『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』をめぐって 3

現代編 第一部「都市の記憶」

天内大樹+五十嵐太郎ほか

2010年1月18日 南洋堂書店 N+ギャラリー MP3 8.2MB 17'59''

PLAY

天内──ここでは広場というのが大きなテーマとしてあります。政治の側から国会と最高裁判所、経済の側から日本銀行があげられていますが、どちらも広場ないことに注目されています。どうやら日本の権力的な建物は、まわりに広場があると都合が悪いらしい。例えば、赤の広場や、シャンゼリゼ、プラハのバーツラフ広場など、海外では街路を広げただけの場所があって、そこに人が集まって集会することがけっこうあるのですが、日本ではまずできません。......五十嵐さんに質問なのですが、広場に人が集まって集会する、あるいはお祭りでもいいのですが、東京において、広場がそういった役割をはたす可能性はどのくらいあると思いますか。



『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』
著者:五十嵐太郎
発行:彩流社
発行日:2010年1月20日
サイズ:288頁
価格:2,310円(税込)
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