INFORMATION

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として、講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」が催されます。

-

1927-1933年の間にバウハウスで学んだ4人の日本人のうち、山脇巌(1898-1987)と妻の道子(1910-2000)は1930-1932年、バウハウスに留学した。もともとは建築が専門だった山脇巌だが、彼がバウハウス時代に完成させた作品は主に写真とコラージュだった。
そのひとつが『バウハウスへの打撃 Schlag gegen das Bauhaus』(1933)というタイトルのコラージュ作品である。1933年当時はまだ、山脇の作品は全体主義的な政治体制に対する批判だったと理解されるが、30年代の終わりには変化がみられる。日本政府の委嘱により1939年のサンフランシスコ万国博覧会のためにフォトコラージュを作成させたが、それは日本を強く活気ある国家として演出する目的で用いられたのである。本講演では、当時の日本ではまだ新しい分野だったグラフィックデザインとフォトジャーナリズムが、国家のプロパガンダの手段としていかに効率的に利用されたかを明らかにする。 [ウェブサイトより抜粋]


日時
2019年10月25日(金)19:00 -

会場
ゲーテ・インスティトゥート東京 図書館
(東京都港区赤坂7-5-56 2F)

言語
ドイツ語・日本語逐次通訳付

参加
無料(なるべく事前にお申込み下さい)
申込み方法はウェブサイトをご確認ください

ウェブサイト
講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: JIAデザイントーク2019 第1回「
次の記事:中山英之 , and then 仙台展(

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る