知られざるしかし重要な建築家

今村創平

c.j. lim, realms of impossibility:ground , Wiley Academy, 2002.

c.j. lim, realms of impossibility:air, Wiley Academy, 2002.

Raoul Bunschoten, Urban Flotsam, 010 Publisher, 2001.

Alberto Ferlenge, Paola Verde, Dom Hans van der Laan, Architecture & Nature Press, 2001.

今月よりこの場で洋書の紹介を担当することになった。海外の出版物の内容を伝えるとともに、関連して海外の建築事情のようなことにも触れられればいいと考えている。外国に行く機会の少ない、私を含めて大部分の人にとって、海外からの書物とはその本の内容もさることながら、その本の出版される背景を知る手立てであり、結果外国の建築界の動向をうかがうことが出来るわけである。そのため毎回ごとにテーマを決め、まとめて何冊か紹介することで、単にカタログ的に羅列するのではなく、もう少し広い視野を提供するように努めたいと思う。

また、常々建築洋書を扱う書店に行くと不満に思うのは、どこでもレム、ゲーリー、シザなどなどといったビッグ・ネームが中心で、品揃えが同じだということである。商売上やむをえないこととは思うが、この場ではそうした放っておいても目に付く書物はさけ、もう少し知られる機会が少ないが、よい内容を持つというものを取り上げたいと思う(当然、ビッグ・ネームのものでも、取り上げるべきものは紹介しますが)。

初回なので前ふりが長くなったが、今回は日本ではあまりもしくはほとんどまったく知られていないが、海外では一部で非常に強く支持され、評価されている建築家の書物を紹介したいと思う。

まずは、ロンドン大学バートレット校のシー・ジェイ・リム。マレーシア生まれの彼は、AAスクールを卒業し、以来ロンドン大学でクリスティーヌ・ホーレイとともにユニットを持っている。彼の存在はロンドン・アバンギャルドの健在を示すもので、卓抜な表現力とファニーともいえる想像力と新しいテクノロジーの結合を目指す彼のプロジェクトは、正しくアーキグラムの末裔のものであるといえよう。その彼の作品集としては、2年前にまとめられた「Sins(罪)」がありそれも是非一度手に取って彼の世界に浸って欲しいものだが、この度シージェイの編集により『realms of impossibility(不可能性の王国)』という本が出版された。この本は実際には3冊からなり、それぞれ「Air(空気)」、「Ground(大地)」、「Water(水)」とのサブタイトルが付けられている。ここでは、世界中の建築家、アーティストの実現したプロジェクト、計画案が多数集められ、この3のカテゴリーに分類されているのだが、個々のプロジェクトもユニークながら、それらをまとめて差し出す編集の手つきがシージェイ独特のもので、この本自身が彼のプロジェクトとなっていることがよくわかる。


c.j. lim, realms of impossibility:ground,
Wiley Academy, 2002.

この夏は広島現代美術館での展覧会、新建築社のコンペの審査員と、久しぶりにダニエル・リベスキンド再発見というムーブメントが日本で起きるだろう。当然彼自身重要であるが、リベスキンおよび故ジョン・ヘイダックに直接教わったアヴァンギャルド建築家のグループというものが建築界にはある(リベスキン自身、ヘイダックの教え子である)。その中では、ディラー・アンド・スコッフィディオ、ライザー・アンド・ウメモトなどの名前は日本でもなじみがあるかと思われるが、ここでは80年代にともにAAスクールで教え、カリスマ的人気と影響力を持っていたラウール・ブンショーテンとドナルド・ベイトの二人を取り上げる。そもそも彼らがAAで教えるきっかけとなったのは、AAの当時の校長アルビン・ボヤスキーにユニットで教えることを請われたリベスキンドが、それを辞退する代わりに、ラウールとドナルドを自分の代理として推薦したからだという、かなり信憑性の高い噂を聞いたことがある。そのラウールのここ10年間の活動の集大成とも言える本が『Urban Flotsam(都市の漂流物)』であり、日本を含む世界各地で行われたワークショップ等を通じて彼の都市へのアプローチ、より広くには世界認識のまなざしというものが開示されている。ドナルドのほうには残念ながら作品集といえるものはまだないが、『エル・クロッキー』その他でのリベスキンドとの対談を読むことが出来るし、今年末にオーストラリア、メルボルンに完成するラディカルな大型プロジェクト「フェデレーション・スクエア」については、上記の彼のHPにて確認されることを強くお願いする。ついでながら、最近AAから帰ってきた学生に「今AAでアクティブなユニットは?」と聞くと、星野拓郎(「Urban Floatsam」の共著者)と江頭慎のそれぞれのユニットを挙げていた。(星野さんはジャン・ミッシェル・クレタッツとの共同ユニット)。私が10年ほど前にAAにいたころには卒業したばかりであった日本人のお二人が、現在AAの中心的役割を担っているというのはなかなか感慨深いものがある。

