ともにこうした崇高ともいえる光景を実現することに成功した。しかし、その両者の作法はまったく好対照とも言え、キーナストはシンプルで時に緊張感を伴うような表現を追及し、一方オルムステッドは、自然の優美さと穏やかさに魅力を最大限に引き出している。ランドスケープや庭園における、ふたつの極ともいえるヴェクトルの可能性をここに見ることができる。

そして、次には庭園やランドスケープがどのように建築と関わってきたのか、そうしたことに興味が沸くであろうが、そのような両者の関係に関する考察というのはそれほど多くない。"Relating architecture to landscape"は、そのタイトル通り、建築とランドスケープを関係付けて論じようというテキストのアンソロジーである。編集は、庭園の研究家であるヤン・バークスタッドによるが、彼はイースト・ロンドン大学で教鞭をとり、ドコモモのランドスケープと庭園の委員会の議長を勤める。この本では、ルイス・セルトによる美術館と外部空間の関係に関するテキストと、映画監督デレク・ジャーマンの庭に関するテキストを寄せている。そのほかにも、カロライン・コンスタントによるプレチェニック設計のプラハ城の考察、オーギュスタン・ベルグによる東京の考察、ピーター・ブランデル・ジョーンズによるハンス・シャロウンの空間の考察などなど、興味深いテキストが集められ、イースト・ロンドン大学建築学科を率いる建築家ピーター・ソルターも論考を寄せている。

★1──筆者の知っている範囲では、建築家の槻橋修が、キーナストの紹介を2度行なっている。1回目は、『建築文化』2000年11月号「特集=ランドスケープ'80年代以降の現代ランドスケープの試み」において。ここで紹介されたキーナストの写真から強い印象を受けた読者も多いことと思う。筆者もその一人であり、その後長いことキーナストの全貌を知りたいと思っていたが、今回紹介する本がそうした要望に非常に適ったものであると思われる。槻橋によるもうひとつの紹介は、『ランドスケープ批評宣言』(INAX出版、2002)に収録されたキーナスト論「庭園のミニマリズム『楽園』へのまなざし」である。
★2──繰り返し述べているように、このフォークストによるキーナストの作品の写真はまったく美しいのであるが、難点を挙げるとすれば、この写真から受ける強い印象が、キーナストに帰するものなのか、フォークストに帰するものなのか、その判断がつきかねることだ。もちろん、優れたコラボレーションであるわけだが、少なくともこの写真からキーナストの作品そのものの質を的確に捉えるには困難がともなう。一方で、本文で述べたように、キーナストは多くのスイスの現代建築家のためのランドスケープをデザインしているわけだが、これらの写真は、そうした名声を持った建築家、ベッヒャーの影響を感じさせるドイツ圏の写真家、キーナストによる、贅沢なコラボレーションであるともいえよう。

[いまむら そうへい・建築家]


200409

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

シンポジウム「日本建築学会賞(作品)を考える」(港区・7/3)

日本建築学会賞の受賞者に贈られる賞牌は古墳時代の銅鏡「家屋文鏡」のレプリカです。1950(昭和2...

大和ハウス工業株式会社寄付講座開講「文化の居場所を考える」(豊島区・6/28)

21世紀の文化の容れ物−変容するビルディングタイプソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

前田紀貞建築塾「座会・其ノ十三[組織設計×ゼネコン×アトリエ]」(新宿区・6/23)

「座会」とは 世論や流行に流される事なく骨太な作品を発表し続けている建築家をゲストにお迎えしてタ...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...

伊藤暁建築設計事務所展「具体的な建築」(港区・6/8-7/23)

伊藤暁建築設計事務所の初の個展です。これまで考えてきた建築や、その手掛かりとなっていることがらを...

齋木克裕展 Non-Architectural Photographs(中央区・5/23-6/17)

齋木克裕は、ニューヨーク・東京を拠点にして、都市空間に目を向けた写真作品に取り組む美術作家です。空...

「ハーモニカ横丁にあつまる建築家」展(武蔵野市、6/15-6/21)

このたび、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」に集まる若手建築家たちに焦点をあてた展覧会を開催することとなり...

刊行記念イベント「建築家と小説家の再会」中山英之×柴崎友香×長島明夫(渋谷区・6/9)

気鋭の建築家・中山英之さんによる8年ぶりの新刊『中山英之|1/1000000000』(じゅうおく...

トークイベント「みんなの家、その先へ──3.11から学ぶ明日の住まい、建築」(宮城県・6/21)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは? 行政や企業へ期待するこ...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る