ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]

今村創平

Mies Van Der Rohe, Terence Riley, Barry Bergdoll, Mies in Berlin, The Museum of Modern Art, 2002.

Yehuda E. Safran, Mies van der Rohe, GG, 2001.

Werner Blaser, Mies van der Rohe, Birkhauser, 1997.

D・スペース『ミース・ファン・デル・ローエ』(平野哲行訳、鹿島出版会、1988)

フランツ・シュルツ『評伝ミース・ファン・デル・ローエ』(澤村明訳、鹿島出版会、1987)

「ジャコメッティとわたしとは、ル・コルビュジェにも同じような反感を持っていました。ル・コルビュジェは家というものを破壊した。家の中でもっとも魅力的な要素、屋根を排除しました。」バルテュス★1

ミース・ファン・デル・ローエは、モダニズムの真摯な追及者として、その生涯に渡って純粋に抽象的な建築をデザインし続けたとされる。モダニズムの建築と、ミースの建築は、ぴったり一致するものと長く信じられていた。しかし、これは本人および、その信奉者により意図的に形成された一種の神話であったということは、最近のミースを取り巻く言説のなかでは、すでに広く確認済みといっていいだろう。例えば、八束はじめの著書『ミースという神話』★2のなかでも、《バルセロナ・パヴィリオン》(1929年)、《チューゲンハット邸》(1930年)といった傑作と平行して、きわめて保守的でブルジョワ向けの住宅がミースによって設計され、建設されていたことが指摘されている。つまり、自分が積極的にプロバガンダしていたものと、まったく反対のベクトルの作業を行なっていたのである。このことに限らず、ミースは決してわかりやすいひとつの典型としてまとめられるものではなく、きわめて矛盾を孕んでいた存在であった。

20世紀を代表する建築家の一人であるから、ミースに関する出版はもちろん多い。しかし、これはミースに限ったことではないのだが、日本では建築家の作品(写真およびドローイングなど)、伝記、フェアな批評を一冊にまとめた本が極めて少ない(昨年、丹下健三と林雅子のモノグラフが続けざまに出版されたのは、嬉しい例外である)。1986年の、ミース生誕100周年以降、断続的にミースに関する書籍が出版され続け、新たな発見が報告されている。2回に渡って、これらミースに関する本を紹介しようと思う。

『Mies in Berlin』は、2年前にニューヨーク近代美術館(MOMA)で開催された、同タイトルの展覧会に合わせて出版されたものであり、13本のテキストと、作品紹介の図版からなる充実した内容である★3。テキストは、展覧会を組織しこの本の共編者の一人でもあるテレンス・ライリーによる、ミースとMOMAの関係をめぐるものから始まり、ミースとアヴァンギャルドに関するもの(デトルフ・マーチン)、ベルリンにおけるモダニズムについて(ヴィットリオ・ランプニャーニ)、ミースの処女作の住宅について(フリッツ・ノイマイヤー)など多岐にわたっている。じつはこれらのテキストについては、すでに田中純による批評的なコメントがあり是非参照して欲しいのだが、そこでも指摘されているように、ここで集められているものは資料を丹念に追いかけた実証的なものであり、現在からどのようにミースを捕らえるかというアクチュアリティに欠けるとされている★4。それは、確かに正しい。ただ一方で、ミースをいじくりまわし、無理にひねった視点から捉えるテキストは、もう勘弁して欲しいという気持ちもある。日本ではすぐに最新の情報をと求める傾向があるから、このような客観的な資料を手元において、時々見返し、少しずつ味わうというのもなかなかいいのではないかと思う。
図版に関しても、いわゆる展覧会のカタログという性格から、普通の作品集のように建築写真が中心というわけではないが、ミース自身によるエスキースが多く納められていて、建築家の息遣いを感じることができる。