最後に紹介するのは『Dom Hans van der Laan』。ベネディクト派の修道士ハンス・ファン・デル・ラーンは、1904年オランダのライデンに生まれる。デルフト大学で建築を学ぶが、23歳のときに建築の道に進むのをやめ修道士となり、1991年にヴァールの修道院でなくなるまでの一生を信仰に捧げた。しかし、修道士であるとともにいつしか修道院、教会等の設計、建設にたずさわるようになり、特に彼がその生の大半を過ごしたヴァール修道院の工事は30年の長きに渡った。それは、彼にとって日々の信仰の実践と建物の建設とが一致するものであったからであり、彼の清潔で簡素な建築のスタイルは20世紀のル・トロネといっても許されると思う。このような背景を持つため、彼の名前がいわゆる建築界ではあまり聞こえずにきたのは仕方がなかった。しかし昨今ヨーロッパでは彼の展覧会が開かれ、このように作品集も出されるなど、彼の業績への関心が高まっている。そもそも私が彼の名前を覚えるようになったのは、海外から来た哲学者やアーティストから「ハンス・ファン・デル・ラーンって知ってる?すごくいいよ。」と何度か言われたからであって、決して建築ルートからではない。日本にも一度きちんと紹介されてしかるべき建築家(修道士)とその作品だと思う。

★──昨年8月より本コーナーの執筆を担当していただいておりました大島哲蔵氏が6月、急逝されました。『10+1』No.29(9月20日刊行)で、大島氏の未発表テキストおよびレクチャー採録を予定しております。大島哲蔵氏のご冥福をお祈りいたします。[編集部]

[いまむら そうへい・建築家]


200208

連載 海外出版書評|今村創平

今となっては、建築写真が存在しないということはちょっと想像しにくい西洋建築史における後衛としてのイギリス建築の困難とユニークさ独特の相貌(プロファイル)をもつ建築リーダーとアンソロジー──集められたテキストを通読する楽しみ建築家の人生と心理学膨張する都市、機能的な都市、デザインされた都市技術的側面から建築の発展を検証する試み移動手段と建築空間の融合について空に浮かんだ都市──ヨナ・フリードマンラーニング・フロム・ドバイ硬い地形の上に建物を据えるということ/アダプタブルな建築瑞々しい建築思考モダニズムとブルジョワの夢セオリーがとても魅力的であった季節があって、それらを再読するということレムにとって本とはなにかエピソード──オランダより意欲的な出版社がまたひとつ建築(家)を探して/ルイス・カーン光によって形を与えられた静寂西洋建築史になぜ惹かれるのか世代を超えた共感、読解により可能なゆるやかな継承祝祭の場における、都市というシリアスな対象日本に対する外部からの視線深遠なる構造素材と装飾があらたに切り開く地平アンチ・ステートメントの時代なのだろうか?このところの建築と言葉の関係はどうなっているのだろうかドイツの感受性、自然から建築へのメタモルフォーシスリテラル、まさにそのままということを巡る問いかけもっと、ずっと、極端にも遠い地平へ強大な建造物や有名な建築家とは、どのように機能するものなのか素顔のアドルフ・ロースを探して住宅をめぐるさまざまな試み手で描くということ──建築家とドローインググローバル・ネットワーク時代の建築教育グローバル・アイデア・プラットフォームとしてのヴォリューム等身大のリベスキンド建築メディアの再構成曲げられた空間における精神分析変化し続ける浮遊都市の構築のためにカーンの静かなしかし強い言葉世界一の建築イヴェントは新しい潮流を認知したのか建築の枠組みそのものを更新する試みコンピュータは、ついに、文化的段階に到達した住居という悦びアーキラボという実験建築を知的に考えることハード・コアな探求者によるパブリックな場の生成コーリン・ロウはいつも遅れて読まれる繊細さと雄大さの生み出す崇高なるランドスケープ中国の活況を伝える建築雑誌パリで建築図書を買う楽しみじょうずなレムのつかまえ方美術と建築、美術と戦争奔放な形態言語の開発に見る戸惑いと希望建築と幾何学/書物横断シー・ジェイ・リム/批評家再読ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[2]ミース・ファン・デル・ローエを知っていますか?[1]追悼セドリック・プライス──聖なる酔っ払いの伝説ハンス・イベリングによるオランダ案内建築理論はすなわち建築文化なのか、などと難しいことに思いをめぐらせながら「何よりも書き続けること。考え続けること。」建築を教えながら考えるレムの原点・チュミの原点新しい形を「支える」ための理論シンプル・イングランドヘイダックの思想は深く、静かに、永遠にH&deMを読む住宅の平面は自由か?ディテールについてうまく考えるオランダ人はいつもやりたい放題というわけではないラディカル・カップルズ秋の夜長とモダニズム家具デザインのお薦め本──ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナー、ポールケアホルム知られざるしかし重要な建築家
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る