INFORMATION

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつくり、リサーチや実験を繰り返しながらそのプロジェクトの核をつくる試みです。8月~2月にかけて、複数のプロジェクト"スタディ"(勉強、調査、研究、試作)を展開します。
ナビゲーターは、アーティスト、ディレクターなど、関心や属性の異なる「つくり手」が担当。東京という土地との関わりのなかでテーマを設定します。また、スタディを実行するうえで必要な人材について適宜提示し、チームをつくりながら展開します。 [ウェブサイトより]


スタディ1|続・東京でつくるということ
 「わたしとアートプロジェクトとの距離を記述する」
スタディ2|東京彫刻計画
 2027年ミュンスターへの旅
スタディ3|'Home' in Tokyo
 確かさと不確かさの間で生き抜く

基本情報
◎日程
2019年8月 - 2020年2月
※スタディごとに、活動頻度、期間は異なります。
 詳細はウェブサイトの各スタディのページをご覧ください。


[共有会]
共有会1:11月10日(日)
共有会2:1月19日(日)
※共有会は3つのスタディ合同で開催

◎会場
ROOM302 ほか
(東京都千代田区外神田6-11-14-302[3331 Arts Chiyoda 3F])
※スタディにより異なります。

◎主催
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

募集概要
◎募集人数
各スタディ10名程度

◎対象
- アートプロジェクトを「つくる」ことと向き合いたいひと
- アートプロジェクトの新たなアプローチを模索しているひと
- 各スタディのテーマにチームで取り組むことに関心があるひと
- ご自身の活動と向き合ったり、今後の活動のヒントを探ったりしたいひと
※アートプロジェクトの現場経験は問いません

◎参加費
一般30,000円 学生20,000円/約6ヶ月
※フィールドワーク等の交通費は別途実費となります。

◎申込〆切
2019年7月21日(日)

各スタディの詳細や申し込み方法はウェブサイトをご覧ください。

特徴
1.スタディのやり方・内容は、つくりながら展開します
2.答えではなく、問いや、もやもやを大事にします
3.企画や作品など「かたち」にすることを必須とはしません
4.新しいことを生み出す身体感覚を身につけます
5.「つくる時間」をつくるスキルを身につけます
6.つくるコミュニティを形成します
7.スタディの学びを重ねる環境があります
(スタディルーム/ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F]))※要予約

ナビゲーター
石神夏希(劇作家/ペピン結構設計/NPO法人場所と物語 理事長/The CAVE 取締役)
佐藤慎也(プロジェクト構造設計)
居間 theater〔宮武亜季、稲継美保、東彩織、山崎朋〕(パフォーマンスプロジェクト)
大橋香奈(映像エスノグラファー)

スタディマネージャー
坂本有理(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)
嘉原妙(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)
上地里佳(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)

ウェブサイト
東京プロジェクトスタディ(Tokyo Art Research Lab [TARL])




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」
次の記事: トークイベント・写真展「TOKYO A

INFORMATIONRSS

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る