奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望

今村創平
El croquis Frank Gehry 1996-2003

El croquis Frank Gehry 1996-2003, Elcroquis editorial, 2003.

Foreign Office Architects: Phylogenesis: foa's ark

Foreign Office Architects(Farshid Moussavi, Alejandro Zaera-Polo), Foreign Office Architects: Phylogenesis: foa's ark, Foreign Office Architects, Actar, 2004.

ArchiLab's Earth Buildings

ArchiLab's Earth Buildings, Thames & Hudson, 2003.

Contextes: pavillon francais

Marie-Ange Brayer and Beatrices Simon, Contextes: pavillon francais, HYX(www.editions-hyx.com), 2002.

The Architectural Detail: Dutch architects visualize their concepts

The Architectural Detail: Dutch architects visualize their concepts, NAi Publishers, 2002.

フランク・O・ゲーリーの《ビルバオ・グッゲンハイム美術館》の大成功と、FOA(フォーリン・オフィス・アーキテクツ、アレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサビによるユニット)による《横浜港国際客船ターミナル》の完成は、建築の形態を巡る試みを新しい段階へと推し進め、そして今日におけるこういう傾向が決してマイナーな試みではなく、広く受容されうるものだということを証明して見せた。今回は、建築形態のヴォキャブラリー(語彙)を更新する試みを紹介する。

『EL croquis 117』は1996年から2003年の間の、フランク・O・ゲーリーのプロジェクトをまとめたものである。基本的には《ビルバオ・グッゲンハイム美術館》以降のものを集めたと言っていいだろうが、《ビルバオ》そのものは同誌88/89号に収録されたため、この号には入っていない。昨今、ぐにょぐにょした形態の建築は数多く試みられているものの、ゲーリーはどこか別格として扱われる傾向があり、また作品にしても毎度同じといった印象を持たれがちである。しかし、この建築家は《ビルバオ》以降も引き続き、自己の持つ形態言語の開発を着実に進めていることがこの本からは見て取れる。その語彙は多岐に渡り、プロジェクトごとに明確な輪郭を描きながらも、それでいて一見してゲーリーのものだとわかるところが面白い。《ビルバオ》の際には、形態と技術が一致しない張りぼてだとさんざん揶揄されたものだが、その点に関しても明らかに改良が進み、自由な形態が単に外観に現われるだけではなくそのまま内部空間ともなっているプロジェクト群は、完成が待たれると言っていいだろう。巻頭には、論客で知られる建築評論家ビアトリス・コロミーナによるインタヴューが掲載されているが、小難しい議論などなしに奔放に大作をばんばん実現するゲーリーと、きわめて分析的で理知的なコロミーナという、ミスマッチの組み合わせが面白い。コロミーナは、ART(芸術)、BUDGET(予算)、CLIENT(施主)......と、アルファベット順のキーワードによるインタヴューも試みていて、その遊戯的で即興的な方法により、ゲーリーからさまざまな無防備な回答を引き出すことに成功している。また、アーヴィング・レイヴィン(Irving Lavin)は、ゲーリー建築のもつ曲線を、バロック芸術の彫刻作品に見られるドレープ表現と関連づけて考察しているが、フランスの哲学者ジル・ドゥルーズの著作『襞──ライプニッツとバロック』がフォールディング派と呼ばれる建築家たちのバイブルとなっていることからも興味が持てる。

『Phylogenesis: foa's ark』 には、FOA創設以来、最初の10年(1993-2003年)の37のプロジェクトが集められている。その編集の方法は、昨年TNプローブにて開催された彼らの展覧会で用いられた、樹形図のような図式に各プロジェクトを位置付けるもので、この本ではその手法をさらに発展させたと言える。彼らも流れるような曲線を多用したプロジェクトが多いわけだが、それらは皆ある一定の幾何学に基づいているのであり、決して恣意的な形態ではないとの姿勢を見せる。また、すべてのプロジェクトをある図式のなかに位置付けることにより、さまざまなバリエーションが自動生成されているかのような印象を与える。上記のゲーリーが、建築家のブランドを売り物とし、彼の署名を強く刻み込むのに比べ、FOAは建築家個人の好みや意思によって、カタチが決められているのではないと、まったく対照的なアプローチを採っていることは、後続の参考となるであろう。また、サンフォード・クウィンター、マーク・ウィグリー、デトレフ・マーティン、ベルナール・カッシュ、ジェフニー・キプニスら、錚々たるメンバーの論客が寄稿している。

