工学書と芸術書のうまいミキシング

大島哲蔵

Paul Virilio, A Landscape of Events, The MIT Press, 2000.

Hal foster, Richard Serra, The MIT Press, 2000.

Nicholas Baume, Sol Lewitt: Incomplete Open Cubes, The MIT Press, 2001.

Approximations: The Work of Peter Markli, The MIT Press

Mohsen Mostafavi, Structure as Space: Architecture and Engineering in the Work of Jurg Conzett, The MIT Press, 2002.

MITプレス(http://mitpress.mit.edu/)は数ある大学出版局のなかで、最も積極的に建築関連を取り上げている有り難い存在である。私が今も覚えている鮮烈なシーンとして、この出版局がリリースしたヴェンチューリの『Learning from Las Vegas』が初入荷した日の一件がある。それは1972年のとある日だったはずだが、今まで見たことのないタイプの美しい装丁で(現在入手できる縮約版のペーパーバック[3,630]とは全く別物と言ってよい)ページをめくるごとに心が踊るようで、実際それは飛ぶように売れてしまった。とにかく著者の斬新なコンセプト(写真、ドローイング、コラージュでの)が本を手に取るだけで伝わってくる不思議な「作品」に仕上がっていた。記憶をたどってみると同じようなことが何度かあり、例えばパオロ・ソレリの『Arcology』などもMITの初版で接してはじめて、その何たるかを知ることができる。

一方でMITのペーパーバックの出し方には、教えられるところが多い。まずタイミングが絶妙である。よく読まれる本は初めクロスバウンドで出版され(少し高い感じがする)、欲しいけどなーと迷っているうちに(その熱がさめないタイミングで)ペーパーが約半値でアナウンスされるから結局は買わされてしまう。その時機を逸すると、たいがいの本は内容的に古くなるからもう買わなくてもよくなるのになーと悔しい思いがするほどだ。独創的な著者のコンセプトに相応の対価を払ったうえで、専門家にそれが浸透するのを見計らって今度は一般の共有財産にするやり方が徹底している。残念ながらこんな発想をする大学系出版社は日本には存在しない。出版活動が大学での研究成果を社会化するうえで、どのような役割を担うのかという視点からシステム構築されているMITと比べると、マーケティング(需要側が何を求めているのか)がまるで欠落しているわが国のそれは、まったく官庁刊行物と同じ生気のない顔付きをしている。

もっとも本作りは別のところで担当し、流通だけをMITが面倒見ているケースも散見される。とくに芸術関連書がそうなのだが、これもその方面に早くから取り組んできた出版局の側に先見の明があったと言うべきだろう。そしてこのことはかなり重要だと思うのだが、工学書さらには科学的方法で追い切れない部分を芸術でフォローするという明確な意識があるから、この方面に積極的になれるのではないか。別の視点からすると、近年ますますアメリカの大学は付属ギャラリーを(設計も含めて)拡充しているが、しばしば指摘される「立場を超えたコミュニケーションのトゥール」としての意義のほかに、芸術的な意味発生のメカニズムに親しむことで、想像力(創造力)が高まり数値や論理の連鎖に飛躍を持ち込むことができる----と考えているフシがある。

MITが過去に出版した建築関連書は膨大で、その多くが絶版になっているから、ここでは最近のめぼしいものだけを取り上げる。まず一昨年に出版されたウィリアム・ミッチェルの『E-Topia: "Urban Life, Jim - But Not As We Know It"』がもうペーパーバック(¥2,510)になっている。この人はMITの建築・都市系学部長で、前著の『City of Bits』は日本でも歓迎された。今度の本も建築−都市の観点からIT革命後の生活像を論じた興味深い内容である。学者として目下進行中のディジタルネットワーク社会を論じるというより、彼自身やその周辺が現実にそれのシステム構築しているところに説得性がある。またスタンフォード・アンダーソンの『Peter Behrens and a New Architecture for the Twentieth Century』(ハード ¥10,790)は、英語で読めるベーレンスの初めての本格的な出版物である。またベルナール・チュミの『Event-Cities 2』(¥6,300)は購入された人も多いことだろう。そのチュミが序文を書いているポール・ヴィヴィリオの『A Landscape of Events』(¥2,880)も面白そうだが、内容は新聞のコラムのような軽い文章である。第3章に「錯乱のニューヨーク」と題してワールド・トレードセンターの話題が提出されており、今回のテロ攻撃はある程度予想されていたことが解る。