『Mies in Berlin』は、そのタイトルどおり、ミースの前半生に焦点を当てたものであるが、ここでの成果を含め、繰り返しになるが、ミースの見直しは継続的に行なわれている。しかし、ひとつここで疑問が生じた。《バルセロナ・パヴィリオン》は1986年に再建されたものであるし、《チューゲンハット邸》は東欧圏にあり、訪れることは長らく困難であった。いくつかのレンガ・ブロックの住宅もごく最近になって整備され公開されるようになっている。つまり、ドイツ時代のミースは、その実作をほとんど見られることなく、長年に渡って議論されてきたことになるが、それは本当に可能であったのであろうか。そうした状況がミースの神話を強化したことは間違いない。そして、今日では、これらの作品を見ることは可能になったわけだが、それによってわれわれのミース理解は深まったといえるのであろうか。例えば、私は80年代末に、《バルセロナ・パヴィリオン》と《チューゲンハット邸》を訪れているし、それは私と同世代以降には一般的なことなのだろう。しかし、ミースの実作を見ることがなかった上の世代と比べると、若い世代が受け取ったことと、そうでないこととがあるようである。ミース神話の解体が進み、多くの美しいカラー写真が届けられることにより、却って失われたことについて、あらためて思いをめぐらす必要もありそうだ。

『Mies in Berlin』はよくまとめられている資料であるが、どちらかというとミース中級者および上級者向けといえるであろう。まずは、ミースのことを初歩的なところから知りたいという人たちに、ミースの仕事を概観するのに便利ないくつかの本を挙げておこう。スペインのGG社より一昨年出版された『Mies van der Rohe』は、多くのカラー写真によりミースの21の実作を紹介している。つまり、プロジェクトは一切含まず、これはミース紹介としては珍しいスタンスかもしれない。テキストは、AAスクールを経て、現在コロンビア大学にいる建築批評家イェフダ・サフラン。ドイツの出版社BIRKHAUSERの『Mies van der Rohe』は、写真こそ白黒なものの、図版、解説がコンパクトにまとめられた好著だ。そもそも著者のウエルラー・ブレーザーは、ミース自身公認の作品集編者ともいえる存在で、事実この本は、1964年にミースとブレーザーの協働によって発行されたミースの作品集を定本としている。

ミースの評伝としては、85年に書かれた2冊がすでにともに、日本語に訳されているのがありがたい。SD選書のデイヴィッド・スペースによる『ミース・ファン・デル・ローエ』は、そのコンパクトな内容で、一番の入門書であろう。フランツ・シュルツによる『評伝ミース・ファン・デル・ローエ』は、大部な分、図版も大きく見やすく、ミースの生涯を詳細に追っている。八束も上記の著作のあとがきで「少なくともシュルツは読んでいるくらいの知識は前提にして書いている」としているように、ミースの伝記の定番と言えるであろう。

★1──コスタンツォ・コスタンティーニ編『バルテュスとの対話』(白水社、2003)。
★2──八束はじめ『ミースという神話 ユニヴァーサル・スペースの起源』(彰国社、2001)。
★3──同年、ホイットニー美術館にて「Mies in America」が開催され、同じように同名のカタログが発行されている。こちらはまた改めて紹介する。ちなみにこれら2冊は、今年になってペーパーバック版が発行され、以前の半額近くの価格となり入手しやすくなった。
★4──田中純「ミースの年 その建築の面影」(『建築文化』2002年4月号、彰国社)。

[いまむら そうへい・建築家]


200312

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

HOT CONTENTS

2018-12-18

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

ベロニカ・アントニオウ「ゴリラたちによるフリースペースへのトリビュート:キプロス、ヴェネチア、東京」(渋谷区・12/9)

第1回となるELSE.W.HERE(エルズウェア:ここではないどこか)では、地域や国境を横断...

FUSION_N×MEZZANINE VOL.3 ローンチイベント「起業都市(ニューヨーク)巨大テック企業たちは、今なぜ都市をつくりたがるのか(トロント)」(千代田区・12/13)

新しいものと伝統あるもの、古くからの個人商店とオフィスビルとが違和感なく共存している千代田区神田エ...

『出島表門橋と12の橋|DEJIMA FOOTBRIDGE & 12 BRIDGES』刊行記念 渡邉竜一+門脇耕三トークイベント(渋谷区・12/21)

「土木学会田中賞」を受賞するなど高い注目を集め、地元・長崎でも熱狂的に支持されている「出島表門橋」...

アートプラザ開館20周年記念 ARATA ISOZAKI TALK+EXHIBITION(大分県・12/17-27)

アートプラザは、大分市出身の世界的建築家・磯崎新氏の設計により「大分県立大分図書館」として1966...

福井をゆさぶる2夜連続トークイベント「福井のこれから、わたしがつくる」(福井・12/15,16)

今、福井では、4年後の北陸新幹線の延伸により福井駅前/福井市街地の再開発がはじまり、いよいよヒ...

建築情報学会キックオフ準備会議第5回(目黒区・12/14)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る