『ArchiLab's Earth Buildings』は、2002年フランス、オルレアンで開かれた同名のコンファレンスに合わせて出版された本である。編集はフラック・サントル(オルリアンにある世界で有数の現代建築の模型、ドローイング等のコレクションを持つ機関で、数多くの展覧会、コンファレンス、出版等の企画を行なっている/URL: http://www.frac-centre.asso.fr/)ディレクターのマリー・アンジュ・ブレイヤーとビアトリース・シモーネ。世界の若手建築家30組による、実験的なプロジェクトを集めているが、実際この企画を行なっているフラック・センターが現在世界で最も積極的かつ包括的に、若い世代の試みをバックアップしているのではないか。特にこの本では、Radical Experiments in Land Architecture とサブタイトルにあるように、ランドスケープと一体となったものなど、ダイナミックな曲線からなるプロジェクトを多く集めている。

『Contextes』は、同じくマリー・アンジュ・ブレイヤーがキュレーションを務めた、2002年のヴェネツィア建築ビエンナーレ、フランス・パヴィリオンのカタログである。フランスという国は、建築界にあってはル・コルビュジエという革新者を輩出したにもかかわらず、年長者が幅を利かせるきわめて権威主義的な土壌が今でもあり、長らく現代建築不毛の地であった(ジャン・ヌーヴェルやドミニク・ペローは、そうしたなかで非常に特別な存在である)。しかし、ようやく最近になって若手の新しい試みが目に付くようになり、この本ではそうした若手9組(デコイ、ペリフェリック、ドミニク・リオンといったすでに日本に紹介されている建築家も含む)の作品を集めているが、ここでも建築の形態の冒険が、主要な傾向として見て取れる。

『The architectural Detail: Dutch architects visualize their concepts』は、ここ暫く注目を浴び続けているオランダ現代建築のディテールを、建築家(レム・コールハース、ヴィール・アレッツ、MVRDVなど12組)ごとに紹介するものだ。こうしたディテールの本というのは、2つの楽しみ方があり、ひとつには実際に自身の実務の参考にしようというものと、もうひとつは話題の建築の裏を知ろうというものである。正直、技術的側面から見れば、斬新なものが次々実現するといっても、オランダのレベルというのはまだまだ低い。それは、一般的な認識でもあるが、この本の内容からもそう言えるし、この本の存在を知ったときも、企画として無理があると思ったものだ。日本は、建築技術的にはトップレベルにあるので、実務の参考にするのであれば、この本は使えない。役に立つとすれば、醒めた言い方であるが、例えば建築雑誌を賑わしたプロジェクトであっても、この本に掲載されたディテールを見る限り、それはせいぜい日本の若手が設計する住宅レベルであることを知ることにより、安易に彼らを真似することに歯止めがかかることか。しかし、こうした状況にあっても、さすがレムは違う。それは、装飾をはじめとした、ディテールにのめり込まず、ディテール・フェティシュ(日本によくある傾向ですね)にならないということに極めて意識的であり、「NO-DETAIL」というスタンスを宣言していることからも見てとれる。

以上、紹介した本からはさまざまな形態の実験を見ることができ、それは今までの形式から離れることにより、身体のより自由な振舞いや、精神の開放を促すものなのであろう。今はまだ計画段階のこれらのプロジェクトが実現した際に、どのような新しい建築シーンが広がるのか、期待は大きい。一方、これらはまだ過渡期のものであることから、一見華やかに見えながらも、実際に魅力的な実体を伴っているものか、眉唾のものも多数見受けられる。見慣れないものは、驚きは誘発するものの、価値を伴われなければ、見捨てられるのも早い。実際にこれらのなかから、後日も語るに足りうるプロジェクトは、ごくわずかであろう。しかし、そうであっても勇気をもって提案を行ない、それらへの批評をシビアに継続すること、その中にしか新しい建築の萌芽はない。

[いまむら そうへい・建築家]


200404

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る