家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム

今村創平

Peter Sulzer, Jean Prouve Complete Works Volume 1: 1917-1933, Birkhauser, 1995.

Peter Sulzer, Jean Prouve Complete Works Volume 2: 1934-1944, Birkhauser, 2000.

Peter Sulzer, Jean Prouve Highlights 1917-1944, Birkhauser, 2002.

Arne Jacobsen Architect & Designer, Danish Design Center, 1999.

Hans J Wegner on Design, Danish Design Center, 1994.

2G No.4 Arne Jacobsen Public Buildings, Gustavo Gili S.A., 1998.

Poul Kjærholm, Arkitektens Forlag, 2001.

昨今の家具ブームというのはまだしばらく続きそうであるが、それが通り一遍のファッションで終わるのではなく、身体に近いところから自分を取り巻く状況をリアルに考えるいい契機になればいいと常日頃考えている。それはともかく、最近家具デザインの大御所であるデザイナー、建築家の集大成とも言える本がいくつか出版されているので、まとめて紹介したい。

まずは、このところ『PEN』(TBSブリタニカ、2002年8月1日号)といった一般誌でも特集が組まれるように注目を浴びているジャン・プルーヴェは、最近家具が復刻販売されたり、ヴィンテージの椅子が人気を呼んだりしている。しかし日本への紹介は毎度断片的であり、書物もほとんどなかったのでその全体像をつかむのはなかなか難しかった。そうした中、生誕100周年に機を合わせ大規模な回顧展がパリで開かれ、またここで紹介するような完全作品集の刊行が進められている。Peter Sulzerによる『Jean Prouve Complete works』は全4巻予定されているうち現在第2巻まで出版されているが(「同 vol.1 1917-1933」, 「同 vol.2 1934-44」)文字通りプルーヴェの業績を網羅しようとする意欲的なものだ。彼の、10代のメタルワークから、家具、建築その他多岐にわたる作品が集められており、まさに決定版というのに相応しいものとなっている。プロジェクトの写真のみならず、多くの製作図、スケッチが納められているので、彼がまさにものを作る職人であったことがよくわかるだろう。ただし、大量なスケッチ、家具のさまざまなヴァリエーションまですべて集められているため、量からも価格からも、マニアではないという人には、過剰な内容かもしれない。嬉しいことに今年になって、この既刊の2冊をまとめたダイジェスト版ともいえるものが発行され、こちらはサイズからも価格からも手に取りやすいものとなっており、一般にはこちらで十分だろう。いずれにせよ、続く第3巻、第4巻が無事刊行されることを望む。

家具にはいくつか定番中の定番というものがあるが、アルネ・ヤコブセンによるアリンコ・チェアはその代表と言えよう。ヤコブセンもプルーヴェ同様日本では家具の印象があまりにも強く、その他の仕事というものがあまり知られていない。しかし、彼はまず建築家であり、彼の建築が特筆すべき美しさを携えていることはもっと知られてもいいのではないか。彼の仕事をコンパクトにまとめたものとしては、デンマーク・デザイン・センターから出ている『Arne Jacobsen, Architect and designer』が、建築、家具、インダストリアル・デザインを美しいレイアウトで紹介している。ただし、一部写真が古いのが難か。

ちなみにこの本と同じシリーズで出ている『Hans J Wegner』もデンマーク家具界の重鎮とも言うべきウエグナーの魅力を余すところなく伝えており、お奨めである。北欧の家具イコール木製というイメージは定着しているが、ウエグナーがどれほど木という素材を探求しデザインをしているかがわかり、それによってデンマークの家具への理解も深まるであろう。この本は一時期日本語版も出回っていたが、最近は見かけないので残念ながらそちらの在庫はすでにないようだ。また、やはり同シリーズにはオーディオ機器の洗練されたデザインで知られるバング・アンド・オルフセンの本などもあるので、デンマーク・デザイン好きの方は一度このシリーズをあたってみてはどうか。(デンマーク・デザイン・センターのサイトはhttp://www.ddc.dk/)余談ながら、ウエグナーの椅子というのは少し前までは、建築雑誌の住宅のダイニングの写真に写っている椅子としては定番であり、特にYチェアは宮脇壇から篠原一男まで幅広く採用されていた。しかし最近はとんとお目にかかった記憶がないのだが、ウエグナー・リバイバルも是非起きてほしいものである。