アート関連ではリチャード・セラに関する主要論文をハル・フォスターが編んだ『Richard Serra』(¥3,590)が面白いし、『Sol Lewitt Incomplete Open Cubes』(¥4,130)もルーイットの最盛期の作品を扱っている。ペーパーバックになったタイトルで内容が濃いのは『Constantin Brancusi』(¥7,650)と『Object to be DestroyedThe Work of Gordon Matta-Clark』(¥3,950)だが、後者は装丁が素晴らしいハードバックを奨めたい(¥6,300)。故ゴードン・マッタ・クラークの廃屋の切り抜き作品については、事あるごとにその重要性を強調してきたつもりだ。これから出る新刊としては『Andy Warhol』(¥3,050)が注目され、これは前記のセラのものと同じく『オクトーバー』誌のシリーズ(October Files Series)として今後も続刊されるようだ。ウォーホル論は何を読んでもたいがい面白いのだが、それは論述対象の仕事自体と振舞い全般が精彩に溢れているからだ。

建築関連の新刊としてはAnyシリーズの最終巻『Anything』(¥6,300)がアナウンスされているが、これはいずれ日本語版が出る(NTT出版、2000年上半期)。またポール・シェーアバルトの『The Gray Cloth』(¥4,130)はドイツ語の英訳版だが、ドイツ表現派の連中が拠り所にしていたテクスト(空想小説)ということで興味深い。また『Reyner Banham : Historian of the Immediate Future』(¥7,190)はバンハムの評伝ということで、批評系の者としてはわが国でのクリティックの処遇との差に愕然とする。それから『The Boulevard Book History, Evolution, Design of Multiway Boulevards』(¥7,190)は文字どおり大通りを扱った新刊だが、こうしたジャンルを取り上げてうまくまとめるのが昔からのMITのパターンである。新しくペーパーバックになったもののなかではケネス・フランプトンの『Studies in Tectonic Culture : The Poetics of Construction in Nineteenth and Twentieth century Architecture』(¥6,290)とマーク・ウィグリーの『White Walls, Designer Dresses The Fashioning of ModernArchitecture』(¥6,290)が有り難い。

少し気になるのが、今期(2001年のFall)初めてAAスクール(http://www.aaschool.ac.uk/publications/)の新刊書のうち代表的な2冊(『Approximations: The Work of Peter Markli』と『Structure as Space: Architecture and Engineering in the Work of Jurg Conzett』 いずれも¥7,200)がここから配給されることで、最近はさすがのMITでも冒頭に記したような鮮やかな新機軸にはお目にかかったことがなく、両校の出版部門が相補的な協力提携をテストしてみたわけだろう。しかもその内容はいづれも(イギリスではなく)スイスの建築家と構造技師の作品集----とくに後者は注目すべき内容だと思う----である。最近はどこでも新鮮なソースが底をついてきたのだなーと思い知らされる。

[おおしま てつぞう・建築批評家]


200112

連載 海外出版書評|大島哲蔵

デザイン関連書の新刊よりコンパクトなインパクト──Birkhauser社の新刊をめぐってピックアップ・サプライヤーの活用2月末の少し寒いロンドンからスペイン建築界と共に歩んだGG社(Editorial Gustavo Gili, SA)オランダ建築界の世界戦略工学書と芸術書のうまいミキシング英語建築書の底力出版活動が状況をリードする余地期待が集まるエレクタ社
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る