デザイン・ヌーブ《久が原のゲストハウス》

所在地

東京都大田区久が原3丁目

建築

デザイン・ヌーブ一級建築士事務所(担当:太田浩史、樫原徹)

構造

腰腹幹雄、加藤征寛

設備

明野設備研究所(担当:下原秀彦、櫻井正博、松本尚樹)

監理

デザイン・ヌーブ一級建築士事務所(担当:太田浩史、樫原徹)

施工

青木工務店(担当:吉村秀徳)

主要用途

共同住宅

構造

補強コンクリートブロック造一部鉄骨造

敷地面積

267.24平方メートル

建築面積

202.73平方メートル

延床面積

413.73平方メートル
1階:171.65平方メートル
2階:119.97平方メートル
3階:122.11平方メートル

建ぺい率

75.86‰/83.41‰

容積率

154.82‰/267.05‰

 

 

 

 

敷地は街区の南東の角に位置しており、南側を駅から続く商店街、東側を住宅街に接している。また、交差点を斜行する拡幅予定の計画道路により角地の角にあたる部分は隅きりされている。道路は車両の交通量が多く、複雑な状況を整理する信号や標識が溢れかえっている。
「ゲストハウス」というプログラムは短期滞在者を対象とした集合住宅であり、個室以外を共用空間として集約することがその建築的特徴である。われわれは2階共用廊下の幅を拡げ、ラウンジ、キッチンの機能をそこに重ね合わせて街路側に配置した。共用空間に巻き付くガラスのファサードを内部で繰り広げられる住民間の交流風景と外部である交差点のパノラマを交換するインターフェイスとして都市との接続をはかった。
建築の外形はシンメトリーのカーブやコンクリートブロック・ガラス・パネルによる三層構成の採用など可能な限り単純化を施した。結果として交差点特有の複雑さの浸潤を拒否するだけでなく、地域のランドマークとして場所にキャラクターを与えるという積極的な応答を示しえたとおもう。

樫原徹(建築家)

 


200404

連載 オープンハウス情報

吉村靖孝建築設計事務所《Nowhere but Hayama》菊地宏建築設計事務所《大泉の家》吉村靖孝建築設計事務所《部屋の家》MS4D《S-House》LEVEL Architects《西武線の住宅》藤村龍至建築設計事務所《BUILDING K》難波和彦+界工作舎《箱の家-128》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《MATSUBARA》ナカエ・アーキテクツ+高木昭良建築設計事務所+オーノJAPAN《NEアパートメント》難波和彦+界工作舎《箱の家-123》坂牛卓/O.F.D.A.《赤い家》南泰裕/アトリエ・アンプレックス《spin-off》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《センター北の住宅》西田司《"9坪ハウス キュウヘヤ" W邸》手塚建築研究所《回廊の家》フレームデザイン《藤沢の住宅》アトリエ・イマム《保土ヶ谷の住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-120[大野邸]》乾久美子建築設計事務所《アパートメントI》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《経堂の住宅》小泉誠《"9坪ハウス+"ON邸》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《新横浜の住宅》株式会社リプラス+齊藤正 轂工房 一級建築士事務所《n-OM1》山中新太郎建築設計事務所《ムサコハウス》基真由美/M.A.D+西牟田奈々/SML+大野博史(オーノJAPAN)《カコマレハウス》アーキテクトカフェ《羽根木の木の箱》坂牛卓+木島千嘉/O.F.D.A.《角窓の家》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《北茨城の住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-112[神宮前計画]》プロスペクター《南洋堂ルーフラウンジ》納谷学+納谷新/納谷建築設計事務所《多摩川の2世帯住宅》難波和彦+界工作舎《箱の家-109》阿部仁史+阿部仁史アトリエ《東京ハウス"カド"》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《駒沢の住宅》アーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所《江戸川の家》伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.《経堂の住宅》新堀学《天真館東京本部道場》アトリエ・ワン《アコ・ハウス》阿部仁史+阿部仁史アトリエ《9坪ハウスTall》大島滋(Aプロジェクト)+芦沢啓治《Hapworth16》難波和彦+界工作舎《sobi infill》デザイン・ヌーブ《久が原のゲストハウス》小泉誠《9坪ハウス K邸》古谷誠章/NASCA《代田の集合住宅》プロトフォルム/玉田源+玉田朋子《青山のとあるマンションの改修》久野紀光+納村信之+テレデザイン《C-house》aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所《HEM》プロトフォルム/玉田朋子《初台の家》アトリエ・アンプレックス《Park House》アトリエ・ワン《KADOYA 315》アトリエ・ワン《ダス・ハウス》東風意匠計画《O宅》
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

山岸剛写真集『Tohoku Lost, Left, Found』刊行記念トーク:山岸剛×植田実「『建築写真』とはなにか」(中央区・3/17)

『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXIL出版)の刊行を記念し...

公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」(港区・3/19)

横浜国立大学の都市空間研究会が主催する公開討議「西欧的空間の彼岸とイスラーム空間」が、3月19日に...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る