話をヤコブセンに戻すと、彼の建築に関してはスペインの建築書のシリーズ、2Gの中にある『Arne Jacobsen Public Building』がお奨め。新たに撮りおろしたカラー写真も多く、ヤコブセンの建築の魅力を知るにはうってつけである。ヤコブセンも今年生誕100周年にあたり、当地では各種展覧会等が開かれているのだが、数年前にデンマーク語で出た完全作品集もやっと英語版が出た。(「Arne Jacobsen」 Danish Architectural press刊。)実は今回この本を紹介したかったのだが、いろいろ手を尽くしたものの入手することが出来なかった。また改めて紹介したいと思う。

デンマークの家具は、機能性に優れ快適であり、と同時にデザイン的にも美しく完成度が高いことが特徴である。その中でも、洗練されたデザインの極ともいえるのがポール・ケアホルムのものである。ケアホルムの椅子PK-5に比べると、コルビュジェのLC-15やミースのバルセロナ・チェアですら野暮ったく見えてしまう。また、イームズ、プルーヴェはポップやカジュアルであるところから受けていて、それが現在の空気なのであろうが、ケアホルムはその対極にあるといっていいだろう。そのケアホルムの作品集が『Poul Kjærholm』。彼の家具を撮ったモノクロームの写真は圧倒的に美しく、また彼が行ったディスプレイ・デザインも新鮮だ。テキストもさまざまな視点からのものが収められていて、ケアホルムの全貌を知ることが出来るであろう。

最後にデンマーク家具全体をまとめたものとしては、織田憲嗣による「デンマークの椅子」(グリーンアロウ出版社)が秀逸。170点の椅子が写真、図面とともに紹介されており、また巻頭のテキストはデンマーク家具の通史となっており、なぜデンマークにこのような椅子の文化が成熟したのかをわかりやすく教えてくれる。資料的価値も高く、この内容でこの価格というのも魅力。日本語の本であるが、優れた本であるのであえて取り上げてみた。

[いまむら そうへい・建築家]


200209

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

地域社会圏」と「現代総有」─個人・社会・空間をつなぐ新しい考え方─(千代田区・9/1)

人口減少と少子高齢化、東京への一極集中に代表される都市部と地方の格差拡大、グローバル化が進む中で...

「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-(品川区・8/4-10/8)

ニセフォール・ニエプスによって撮影された歴史上初の写真が作業場の窓から見える納屋と鳩小屋の映像であ...

UNBUILT: Lost or Suspended(品川区・8/4-10/8)

建築の歴史はある意味で「敗者の歴史」である。計画取り止めやコンペ敗北の時点から"過去"になることで...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...

Urban study Vol.1ファシリテーターとワークショップの役割(杉並区・8/25)

高円寺・阿佐ヶ谷で杉並区役所に登録して若手建築家主導でまちづくり団体を作ります。まちづくり+建築...

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島「世界の都市の中の"島"」(大阪府・8/25)

アートエリアB1は、開館10周年を機に新たなプロジェクト「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島...

カルティエ現代美術財団「自由な建築」展・出品プロジェクトを語る 石上純也レクチャー+サイン会(渋谷区・8/25)

2018年3月30日より、世界的にも評価の高い気鋭の建築家・石上純也氏の大規模個展「JUNYA ...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...

日仏建築文化交流展2018 Communication Beyond Words(千代田区・8/4-22)

日本とフランスの友好160周年を記念し、建築を通した文化交流プログラムを開催します。両国から3組ず...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る