テーマ討議 坂倉準三展をめぐって1

建築展と資料保存──二つの「坂倉準三展」から

大村理恵子+天内大樹+五十嵐太郎+南泰裕

2009年9月 7日 パナソニック電工 汐留ミュージアム MP3 15.9MB 23'05''

PLAY


天内──坂倉さんの活動の全体というのは、特に住宅はあまり知られていませんし、公の団地の仕事でも、どこに記録が残っていて、どこまでが坂倉準三の仕事なのかわかりにくいと思います。資料集めで苦労なさった点はありますか。
大村──資料の多くは坂倉事務所からお借りしているのですが、まだまだ未整理の部分があって、保管庫にある膨大な数の図面のなかから展覧会に沿ったものをひっぱり出してもらいました。今回大変だったのは聞き取り調査ですね。もちろん坂倉準三が生きていれば本人から話を聞けばいいのですが、当時作品を担当したOBをはじめ、関係者、クライアントに話を聞いてまわって......

出演者プロフィール

大村理恵子
1969年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。人間関係学科人間科学専攻。ワタリウム美術館などを経て、現在、パナソニック電工汐留ミュージアム学芸員。

天内大樹
1980年東京生まれ。2008年東京大学大学院(美学芸術学)博士課程単位取得満期退学。現在日本学術振興会特別研究員(PD、大阪大学)、國學院大学兼任講師。共訳書にエイドリアン・フォーティー『言葉と建築──語彙体系としてのモダニズム』(鹿島出版会2006)、共著書に柳沢田実編『ディスポジション:配置としての世界』(現代企画室2008)。分離派建築会についての論文を準備中。
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